中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 【ほぼ新品】美品 [きれいな状態です。] ※通常、通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

県庁の星 単行本 – 2005/9

5つ星のうち 3.4 85件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 3
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

前代未聞! 抱腹絶倒の娯楽公務員小説。
野村聡。31歳。Y県職員一種試験に合格。入庁9年目。Y県県庁産業局産業振興課主任。Y県初の民間人事交流研修対象者6名の一人に選ばれた期待のホープだ。一年間の研修を無事にこなして戻れば、念願の係長への階段を同期に先んじて確実に登ることができる。ところが、鼻高々で望んだ辞令交付式で命じられた赴任先は…スーパー? しかも…H町の? えらくマイナーな感じがした。だがそのイヤな予感は現実のものとなる。 もらった予算は使いきるもの! 人を  “使役”してこその“役人”だ!——大勘違い野郎の「県庁さん」がド田舎のスーパーで浮きまくり。生まれて初めてバカと呼ばれた県庁さん、はたしてこのまま「民間」でやっていけるのか?

内容(「BOOK」データベースより)

間違いは認めるな!?予算は使い切れ!?役人根性全開の県庁のエリートが、田舎のスーパーにやって来た。手に汗握る、役人エンターテインメント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: 小学館 (2005/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093861501
  • ISBN-13: 978-4093861502
  • 発売日: 2005/09
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 85件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 568,327位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
官と民の意識格差をベースにしたエンターテインメント小説。

発売とほぼ同時に織田裕二主演での映画化も発表された。

舞台がスーパーというだけで、伊丹十三の映画「スーパーの女」を思い出してしまう上に映画化、となると、どうしても伊丹作品を頭に描いてしまう。

文章の一人称が野村になったり、泰子になったり、ブレているのがまず不満。

「スーパーの女」という前例があることを考えると、もっとドラスティックなどんでん返しが欲しかったかも。

好感はもてるのに、細かい瑕疵が目立つのは、やはり舞台設定のせいかなあ。

ちょっと似た設定の小説に萩原浩の「メリーゴーランド」があって、こちらも落ちぶれた遊園地を立て直すために公務員が出向する話なんだけど、あっちのほうがよく出来てるよなあ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 小菊 投稿日 2006/1/12
形式: 単行本
基本的に映画化されるものは、原作をまず読んでから映画を見て

「やっぱり本のほうが良かったな」と思うタイプです。

が、この作品は意外にも映画のほうが面白いのではないかと思いました。

会話がたくさん出てきて、その繋がりで物語が進行していきます。

行間で読み取らせるような部分は全く無かったように思います。

なんだか、脚本を読んでいるようでした。深く考えてページをめくる

手を止めたり、なんてことはありませんでした。

そこが、一気に読ませてしまうポイントなのかもしれません。

普段、読書はあまり好きじゃない方にとっては読みやすいと思います。

ただ、読書が好きなかたには、あの「読んだぞ」という満足感や

手ごたえのようなものはないのではないかと・・・。

お話し自体は面白いし、考えさせられる登場人物のひと言などが

あって、読んでる間中楽しめます。みんなが一丸となってひとつの

目標に取り組む物語の「爽やかな後味」もあります。

が、物語のポイントをたくさん盛り込みすぎて、結局全部薄く
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
軽く読む事は出来る本です。内容は、県庁から研修出向の公務員が研修先の地方スーパーの怠惰ぶりに戸惑い浮きまくる。そこから徐々に・・・とだいたい想像がつく物です。私は作者の事もわからず、タイトルを観て即買いしました。自分がタイトルから感じた内容と実際の違いが有り全く面白くはなかった。もっともっと、周りに対して自分に対しての葛藤。そして少しずつ同士が増え、盛り上がっていく術がかかれていてもよかったと思う。織田裕二主演でこの本が映画化されますが、脚本にその辺りを付け加えてもらえていれば、楽しめる物になるかもしれません。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/10/5
形式: 単行本
県庁の自称エリートが、民間企業研修の一環で某スーパーに行く...。
この出だしこそひきつけられますが、結局は何が言いたかったのか伝わりません。
文章技術の未熟さも目立ちます。
登場人物の名前を上の名前で呼んだり下の名前で呼んだり、
あるいは、読み進めないと名前が出てこないため、誰と誰の会話文なのか不明だったり...。
キャラ設定も未熟な部分が多く、
もっと地方公務員としての主人公を生かして欲しかった作品です。
「設定は面白いのに...」という批評は的確だと思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
県庁を舞台とした話ではない。ほとんどがスーパーマーケットである。マニュアルと前例にだけ従い、自分の保身の事しか考えない役人の野村。気が強くて人に厳しく、現実的思考の持ち主である二宮。この2人を中心に話は進んでいく。内容に沿ったタイトルだと、さしずめ「県庁の男とスーパーの女」というところだろう。

野村は店で浮きまくった存在であり、他の店員から煙たがれたりバカにされる。そんな野村にイライラする二宮だったが、やがて店を良くする為にどうしたらいいか考えるようになる。その後は予定調和というか、想像がつくような展開。ただそうとわかっていてもスカッとするし、面白い事は面白い。気軽に読む分には楽しめる作品だ。

しかし、この作品には色々と気になる点もある。まず文の主語がちょくちょく抜けていて、誰が行動しているのかわかりにくい。少し読み進めて、初めて「ああ、この人か」とわかる。その割に登場人物が多すぎる気がする。それぞれ特色をつけようとはしているが、キャラクターを話に生かしきれていない。エピソードが不足していて、「あいつは結局何だったんだ?」と感じられる人物も見られる。野村と二宮の人物像はいいと思うが、それぞれの私生活の部分が果たして必要だったのかは疑問。「仕事でうまくいかない人は私生活もうまくいかない」と、作者は言いたいのだろうか?特に野村の恋愛については
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー