相棒 Season8 DVD-BOX1 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 9,963
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 11,000
通常配送無料 詳細
発売元: DARS Media shop
カートに入れる
¥ 11,848
通常配送無料 詳細
発売元: kitasaba
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

相棒 Season8 DVD-BOX1

5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 14,900
価格: ¥ 9,961 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 4,939 (33%)
残り4点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、DVD-OUTLETが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換が利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 相棒 Season8 DVD-BOX1
  • +
  • 相棒 Season8 DVD-BOX2
  • +
  • 相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)
総額: ¥31,566
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 水谷豊, 及川光博, 益戸育江, 岸部一徳
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 5
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2010/10/20
  • 時間: 482 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002M3UEOU
  • JAN: 4988135778680
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 37,110位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

杉下右京と神戸尊の “相棒” 始動!!

大人気刑事ドラマシリーズ、10周年を迎えた第8章がいよいよDVDリリース!!

相棒 Season8

【収録エピソード】

第1話 カナリアの娘〈2時間スペシャル〉
第2話 さよなら、バードランド
第3話 ミス・グリーンの秘密
第4話 錯覚の殺人
第5話 背信の徒花
第6話 フェンスの町で
第7話 鶏と牛刀
第8話 消えた乗客
第9話 仮釈放

【映像特典】

記者会見映像収録(約15分)



内容(「キネマ旬報社」データベースより)

警視庁特命係の杉下右京と神戸尊が活躍する刑事ドラマシリーズ第8章のBOX第1弾。右京がロンドンから帰国。空港まで迎えに来た尊の車で送ってもらうが、その途中右京は1台の車を止めて職務質問している白バイを不審に思い…。第1話から第9話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 土曜ワイドの頃から欠かさず見てきたドラマだが、相棒役が交代しての初シリーズ。期待と不安の交錯する中見てきたが、結論からいうとやはり今ひとつ。限りなく★3つに近い4というところかな。

 こう書くと「お前も単にアンチ・ミッチーなだけだろう!」みたいに思われるかもしれないが、個人的にはミッチーは良かった。確かにこの作品は、ゲスト含めて一般的な知名度こそないものの、ジャニーズ(笑)なんかが入り込む余地もないほどに芸達者ばかりが集うから、その意味では周りに引っ張られた部分もあったんだろうけど、キャラ設定含めて悪くはなかった。いや、むしろこの交代は好意的に見れたよね。

 では何がダメかというと、やはり脚本。こうやって改めて各話のタイトルを眺めているが、やはり印象が薄くないですか?。あまり脚本家なんて普通意識しないんだが、複数のライターさんの力量の差が感じられちゃうんだよねぇ。そう、もともとのメインライターである輿水(1)、桜井(7)両氏の作品と、その他の作品って感じなんだよね。例えば、せっかく近藤芳正、松田洋治なんて、一癖もふた癖もある役者を使いながら、驚くほど平板な出来の(4)(8)とか、でんでんの演技や佇まいに救われた(5)とか、なんというか「相棒」の世界観の“上澄み”をサラッとなぞっただけの薄っぺらさが気になるんですよね。そんな中、ミッチー神
...続きを読む ›
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 レブロン トップ500レビュアー 投稿日 2013/12/26
亀山薫が卒業して、神戸尊が本格的に相棒に。薫の存在感が大きかっただけに若干心配だったが、及川光博は亀山とは違うキャラクターを好演していたと思う。ただし、PART1ではそのキャラクターを存分に活かすところまではいかなかったという感じもする。まだ試験運転という感じか。さらに亀山薫には美和子がいて、このカップルがいなければ「花の里」のシーンも生きてこない。たまきの出番まで少なくなってしまった。しかし、今後には期待できると思う。

エピソードでは基地問題を取り扱った「フェンスの町」が社会派的な側面が感じられて印象に残る。そして、個人的には草笛光子が熱演した「ミス・グリーンの秘密」が良かった。やっぱりベテランの実力のある俳優が「相棒」の世界に溶け込むと、ストーリーもグレード・アップしていた。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
正直全部が傑作という訳ではありませんねえ、、、、と思っていました。でもSeason8は大河ドラマだったんですねえ。最終回は本当に痺れました。
ミッチー=新相棒には賛否両論だったと思いますが、薫ちゃんとは全く違った新相棒像を描き出した、いえスタッフ&キャストで見事に説得力十分に作り上げたシーズンでしたねえ。
最終回のラストには涙が出ました。あらかたの(私を含む)古くからの「相棒ファン」を敢えて敵に回して、新相棒創造にチャレンジした番組関係者には心より敬意を表します。
勿論オススメです。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 そら VINE メンバー 投稿日 2010/7/29
プレシーズンから見ています。

どうしても、シーズンを積み重ねるごとにマンネリ化してしまうものですが、
その辺りを防止するため、薫ちゃん卒業やら、新しい脚本家をシーズンごとに採用するなど、
いろいろ努力はしているのだなとは感じます。

他の方も言っているように、このシーズン8は今までになく、脚本家の実力の差が激しくわかるシーズンであったと思います。
輿水さん、櫻井さんは、長年「相棒」脚本を書いてきたこともあり、
各キャラクターを理解している上、安定感の中に意外性があって、やはり面白い。
ルーキーとしていい本を書いているなと思うのは、ミステリー作家のハセベバクシンオーさん、そして太田愛さん。

太田さん脚本は、静かな展開のものが多いのですが、個人的に外れがないなと思いました。
何とも言えない遺族の悲しみと、時効が絡んだ誘拐事件や、悪戯が度を超えて起こった事件に、
「このままで良いのか?」という問いかけを残し、相棒らしさを表現していると感じました。
新しく加わった神戸尊を、上手く生かし切った作品でもあると思います。

特典では、シーズン8のメイキングがつくとのこと。

前回のシーズン7のBOX二つと「米沢守の
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す