通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
県庁おもてなし課 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

県庁おもてなし課 単行本 – 2011/3/29

5つ星のうち 3.8 119件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 761 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 県庁おもてなし課
  • +
  • ラブコメ今昔
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 97pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

とある県庁に生まれた新部署「おもてなし課」。若手職員・掛水は、地方振興企画の手始めに、人気作家に観光特使を依頼するが、しかし……!? お役所仕事と民間感覚の狭間で揺れる掛水の奮闘が始まった!?

内容(「BOOK」データベースより)

地方には、光がある―物語が元気にする、町、人、恋。とある県庁に突如生まれた新部署“おもてなし課”。観光立県を目指すべく、若手職員の掛水は、振興企画の一環として、地元出身の人気作家に観光特使就任を打診するが…。「バカか、あんたらは」。いきなり浴びせかけられる言葉に掛水は思い悩む―いったい何がダメなんだ!?掛水とおもてなし課の、地方活性化にかける苦しくも輝かしい日々が始まった。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 461ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011/3/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048741829
  • ISBN-13: 978-4048741828
  • 発売日: 2011/3/29
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 119件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 196,343位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
高知県のおもてなし課が、お役所仕事・感覚から脱却して、ふるさと・田舎をどうアピールするかを、恋愛話を含めながら進んでいく。恋愛話は、いつもながらの、”じれったいキュンキュン”(笑)

単行本の印税はすべて東日本大震災被災地へ寄付されるとのこと。文庫本はどうなんだろう。知ってれば、単行本買ったのに、と言うのは、後書きを読んでから知り、後悔。

全国知名度ランキング下から2番目を維持している我が群馬県民も読んで、県民一丸となって、”おもてなし県民”目指したい!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
有川さんの作品はこれまでハズレがなかったのですが、これはさすがに無理でした。
人間関係も恋愛も中途半端すぎます。何を描きたかったのかさっぱりわかりません。主人公もそうですが、出てきた特徴のあるキャラも好きになれず、盛り上がりもないので最後まで読むのがつらかったです。
恋愛を描くなら「図書館戦争」のように思い切ってラブコメ感を出したほうがよかったですね。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読了:2017年011冊(1月11冊)★3.5
『県庁おもてなし課 (角川文庫)』 、2013/4/5、有川 浩 (著)

有川さんは“鈍い人”を描くのが上手い(本書では掛水である)。その鈍さゆえに他人の考えや思いやりが届かない。その鈍さを克服していく過程に様々な気付きがあり、成長がある。それと同時に読者(私も含めて)今までの考えや行動を悔いたり、これからの行動の指針となったりする。これが有川さんのいいところである。『フリーター、家を買う』でもそういう描写が一番気に入っていた。本作では、その鈍さを克服して、はては全国にも“おもてなしマインド”を普及させようとなる。

今回は『植物時間』のような甘ったるい恋愛はなく、さらりとした恋愛は書かれているが、メインでないことはありがたい。

また、巻末の鼎談には急に奈良県のPRに関するディスが載っていて驚いた。苦笑  現在、奈良県はCMで今室生寺をメインにPRをしているが、、、効果のほどはいかほどだろうか。奈良の観光は京都に比べてアクセスが悪い、環境が整っていない、宿泊施設が少ない、見どころが少ない、、、色々と京都と比べると見劣りしてしまうが、他県から見るとどうなのか、県民には見えない意外な魅力があるのかなぁ…。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2011/11/12
形式: 文庫
県の観光振興をはかる試行錯誤にラブロマを絡めた小説。新聞の連載小説を本にしたもの。よく売れているそうだ。表紙の絵もなかなかいい。

舞台は高知県。県庁おもてなし課。主人公の掛水。おもてなし課にスカウトされた多紀。小説家の吉門。そして、過去にパンダ招致論で物議を醸し出して県庁を去った清遠。民宿を営む。そして、その娘の佐和。

それほど驚きは無い展開ながら、高知県の名所案内をしながら読ませる。フィクションだが、ちょっとずつ実際の人物を参考にしているところがあるようだ。子供のころに著者が父親に県内をいろいろ連れまわされた思い出も生きているという。驚いたが、おもてなし課も本当にあるそうだ。

アイディアは良いし、ストーリーも明快。
ただ、ラブロマとしてはこの終わり方でいいけれど、
行政と観光による地方振興をテーマにした小説としては、終盤にもうひと工夫あってもよかった気がする。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
観光スポットを有機的につなげて県がプロデュースという視点は考えたことなかったので、
このアイデア実現までの奮闘や過程は、新鮮で単純におもしろかった。

個人的には、この題材にラブコメはあまりいらない、と思ってしまうのは、
この作者に対して身も蓋もないかな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
二日酔いで徹夜あけの早朝に読んだからか、
物語の爽やかさに眩しくて目が開けれませんでした。

ただ、
ほぼ全員土佐弁で喋っているからでしょうか、”お役所”が舞台だから?
かっこ良くなりすぎていなくて、親しみがわくし、泥臭くってそこがいい。

前半はおもてなし課での出来事が中心にかかれており
何度も失敗するなか、それぞれに粘り強く働く姿、団結力、眩しいです。
第一歩目が一番盛り上がっていて、
そこからは、これといって何がある訳でもなく、淡々と物語が進み、
(またそこが、”お役所”っぽくてリアルなのですが)

後半は家族の縁やラブコメに話は盛り上がっていきます。

主人公達はもちろん、
切れ者でひょうひょうとしている助言者が、意地っ張りになってたり、
大胆で決断力のあるおじさま協力者の過去は、我が子に振り回されてたり。
全員もれなくギャップ萌え。

最後、ふわっと物語が終わります。
後味は悪くないです。

あぁ、かつお食べたいな。田舎帰ろう、と、ほんわか思う作品でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー