この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

相撲部屋24時 おかみさん奮戦記 (講談社プラスアルファ新書) 単行本 – 2004/5

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,225
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

新弟子教育の葛藤から、関取誕生の喜びまで!!
関取になれるのは100人に8人の割合!現在の相撲界で、稽古の厳しさでは5本の指に入るといわれる中村部屋の力士たちと親方が、出世を目ざし心を1つにして努力!!
時代の移り変わりの中で、師匠を中心とした相撲部屋では、力士の養成がどのように行われており、また、どのように養成していくべきなのでしょうか。それを指導する側からではなく、力士自身の意見を聞くことによって、古いものの中に残された相撲という日本文化を浮き彫りにし、それを評価し、今後の課題を探ってみたいと思いました。師匠の方針は、できるだけ中学卒業の新弟子をとって、心身ともに柔軟な時期から相撲部屋で生活させ、時間をかけて親方が理想とするよい力士に育てたい、というものでした。わずか15歳で、自分の人生に対して自らが決断を下し、カバン1つで入門してくる新弟子の気持ちは、非常に重く、何ものにも代えがたいものです。
●中村部屋で「使者を待つ」朝
●相撲教習所仲間が生涯の友に
●チャンコ番の仕事は主婦以上
●中村部屋の稽古スケジュール
●出世のスピードと力士の給与
●親方と力士にインタビュー
●体罰は理由によって、ありうる?
●横綱の品格とは、何?
●「形」の模倣から「型」を習得
●相撲部屋ならではの心の教育


内容(「BOOK」データベースより)

関取になれるのは100人に8人の割合!現在の相撲界で、稽古の厳しさでは5本の指に入るといわれる中村部屋の力士たちと親方が、出世を目ざし心を一つにして努力。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 222ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062722542
  • ISBN-13: 978-4062722544
  • 発売日: 2004/05
  • 梱包サイズ: 17 x 11.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 76,454位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2014年10月25日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2007年11月5日
形式: 単行本
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告