中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

直木三十五伝 単行本 – 2005/6/25

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「芸術は短く、貧乏は長し」―莫大な借金に追われながら、七百篇におよぶ小説・雑文を書き、悠然と人生を駆け抜けた作家・直木三十五。小心にして傲岸、寡黙にして雄弁、稀代の浪費家で借金王、女好きのプランメイカー。昭和初期の文壇に異彩を放った人気作家の全貌をあますところなく描く書下し評伝決定版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

植村/鞆音
昭和13年(1938)、愛媛県松山市に生れる。父清二。伯父宗一(直木三十五)。昭和37年、早稲田大学第一文学部史学科卒業。同年、東映株式会社入社。昭和39年、株式会社テレビ東京入社。平成6年、同局常務取締役。平成11年、株式会社テレビ東京制作代表取締役社長。現在、株式会社ハーバー研究所監査役、株式会社サクセスファクトリー顧問、DACグループ顧問など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 273ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2005/6/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163671501
  • ISBN-13: 978-4163671505
  • 発売日: 2005/6/25
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 533,274位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 長七郎 投稿日 2012/10/31
形式: 単行本 Amazonで購入
芥川龍之介を知らないひとはいないだろう。直木三十五を知らないひともいないだろう。
芥川の小説を読んだことのないひともいないだろう。しかし、直木の作品を読んだことのあるひとはどれだけいるだろうか。
直木の甥にあたる植村鞆音氏のこの伝記を読むまでは私も直木の小説をひとつも読んだことがなかった。本書に触発されていくつか直木のものを読んでみた。実に軽妙、洒脱、ユーモアに富んでいて面白い。
彼の死後80年近く経つ。読まれなくなったのは敗戦で剣豪物や仇討ち物が読まれなくなったことと関係あるだろうが、もっと読まれるべき作家だと思った。
さて本伝記である。直木の43年の短いが波乱万丈、本能のおもむくまま、好き勝手に生きた生涯が初めて明らかにされる。こんな人物が親族や友人にいたら大変な迷惑をこうむるだろうと思うが実に魅力的な人物像が浮かび上がってくる。本書ももっと読まれるべき本である。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 毎年年2回 文藝春秋恒例の 芥川・直木両文学賞が発表される。芥川といえば 芥川竜之介だが、直木というと 分からない人が多いようだ。

 私も 直木三十五氏をたたえて 菊地寛が直木賞を創設したことは知っていたが、この人物が 直木三十一⇒三十二など 年齢に応じ名前を変えていたことを本書で始めて知った。 

 また著者 植村 鞆音氏 は テレビ東京元社長であり 直木氏の甥にあたるそうです。

 今まで書かれなかった、直木氏の伝記として優れたものになるのではないでしょうか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
作者の鞆音氏は、直木三十五の甥御さんにあたる方ですが、こちらの本を執筆されたのが企業人としてのキャリアを全うされてからだったというのがすごいと思いました。何十年も何かをやろうと思いながら過ごす、というのは結構よくあることだと思うのですが、実際「いざ」というときにそれを完成させるというのは難しいことだと思います。内田樹氏がよく「街場の文章論」などで、「なぜ書くか」という問いに対し、自分の中からわき上がるもの云々以前に、自分の外にあり、路傍から自分だけに向かって話しかけて来る「真実」のようなものがあって、それを世界に伝えなくてはいてもたってもいられなくなる、だから書くのだ、という現象を語ってらっしゃいますが、こちらの鞆音氏の生い立ちと執筆までの経緯を思うと、氏にも何十年もの単位でそんなことがあったのかと思わせられました。

日本近代文学史を語る上で非常に重要な人物であるにもかかわらず、今まであまり議論されてこなかった直木三十五という人を知る、また当時の文学ワールド、人々の暮らしっぷりを知るというためにも非常に有意義な作品だと思います。彼の人生に興味のある方、また、故人に近い者による作家の知られざる伝記、というジャンルに興味のある方々に心よりお薦めいたします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック