通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
直木賞物語 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

直木賞物語 単行本 – 2014/1/15

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2014/1/15
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 355

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 直木賞物語
  • +
  • 芥川賞物語
  • +
  • 芥川賞の謎を解く 全選評完全読破 (文春新書)
総額: ¥5,432
ポイントの合計: 164pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

すべての職業作家が焦がれる直木賞。第1回から第149回までの候補作と受賞作、選考過程に関わる資料を丹念に調査し、書き下ろした本邦初公開の大労作ノンフィクション! !

内容(「BOOK」データベースより)

すべての職業作家が焦がれる直木賞。その第1回から第149回までの候補作と受賞作、選考過程に関わる資料を丹念に調査し、書き下ろした本邦初の大労作ノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 492ページ
  • 出版社: バジリコ (2014/1/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862382061
  • ISBN-13: 978-4862382061
  • 発売日: 2014/1/15
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 13.8 x 3.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 285,940位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
この本は、これまでの直木賞の全ての受賞、審査概要を紹介するもので、全体像を知るにはいい本と思います。個人的には、ひいきの作家がなぜ受賞できなかったのか、なぜ受賞が遅れたのか、個別に詳しく知りたい点があり、その点で、ちょっと欲求不満が残ります。川口さんのサイトには、かなりの情報があるようですね。

この本でも、よく読めばわかりますが、直木賞の審査は、選考委員のベテラン作家の、有能な新人への嫉妬が、評言や投票態度に見て取れて、実に興味深いです。選考委員たちが無言のうちに談合して有能な新人の受賞を邪魔する陰謀が垣間見えたりします。極論すれば、直木賞の歴史は、受賞者や落とされた人のドラマというよりも、選考委員作家の嫉妬の人間ドラマ、犯罪録(!)みたいなものかな(笑)。

邪魔する例では、有能な新人に受賞させたくないから、わざと当たり障りのない、脅威とならない新人に受賞させる例とか。浅田次郎「蒼穹の昴」に対するN(女流)の受賞、天童荒太「永遠の仔」に対するSの受賞とか。私は、リアルタイムで「オール読物」の審査結果を読みましたが、当時からピンときましたね。

いづれにしても、作家が作家を審査する、ってのは、どうしてもそのような事態が避けられないわけで、酷い例に事欠きません。何度も候補になりながら受賞しなかった筒井康隆や小林信彦の話は有
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
各回ごとに候補作品と選評を丁寧にコメントして、その当時の「大衆」小説観を浮き彫りにしている堅実な仕事です。
直木賞の選考基準は決して確固としたものではなく,選考委員によってもかなり差があったため,後で振り返ってみたときに活躍した作家に送りそこなったり,受賞作以外に商業小説誌に書けない作家に送ってしまったりという例に事欠きませんが、著者の川口氏は筆を折ってしまった作家に対しても,直木賞受賞作品として記録されたことは直木賞の「幅広い」(ある意味では<ふらふらした>。これは私の表現)評価の業績とみなしています。
第1章「純文芸との因縁」(芥川賞が対象とする純文学との区別が曖昧な時期。直木賞自体も注目されていない時期),第2章「通俗性への反発」(直木賞といえども文学性が第一。とはいえ「文学性」の内容はバラバラの時期。〜1958年)までに挙げられた受賞作品や候補作品(受賞作とそん色ない作品)の多くがいまでは簡単には読めない状況にあります。第3章「同人誌への期待」(1958年下期以降)からは雑誌ジャーナリズムでの需要が高まったためでしょう,商業的に成功するほど評価がきびしくなり落選してしまう作家であっても,落選作品がいまでもちゃんと読める例が少なくありません。しかし,逆に商業的な成功を収めなかった受賞作、渡辺喜恵子『馬淵川』や佐藤得二『女のいくさ』、藤井繁夫『虹』、新橋
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たつた VINE メンバー 投稿日 2014/5/29
今ではすっかり有名となっている直木賞の各回の選考課程が書かれている。
直木賞というのが「大衆向け」の小説に与えられるということは正直知らなかった。
他の賞と比較してこの賞が権威があるように見えるのは、選考課程にあると感じた。
売れる本だけに着目していないという点が気に入った。
おそらく過去に直木賞を受賞した人が多い選考委員のこだわりがあるのだろう。
今後もどんでん返しな選考を繰り返していってほしいと感じた。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
日本文学史上に燦然と輝く
受賞者たちは
どのようにして誕生したのか
直木賞の作家たち

直木三十五(なおき・さんじゅうご)
明治24年大阪市に生まれる。本名は植村宗一。早稲田大学中退。昭和4年『由比根元大殺記』で大衆作家として認められ、『黄門廻国記』は、映画『水戸黄門』の原作にもなった。新聞に連載した『南国太平記』で一躍人気作家となる。昭和9年死去。43歳。

日本文学に大きな影響を与え続ける芥川賞と直木賞の違いとは
B 川口さんは日本屈指の直木賞研究家として知られていますが、よく聞かれるでしょう、芥川賞と直木賞の違いはなんですかって。
川口 そうですね。いちばん代表的な区分けは、芥川賞は純文学で直木賞は大衆文学、というものだと思います。我々一般の読者には純文学と大衆文学、それが分かりやすい切り口なんです。
B 本来的に言うと、文学に純文学も大衆文学もないはずですけども、文学の幅広さみたいなものをとらえる時には、そういうものを2つ設定して、一種の競わせるみたいな構造としてはいいのかもしれないですね。
川口 基本的に文学とか小説とか言っても広すぎますから。何か枠組みがあった方が一般の人達は入りやすいです。
B 文学賞というのは、個人の名前を付ける場合が多い
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告