この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

相続対策、空室問題「定期借地」がすべて解決します (QP books) 単行本(ソフトカバー) – 2016/10/17

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/10/17
¥ 3,240 ¥ 2,082
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

「空き家対策」が叫ばれている中、あまり一般に知れわたっていない「2022年問題」。首都圏の農家は、平成3年に「生産緑地法」という法律によって農地の宅地化という政策の下に、農地として継続する場合は、固定資産税の優遇、相続税の納税猶予が認められた。2022年にはその優遇・猶予制度がなくなり、宅地化を選択することで売却や土地活用が自由になる反面、固定資産税が宅地化並みに課税されることになる。そこで、長年土地の有効活用法として「定期借地権」を推進してきたが実例をふまえてその解決方法をわかりやくすく解説する。

著者について

岩宗 繁樹(いわむね しげき)

1954年 宮崎県生まれ
1982年 積水ハウス株式会社入社
2012年 積水ハウス株式会社を退職
2012年 株式会社ライフステージらしく設立
2013年 一般財団法人不動産流通支援機構 相続土地活用研究会代表就任
2014年 埼玉県定期借地借家権推進機構 事務局長就任
2014年 全国定期借地借家権推進機構連合会 調査研究担当理事就任
著書 『誰もが知りたい120%facebook活用成功事例』『持ち家か賃貸か? 妻の言い分、夫の言い分』
主な資格 不動産コンサルティングマスター、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、定借上級アドバイザー、FP技能士2級

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 週刊住宅新聞社 (2016/10/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4784866116
  • ISBN-13: 978-4784866113
  • 発売日: 2016/10/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 204,990位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2016年10月22日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年11月1日