中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

直撃現代百物語 新耳袋大逆転 単行本(ソフトカバー) – 2008/8/30

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら

  • 心理学| ビジネス向けの自己啓発から引き寄せの法則など、幅広いジャンルの本をラインアップ。心理学の本ページへ。


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 288ページ
  • 出版社: 洋泉社 (2008/8/30)
  • ISBN-10: 4862483143
  • ISBN-13: 978-4862483140
  • 発売日: 2008/8/30
  • 梱包サイズ: 19 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 757,947位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
続編なので悪乗り度が増したかと思ったがそうでもない。
がマンネリ感は全く無し。むしろ前作で食い足りなかった私には丁度良し。

基本的に筆者は、ヒマな若者がキャッキャ言いながら深夜に
オカルトスポットへ肝試しに行くノリで取材している。単純明快なノリ。
そういった活動を愉快に思わなかったり、不謹慎に感じる方には
向かない内容。
馬鹿にしている訳ではなく寧ろ真剣なのだが、同様の感性を持たない方には
理解を得られないだろう。
個人的には、若かりし頃に夜な夜な友達同士集まっては地元のオカルトスポット
を探検しまくった日々を思い出して感慨深いものがあった。

また筆者は、必要以上にオカルト信奉というわけでもなく、
懐疑的な立場でもなく、詳細な事実関係や背景を調査しようというスタンスでもなく、
純粋に怖がって楽しみたい、というような姿勢であり、現場に赴く仲間たちも
概ね同様なので、メンバー全体に連帯感のようなものを感じる。
オカルト好きの私にとっては、自分自身も一緒に現場に突撃している
かのような気分が味わえて、大変に楽しんだ。
怖いと言いながら聞かずに居れない・行かずに居れない
という筆者の好奇心が溢れてお
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 有名な実話怪談『新耳袋』シリーズに出てきた場所に実際に行ってきた人達の、怪奇現象検証ルポ・・・ということになっていますが、それほど厳密な検証はしていません。とにかく行ってみて、何か起こるかどうか試してみよう、というかんじです。同じ検証本なら小池壮彦さんなどの方がもっと詳しく検証していて「検証本」の名にふさわしいと思います。何より怪奇現象に対して懐疑的な視線を忘れていません。著者のギンティ小林さんは最初から「怪奇現象は本当にある」というスタンスなので、まず検証するポイントが違います。

 しかし、それがこの本の良いところだと思います。基本的に心霊現象などを信じており、「何か目に見えないものを畏れる」という雰囲気が全体的にある。だから読んでいて清々しい気持ちになるのではないかと思います。なんだかとても素朴な印象です。
 ただ、やっていることは非常にバカバカしい!男性というのはいくつになってもこんな調子なのかなあ、と微笑ましくなってしまいます。検証グループの皆さんが全員「悪ガキ」という感じで、いたずらっ子の集団みたいです。表紙や目次のデザインも『新耳袋』のパロディになっていて、その悪ノリ具合が伺えます。文章も軽快なノリで読みやすいので、笑いながら読んでいるとあっという間に終わってしまいます。DVD「
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
S高校の三期生です。県下トップクラスではないですが他の描写は当てはまります。当時は新設校だったので怪談話はまだありません。地元なのでI神社も知っていますし、お祭りにもよく行ってました。でも神主さんの自殺の話は全く知らなかった。実家の母に聞いても知らないというしどうしてなのかなあ
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
いい年をしたオッサンたちが、真剣に本気で、そして「仕事」として、中途半端でなく恐れられている有名な“心霊スポット”に体当たり取材を慣行する、心身を張ったバイオレンスアクションオカルトドキュメント(笑)。

本気に仕事に取り組む真摯な眼差しから、仲間内の些細なトラブルや、次から次へと登場する人物たちはみなアクの強い個性派たちばかり。どこまでも濃厚な空間のなかで戸惑いながらも「当たって砕けろ!」精神の、汗だくな筆者のギンディ小林兄サンに好感を覚えます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告