通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
真・中華一番!(2) (講談社漫画文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

真・中華一番!(2) (講談社漫画文庫) 文庫 – 2003/12/12

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 真・中華一番!(2) (講談社漫画文庫)
  • +
  • 真・中華一番!(1) (講談社漫画文庫)
  • +
  • 真・中華一番!(4) (講談社漫画文庫)
総額: ¥2,010
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社/著者からの内容紹介

『陽泉酒家』で天才刀工といわれていたレオンは4年前、修行に出た。しかし歳月は彼を裏料理界の「七星刀」の使い手に変えていた。伝説の厨具を狙って戻ってきたレオンにマオは……。

マオが修業の旅から『陽泉酒家』に戻ると、かつて天才料理人と言われていたレオンも帰ってきた。しかし彼は4年の修業の間に裏料理界へ身を投じていた。当時からルオウ大師も認めるほどの実力派刀工だったレオンは、自分こそが伝説の厨具を持つのに相応しき者だと宣言し、マオに「神前刀工勝負」を挑んできた――。

著者について

小川 悦司
1969年、新潟県生まれ。「週刊少年マガジン」にて『中華一番!』で連載デビュー。その後、『真・中華一番!』を連載。(1997-1999)、2001年 週刊少年マガジン第9号より『ジパング宝王伝』を連載。マガジンSPECIALにて『フードハンター双雷伝』を読み切り掲載後、連載。2004年マガジンSPECIAL NO.6より2005年NO.6まで『フードハンター双雷伝“青春編”幕末双雷伝』を連載。コミックス:『幕末双雷伝』全3巻、『フードハンター双雷伝』全5巻、『ジパング宝王伝』全2巻、『真・中華一番!』全12巻、『中華一番!』全5巻。受賞歴:2007年第31回講談社漫画賞・児童部門を『天使のフライパン』で受賞。


登録情報

  • 文庫: 296ページ
  • 出版社: 講談社 (2003/12/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063606783
  • ISBN-13: 978-4063606782
  • 発売日: 2003/12/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 498,763位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
中華一番は小川 悦司の代表作とも言われています。

代表作なりにおもしろさはあると思います。

絵にも力が入っています。やはり、ストーリー性がすばらしいの一言です。

是非一読なさってみてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック