数量:1
真夏のオリオン [Blu-ray] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【中古品】外箱に細かい傷等ありますが、BDの再生に問題はありません。Amazon専売商品のためご注文いただいた後でのキャンセルは致しません。安心してご注文ください。365日24時間体制でご注文後迅速に厳重に防水梱包しAmazon配送センターより指定のご住所に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

真夏のオリオン [Blu-ray]

5つ星のうち 3.0 14件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,140
価格: ¥ 5,680 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,460 (20%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 5,680より 中古品の出品:15¥ 1,800より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 【今年の初ブルーレイ化作品】 - 「初ブルーレイ化タイトル2枚で3,090円」などのお得なセール情報や、新作初ブルーレイ商品情報など

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 真夏のオリオン [Blu-ray]
  • +
  • 硫黄島からの手紙 [Blu-ray]
  • +
  • 永遠の0 Blu-ray通常版
総額: ¥10,026
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 玉木宏, 北川景子, 堂珍嘉邦, 平岡祐太, 吉田栄作
  • 監督: 篠原哲雄
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: VAP,INC(VAP)(D)
  • 発売日 2010/03/21
  • 時間: 179 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 14件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002TJBBN0
  • EAN: 4988021710824
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 13,492位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

第二次世界大戦・終戦前夜―太平洋、巨大戦力を誇るアメリカ駆逐艦に日本最後の希望「イ-77潜水艦」が挑む!!
生きる希望を描いたエンタテインメント超大作!

日本映画の枠を超えたリアル&迫力の映像世界がブルーレイに結実!!
ハイ・クオリティーな本編映像と、映画に秘められた真実を様々な角度から検証する、充実の特典も満載!!

☆日本人の手によって書かれた一枚の楽譜『真夏のオリオン』が、64年のときを経て今、あの夏の全てを語り始めた…
☆「亡国のイージス」「ローレライ」の福井晴敏が放つエンタテインメント超大作!
☆玉木宏、北川景子ら、豪華キャストが出演!
☆ヒット・メーカーが集結したスタッフ陣!
☆日本映画屈指のリアルで迫力ある戦闘シーン
☆2009年6月13日に全国東宝系に全国てロードショー公開

<キャスト・スタッフ>
玉木 宏 北川景子 堂珍嘉邦 平岡祐太
黄川田将也 太賀 松尾光次 古泰むつとし 奥村知史 戸谷公人 三浦 悠 山田幸伸 伊藤ふみお 鈴木拓(ドランクドラゴン)
吉田栄作 鈴木瑞穂・吹越 満・益岡 徹

監修・脚色:福井晴敏
原作:「雷撃深度一九・五」池上司・著(文春文庫刊)
映画化原作:「真夏のオリオン」福井晴敏・監修 飯田健三郎・著(小学館文庫刊)
監督:篠原哲雄
脚本:長谷川康夫 飯田健三郎 NYユニット監督:岡田俊二
音楽:岩代太郎(サントラ盤・バップ)
主題歌:「願い星~I wish upon a star~」いつか(エイベックス・イオ)
製作:テレビ朝日 東宝 博報堂DYメディアパートナーズ バップ 小学館 木下工務店 デスティニー 日本出版販売 朝日放送 メ~テレ 朝日新聞社
製作プロダクション:ディスティニー+クロスメディア
配給:東宝

【仕様】
2枚組(本編ブルーレイ+特典DVD)
本編119分/COLOR/BD50G/MPEG-4 AVC/Dolby True HD 2ch Dolby True HD 5.1ch/16:9 シネスコサイズ<1080p High-Definition>/日本語字幕

【特典DVD】約60分(予定) ※DVDの特典ディスクと同内容
■『今、よみがえる戦争の記憶~映画「真夏のオリオン」に秘められた真実の物語』
■真夏のオリオン 徹底ガイド 日本よ浮上せよ!
■劇場用予告編集、テレビスポット集

【封入特典】 ※DVDの封入特典と同内容
■小冊子「真夏のオリオン~もう一つの真実」
○栗林中将だけではない名指揮官 米英を畏怖させた「三人の艦長」池上 司 (文藝春秋 2009年8月号 掲載)

(C)2009「真夏のオリオン」パートナーズ

※仕様及び収録内容は変更になる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

第二次大戦末期、日本の最後の砦となった潜水艦を指揮する若き艦長と部下たちの生き様を、玉木宏主演で描いた戦争ドラマ。劣勢に立たされた日本海軍は米軍の燃料補給路を断つべく、“海中の天才”倉本艦長に運命を託す。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

 玉木宏のせりふ回しがよい。他作品では聞き取りにくい時もあるが、ここでは全くない。その理由は、艦長のイメージを掴もうとして玉木が知ったことにある。「声を張って、大きく、早口で」ではなく、「大事な命令であればあるほど、抑えてゆっくりと」「ゆっくり、ちゃんと自分の中で消化してから言葉にする」方が人には伝わる、ということ。命令をせりふに置き換えても同じだ。「上げ舵、20、急げ」は場面にふさわしかった。
 後は、よく言われる「玉木の語尾の息漏れ」の問題。例えば「敵、駆逐艦、艦尾方向(フッ)、深さ50。急げ(フッ)」の(フッ)は、なかった方が艦長にふさわしいと思う。息が漏れてイイ時、漏れた方がイイ時、そして、漏れない方が好い時を演じ分けたら、凄い役者になる。漏らさない時は口を閉じればよいだけの事だ。

 半藤一利著「昭和史」を読んでいるときに届いた。それで「帰り道を見失わないように」という一句がやけに胸に残る。始めた戦争をどう終わらせるか、侵攻地点からどう帰るかを考えることなく戦争を始めてはいけなかった。本から窺える、中枢部が観念論を振り回す様と、この映画が描く、潜水艦内という小さな現場の冷静さ。“昭和の歴史は多くの教訓を私たちに与えているが、しっかりと見なければ見えない”と半藤は言う。確かに、私たちはまだ昭和をきちんと学び終わっていない。
 
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
戦争を体験していないで戦争映画を評価するのはおこがましい。

悲惨さを描けば納得するのも変だ。
激しい戦闘を描かなければ戦争映画ではないのか?
当時は全国民が戦争に巻き込まれていた。
一人ひとりに物語がある。
どんなに本を読んで調べても知りうることは一人の体験者を風がかすめた程度でしょう。

この作品はこれまで描かれたことのない実在した艦長がモデルになっています。
生きるために戦った戦士。どのように戦ったのか、どうしても観て見たかった。

それともう一つ。
出演する女優がたった一人ということ。
戦場で愛する人を想い必死に戦う兵士たち。その心情を
家族や恋人との絆を、たった一人でどう表現するのか?

戦場が海で、潜水艦乗りなので殆んど海中での頭脳戦です。
何しろ日本軍には残された武器もわずか。
無駄にせぬよう戦う勇士たち。

艦長が恋人を回想するシーンが艦長の人物像を浮き立たせる。
恋人がスクリーンに映る時間はわずかながら、鮮明に残るその存在感は
一人でも充分に際立っている。天晴れ!です。

このような上官が実在したことが何より救いでした。
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Soup #1殿堂トップ100レビュアー 投稿日 2011/5/4
終戦までの数日間。南太平洋で米巡洋艦と死闘を繰り広げる1隻の潜水艦の話。

戦争映画には大きく分けて2通りがあると思います。「プライベートライアン」「Uボート」や「ザ・パシフィック」(TV版ですが)のようにリアリティを追求した作品と「荒鷲の要塞」「戦略大作戦」「U571」「イングロリアス・バスターズ」のように娯楽に徹した作品です。
前者はリアリティで観客を堪能させ、後者は娯楽性で観客を魅了します。

本作は後者の方です。
ストーリーは事実ではありませんし、兵器の設定もファンタジーに近く、リアリティはまったくありません。
よって前者タイプの戦争映画が好きな方が観るとかなりガッカリすることでしょう。

私としては両方共に好きなので、かなり楽しめましたし、レンタルしてからソフトを買った口です。
「潜水艦内の酸素はあと1時間しかもちません…」「よしでは飯を食べよう!」
という場面が好きです。

本作ではどんな局面に際しても諦めない男達が描かれています。
敵も味方も必死に戦って、どうしようもなくなっても…これからが始まり。
このテーマが好きです。定期的に何度も観ていますが何度観ても、心ある映画は良いものです。

因みに映画は
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
リアリティを求めている人には納得がいかない部分があると思うけど、
娯楽映画としてはまあまあ良かったと思います。

なので、リアル志向の方には評価が低い傾向にあり、
娯楽志向の方には評価が高い傾向にあると思います。
(自分は娯楽志向です)

キャストも割と良かったかな。
家族でも楽しめると思いますよ。

ちなみに、ローレライも観てますが、
あれより数段良かったです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック