相棒シリーズ X DAY [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 注)レンタル専用商品でディスクは1枚です。メーカーの承諾を得て販売している正規品です。★ケース交換、クリーニング済み。ジャケット、ディスクに若干のスレがありますが全体的に良好な状態です★レンタル用ラベルなど商品を傷つける恐れがある場合には剥がさずにそのままの形での郵送となります。(ディスクとケースのみの出品で特典等は付属していないのでご了承下さい)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,375
4pt
通常配送無料 詳細
発売元: RKオンラインストア
カートに入れる
¥ 3,375
4pt
通常配送無料 詳細
発売元: earth.マーケット【安心の返金保証/365日毎日スピード配送/年中無休で営業しております】
カートに入れる
¥ 3,632
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

相棒シリーズ X DAY [DVD]

5つ星のうち 4.5 31件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,375 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,701 (34%)
ポイント: 4pt  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、アスチュート電気が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 相棒シリーズ X DAY [DVD]
  • +
  • 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [DVD]
  • +
  • 相棒 -劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜 (数量限定スペシャル・プライス版) [DVD]
総額: ¥7,614
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 田中圭, 川原和久, 国仲涼子, 別所哲也, 田口トモロヲ
  • 監督: 橋本一
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2013/11/02
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 31件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00DU1PO4I
  • JAN: 4907953043626
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 31,037位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

シリーズを通して高い人気を誇る伊丹刑事(川原和久)と、新キャラクターのサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬(田中圭)の異色の相棒が事件に挑む!杉下右京(水谷豊)ら、お馴染みのキャラクターも総登場。監督は『探偵はBARにいる』の橋本一監督。

人気刑事ドラマ「相棒」シリーズ最新作!シリーズを通して高い人気を誇る警視庁捜査一課刑事・伊丹憲一(川原和久)と、新キャラクターのサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬(田中圭)がコンビを組み、日本社会を根底から揺るがすような大事件と権力に立ち向かう姿を描く。もちろん杉下右京(水谷豊)ら、神戸尊(及川光博)、片山雛子(木村佳乃)、金子警察庁長官(宇津井健)をはじめ、「相棒」シリーズお馴染みのキャラクターも総登場。
現実にも想定されうる“社会派サスペンス"をテーマに、“刑事の人間ドラマ"の魅力、そして橋本一監督(『探偵はBARにいる』シリーズ)ならではのならではの“アクション&エンターテイメント"の要素が交じり合った、「相棒」だけが実現しうる最強のエンターテイメント作品!

【ストーリー】
"謎のデータ"がネット上にバラ撒かれ、削除された…。
その数日後、燃え残った一万円札の束と男の死体が発見された現場で、警視庁捜査一課・伊丹憲一(川原和久)と警視庁サイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬(田中圭)は出会った。死体は東京明和銀行本店の銀行員。ネットに不正アクセスし、機密情報を流していた疑いで、サイバー犯罪対策課にマークされていた男だった。
殺人事件として真相究明に猛進する伊丹。不正アクセス容疑として冷静に対処する岩月。同じ事件を追いかけながら目的も手段も異なる2人は、いがみ合いながらも捜査を進めていく。一方、機密情報の波紋は、日本政財界の中枢部にも大きな衝動を与えていた。暗躍する総理補佐官・片山雛子(木村佳乃)、政府と警察庁のパイプ役として動く長官官房長付き・神戸尊(及川光博)、そして真相究明に力を貸す警視庁特命係・杉下右京(水谷豊)。その裏にうごめくのは、政官財の巨大な権力構造と、日本社会全体を揺るがす金融封鎖計画=X DAYの存在だった。

【キャスト】田中圭、川原和久、国仲涼子、別所哲也、田口トモロヲ、宇津井健、木村佳乃、水谷豊、及川光博

【スタッフ】監督:橋本一、脚本:櫻井武晴、音楽:池 頼広

【初回生産特典】(予定)・アウターケース・豪華ブックレット

【映像特典 <特典ディスク 約110分> 】・メイキング・キャストインタビュー(川原和久/田中圭)・イベント映像(3/5完成披露舞台挨拶、3/23初日舞台挨拶、4/4大ヒット凱旋舞台挨拶)・予告編集(劇場予告/スポット類)
※全て予定※

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「探偵はBARにいる」シリーズの橋本一監督が贈る人気刑事ドラマ「相棒」の劇場版第4弾。不正アクセスでマークされていた銀行員の男が死体で発見される。警視庁捜査一課の伊丹とサイバー犯罪対策課の岩月は、反発し合いながらも捜査を進めていくが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
☆商品価格がようやく落ち着いてきましたのでついに購入。エキストラ出演している我が家の愛車がはっきりくっきりと映るのでBlu-rayなのは嬉しいですね~♪ 舞台挨拶もしっかり参加しましたので思い出深い作品です。もしかすると本編作品よりもスケールの大きい大作と思います。是非ご覧あれ~☆
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
このスピンアウト「X DAY」は、映画館で鑑賞し、更にDVDを購入し2度見ましたが、未だにどういうストーリーなのかちゃんと理解できません・・・
現実に世の中で起きている凶悪な犯罪形態だと思いますが、アナログ人間の私には付いてゆけませんね。今夜またトライしてみます(呑みながら見ているのがいけないのかな?)。
ただ、イタミンと岩月捜査官の、体を張った ”まさかのアクションシーン”と、小田切捜査官の切れ者ぶりと美しさは、鮮明に記憶しました(笑)。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
伊丹刑事 の スピンアウト作品。
システムを開発している 中山の死体がみつかった。
そばには 1万円札が 一束 燃えてすこし残っていた。
自殺ではなく 他殺の可能性があると捜査1課が動き出した。
サイバー犯罪対策課の 田中圭は なぞのデータが流出していることをみつけ、
それは 死んだ 中山が 不法アクセスしているようだった。
なぜ 中山が 殺されたのか?
それは なぞのデータに原因があると 伊丹刑事は勘から、
推定していた。伊丹刑事と 田中圭は そりが合わないが、
警察官として 正義とは何か を問いかける。
伊丹刑事のあつさが いいねぇ。
そのデータは 日本崩壊の Xデイを 作り出すものだった。
しかし,犯人は 結末としては そこにいくのか とあっけなさがあった。
伊丹刑事の 純真さが すべてを支えている。 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
相棒で一番好きなキャラである伊丹刑事見たさに購入しましたが、お話の内容は大の苦手な経済のお話でついていけるかなと思っていました。。
そして案の定、国債の空売りなど普段聞かない話が登場し、本編の伊丹刑事みたく「難しいことは分かんねぇよ!」と言いたい気分になりました。
しかしここで、劇中の岩月さんの言葉が胸に突き刺さるわけです。「難しいと言って逃げていたら、来てしまいますよ、X DAY」

このセリフがX dayは決して他人事な話ではなく、ゆえに「ちゃんとお話を理解しなければ」と思わせてくれたきっかけとなりました。
改めてこのお話のテーマである日本の財政について考えると、
現状は国の歳入のうち全てが税収で得たものではなく、歳入の約半分が国債という借金を頼りにするという苦しい財政状況が長らく続いています。
そんな状態がいつまでも続いたら、財政破綻は確実にやってくるでしょう。
しかし日本の財政破綻危機を普段から感じているかといえば、必ずしもそうではありません。だからこそ「難しいことだから」と私は目を背けてきましたが、この作品は「X DAYがやって来たら起こりうる光景」を見せ、今のままで行けば確実に来るX DAYがこないようにするにはどうすればいいのか、国民一人ひとりが考えるべきだと警鐘を鳴らしているわけです。<
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
段ボールの紙みたいな厚い物の中にプチプチ
で入っていたので良かったです。楽しく観ました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
本編もメイキングの入った盤もひじょうに面白く楽しめました。伊丹刑事ファンにはたまらない1本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
本篇とクロスオーバーしてきそうなネタが満載でした。伊丹さんと岩月さんのコンビは勿論、国会議員としてどんどん出世してしまっている雛子先生が益々不気味でゾクゾクします。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
米沢さんに続いて伊丹刑事を主人公とした「相棒」のスピンオフ物。伊丹はドラマ「相棒」の初回(シリーズになる前の単発物)から出演している個性的や役どころで、その功労賞的意味合いもあると思う。この泥臭い伊丹とサイバー犯罪捜索係のクールな若月(田中圭)との対照的な新しいコンビ、日本国債の価値(暴落)という時宜的な経済問題を扱って、「相棒」の基本線に準じた創りとなっている。特に、自身の役目だけに固執していた若月が、伊丹の情熱に引っ張られて、次第に犯罪そのものへの対峙を強めて行く姿が見所となっている。若月はこの直後、ドラマ「相棒」にも出演する等、連携もバッチリで、「相棒」ファンにとっては満足の行く出来だろう。

ただし、一映画として観た場合、その面白さはどうであろうか ? 前宣伝程、迫り来るX-Dayの恐怖を感じなかったのは、テーマが二分(新しいコンビと経済問題)していて、経済問題の掘り下げが足りないからだと感じた。本作でもチョット顔を見せる右京が捜査を担当していれば、日本国債の問題及び雛子先生を初めとする政治家・官僚達の思惑を深く追求した迫力ある出来に仕上がったと思う。結末も物足りなく、全体として竜頭蛇尾の感が否めない。「二兎を追う者は......」という結果になってしまったという印象を受けた。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー