通常配送無料 詳細
残り5点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
盾の勇者の成り上がり 1 (MFブックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

盾の勇者の成り上がり 1 (MFブックス) ペーパーバック – 2013/8/20

5つ星のうち 3.0 29件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 300

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 盾の勇者の成り上がり 1 (MFブックス)
  • +
  • 盾の勇者の成り上がり 2 (MFブックス)
  • +
  • 盾の勇者の成り上がり 3  (MFブックス)
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 117pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

盾の勇者として異世界に召喚された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、勇者としての名声と金銭を一度に失ってしまった。……なぜ、俺だけがこんな目に遭うんだ!? 不信。疑念。猜疑心。世界中のすべてが敵だ! 他者を信じられなくなった尚文だったが、そんな彼の前に、一人の少女が現れて……!? 苦悩の果てに、彼が手にしたものは一体何なのか!? これは一人の男が、絶望の底から這い上がって行く軌跡を描いた成り上がりファンタジー!

内容(「BOOK」データベースより)

盾の勇者として異世界に召喚された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、勇者としての名声と金銭を一度に失ってしまった。…なぜ、俺だけがこんな目に遭うんだ!?不信。疑念。猜疑心。世界中のすべてが敵だ!他者を信じられなくなった尚文だったが、そんな彼の前に、一人の少女が現れて…!?苦悩の果てに、彼が手にしたものは一体何なのか!?これは、一人の男が絶望の底から這い上がって行く軌跡を描いた成り上がりファンタジー!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 334ページ
  • 出版社: KADOKAWA/メディアファクトリー (2013/8/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4040664906
  • ISBN-13: 978-4040664903
  • 発売日: 2013/8/20
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 158,907位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
当方13巻まで既読。

レビューは概ね好評が多く
アニメ化もされたという人気作品。
一ジャンルを築いた異世界召喚物の中では
主人公に押し寄せるトラブル、逆境がハードであり
それを克服していく様が斬新かつ異質。
中でもキャラクターの魅力が高く、
作中を重ねる中での成長と相まって
読んでて愛着が沸く。
また、ラフちゃんの愛くるしさや
「フィーロの名前はフィーロ!」のアホっぽさ等は
可愛すぎて読み手のハートに訴えるものがある。

しかし、その反面読んでてストレスも
尋常ではないのが本作の特徴だ。

登場キャラクターの容姿はほぼ全員が超絶な美形か
もしくは美形、美少女、美幼女と称されていたり、

大きな山程のサイズがある亀の進軍を
主人公が足に取り付いて止めたり等の
微妙な冷めポイントはまだ許容範囲。

最大の問題は作者の文章表現能力にある。

例えば以下の文。
戦闘後に突如フィールドの様なものが発生し、
全員が違和感を感じたという箇所。
(フォウルとアトラは兄妹)
アトラという妹に
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
絶望からの成り上がりという熱いシナリオだけど、すべてをダメにする描写不足な地の文で読むには人を選ぶ。

web版に比べておもしろくない文章稼ぎなサブイベントが多かったり、ザコ敵とのいざこざが冗長だったりするので、基本的にはwebのほうを読めばいいとおもう。実際私はweb版を読破したことがあって、今回シナリオが違うという噂をきいて書籍のほうに手をつけたわけだけど、2巻途中で挫折した。

イラストにこだわらないならweb版のデメリットは他にない。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
現代社会では平凡以下の青年が、異世界に召喚されて勇者となる
という、ありきたりな設定からスタートする本作
発表時期としては、主人公が転生先で不当な扱いを受けて、後に復権するという展開の走りのような作品です
序盤の内容は個人的に好きですし、主人公の行動にも拒否感はあまり湧きません
それなりに楽しく読めると思います

ですが、序盤を終えて主人公が世界に関わりを持ち始めるあたりから、疑問点がちらほらと出てきます
この主人公そのものは決して有能ではなく、人格的に優れているわけでもなく、特殊な技能知識をもともと持っているわけでもありません
そんな人物を作中で持ち上げなければいけないために、周辺人物が相対的に馬鹿に書かれていたり、都合のよい話はこびが多くなりがちなのが最初のマイナス点
加えて主人公側は有能かつ強力な人物が数多く揃うという、いわゆるバランス感覚の無さが目立ち始めます
まあ、このような優遇設定はラノベの必要要素と見れば許容も出来る範囲かもしれまんが、私はあまり好みに感じませんでした
敵、または反主人公勢に魅力的な人物がいれば良かったのですが、そうでもなかったので
(ちなみにweb版では、無理やりバランスを取るために敵方にさらにチート同様の強力な戦力を配してしまい、
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
序盤のストーリーは面白いと感じたのですが、他の人が書いているように文章の酷さが目立ちます。

同じ表現が多くページ最後の行が全く同じで 乱丁なのかと思ってしまったぐらいは序の口で
前の巻と似た様な場面での状況描写が1句も違わず使い回されていた上に、その後の仲間への台詞まで同じというシーンまでありました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
友人から頂いた12巻まで読みました。
前評判とかWEB小説は知りませんので評価対象には入れていません。

読んだ感想としては、主人公の一人称だからか説明が非常に多く、それでいて1ページ前の思考が次のページでは破たんしていることが多く要点が掴めないという・・・
重要な会話も途中で切り上げるためなんとも不思議なやり取りが多いので細部まで世界観がわかりません。

各物語の終わりに一気に伏線を回収していくのですが、それでも説明不足感は否めずその説明だとこれはどうなんだよ・・・と突っ込みを入れることもしばしばありました。
また、登場人物全員が話を聞かず、自分の都合のみで喋り、主人公が追及すると皆黙るという流れのやり取りが非常に多いのでストレスが溜まりますね。

1回目の波以外では他の勇者がすでに荷物扱いで、主人公だけが勇者扱いされるとか展開は早すぎだろ・・・
この巻き返しはもっと後半でやるべきだった。
なんというか他の勇者を超えたという達成感があまりにもなく、他の国まで足を運んでいたお前らがなんでこんなに弱いんだよ。おかしいだろ!!と。

ゲームのシステムを取り入れたならもう少しシステム解明はしてほしかった。
仲間のパラメーターが倍になった!と一文があっ
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック