通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
直感力 (PHP新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

直感力 (PHP新書) 新書 – 2012/10/16

5つ星のうち 4.1 28件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 直感力 (PHP新書)
  • +
  • 決断力 (角川oneテーマ21)
  • +
  • 大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
総額: ¥2,549
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

生涯通算獲得タイトル数歴代1位、史上最速での1200勝達成、王座を奪取し三冠! 進化を続ける希代の棋士の「直感力」を初めて開陳
「直感」と「読み」と「大局観」。棋士はこの三つを使いこなしながら対局に臨んでいる。そして経験を積むにつれ、比重が高くなり、成熟していくもののひとつが「直感力」であるという
将棋は、ひとつの場面で約八〇通りの可能性がある。それを瞬時に二つ三つに絞り、直感によってひとつの手を選ぶ。直感は、一秒にも満たないような短時間でも、なぜそれを選んでいるのか、きちんと説明できるものだ。直感とは、自分自身が築いたものの中から萌芽するものであると著者はいう
内容例を挙げると◎「見切る」ことができるか◎無駄はない◎底を打つ◎何も考えずに歩く◎他力を活かす◎見極めの制度◎道のりを振り返らない等々
迷走続ける現代社会に生きる我々に、自分を信じ、突き進む力と勇気を与える一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

自分を信じる力。無理をしない、囚われない、自己否定しない。経験を積むほど、直感力は磨かれていく。生涯獲得タイトル数、歴代1位の偉業達成。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2012/10/16)
  • ISBN-10: 4569804896
  • ISBN-13: 978-4569804897
  • 発売日: 2012/10/16
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 37,117位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
羽生善治のような人は、天才なのだから、なぜ自分がそれだけのアウトプットを出せるかなどということは自分でもよくわからないし、ましてやそれを他人に説明することなど不可能だと思っていた。仮に、説明できることがあるとすれば、それは、思考のスキルや発想法のようなものだと想像していた。

しかし、実際に本書を読み進めていくと、その内容は、予想に反し、
1)自分のメンタルをどのように保つべきか
2)ベストのアウトプットを出すためには、自分の生活・コンディションをどのように組み立てていくか
というようなもので、我々の生き方にまで示唆を与えてくれる、実に興味深いものだった。

例えば、1)については、
・失敗したときに、後悔ばかりに偏る気持ちをいかにリセットして、最善策を考えることに集中させるか。
・努力してもなかなか成果が出せないときに、過去に払ってきた努力が現状に見合っていないことにとらわれ、自分取り組み方を全否定しない。
また、通常陥りやすい非現実な一発逆転的な発想にとらわれず、やるべきことをやって、根気強く、次のチャンスを待つ。

また、2)については、
・集中するときと何も考えないときのメリハリをつけ、そのバランスをどう保つか。
・窮地に陥ったとき、ど
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
まず「直感力」と言うタイトルは、いかがなものか?

第一章に「直感」の記述があるが、以後殆どの文章には
「直感」を追及したものはなく、本を売るためのタイトルで
あると分かり、厳しいようであるが星4つにしました。
これを読めば、直感力が鍛えられると勘違いするので、
出来れば今後是正して頂きたいと思っています。

内容は羽生先生の日常考えておられることをエッセイ形式で、
分かりやすく読者に伝えています。

少し哲学的ではあるが、身近な言葉で書かれています。

他人の力を借りたりとか、あきらめることも必要であるとか、大変革は特に必要ないとか、
全体的には無駄な力を入れないことを主眼としており、
勝負処においても、第三者的な視野で見ることの重要性を持つことと共に
個性を大切にする意義などを述べられています。

将棋や勝負に関わらず、色々なことで悩んでる方にお薦め出来る本だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「経験を積むほど、直感力は磨かれていく」

この本ではその「経験」を積み上げていくための技術というか、持っているべき心構えについて説かれています。
この本を読んだら、何かの場面でのいわゆる「第1感」の正解率が上がるような類ではありません。

「ミス」をどのように受け止めるべきか。
「結果」をどう捉えるべきか。
落ち込んだ自分にどう対応すべきか。

私は将棋を指しますから、羽生さんの実績は身をもって知っています。
輝かしい実績からすると、目にも止まらぬハイスピードな歩みをイメージしてしまいそうですが、この本を読んで、私なら20歩下がって落ち込んでしまいそうな経験や失敗でも、羽生さんならしっかり受け止めて、一歩前に進まれるんだろうな…と思いました。

羽生さんの力は「最高速度」ではなく、周りが押し戻されてしまいそうな時でも一歩進めたり、逆に皆が走っているように「見える」時にも立ち止まれる事なのだろうと感じました。

文量はそんなに多くないので、忙しい方にこそ手にとって読んでほしいです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
羽生さんの言葉はシンプルで深い。
経験によって裏打ちされた考え方、視点がそこにある。
紡ぎだされる言葉一つ一つが地に足着いていて浮ついていない。
だから、ストレートに心を打ってくる。
以下、いくつか好きなものを抜粋して要約してみた。

・直感のひとつのかたちは「惑わされない」という意志
・目的を心に留めながらも、視野を広く持つことで、飽くなき探究心の継続が可能になる
・進歩とは、いかに悪手を見極められるようになるか大事で、減らしていく、捨てていくということだ
・「忘れる」ことも非常に大事
・目標を一気に課してはいけない。着実に積み重ね、気がつけば前進している。自然にできることを続けていくという健全さが必要なのだ。
・情熱は、常に何かを探し続けることで保たれる。常識にとらわれず先入観を持たないこと。
・あえて無駄をする。明確な違いが一定量たまると、ふと全体の理解につながる。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す