Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 603

¥ 67の割引 (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[おおひなた ごう]の目玉焼きの黄身 いつつぶす? 6 (ビームコミックス)
Kindle App Ad

目玉焼きの黄身 いつつぶす? 6 (ビームコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 目玉焼きの黄身 いつつぶす?(ビームコミックス)の8の第6巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 603
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 670 ¥ 252

紙の本の長さ: 156ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

テレビアニメ化もされた大ヒット、ソウル・フード・ロマン、新展開を見せる衝撃の第6巻!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 54874 KB
  • 紙の本の長さ: 167 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / エンターブレイン (2015/12/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B019MDTOF2
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
早い話「食べ方あるあるネタ」だが、いかに自分が浅慮且つ視野狭窄なのかが思い知らされるこの作品。
広義の食文化・狭義の食事作法というのは、まさに国そのものであり、家庭そのものであり、その個人その人格そのもの。正しいも間違いもない「人それぞれ」の範疇を、どこまで許容出来るかというのは対人関係における大きなウェイトを占めているのは間違いない。
この作品の主人公は他人の食作法に毎回驚き、意にそぐわないと逐一憤り、理由を知って毎回悩み、そしてなんとかお互いの落とし所を見つけ、妥協(貫徹・譲歩・感化)する。素晴らしいと思える。かくありたいとも。
「食」だけではない、その他の事柄にも当てはまる事は多いはずだ。
個人の数だけ世界観があるという事を改めて気づかせてくれる漫画である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 佐天さん! トップ1000レビュアー 投稿日 2016/1/2
形式: Kindle版
1巻を読んでから、アニメ化もされて6巻、
最初こそ「くっそwww」と思いながら読んでましたが、もうこの主人公の二郎のめんどくさい事、
まぁ、ここまでめんどくさい男だからこそ、面白くなるんですがw
私が二郎に「お前、バカか?」と言いたくなりますw
それは置いといて、今度牛丼屋行ったら紅ショウガ山盛りにしてみよう
美味しそうだった(*'ω`*)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
クッソ面白い。悔しい。

テーマは意外にも首尾一貫、そしてストーリーも牛歩程度だが前向きに進む。
ただ、なんていうか、そう言うのと関係なく。。
『くっだらない!』。いや『最高』な意味で。

むりやり表現するなら、四六時中共に過ごしてる大学のツレと、もはや取り立てて話す事も無くなった三次会で議論する様な内容、
「それいる?」っていうような話題に本意気で取り組むとココまで面白いのかと。

おおひなた作品のセンスは疑いようが無いが、
時折見られる、ぶっ飛びすぎてて本当についていけなくなる瞬間。
それがこの作品ではその統一されたテーマとストーリーによって毎度ギリギリで引き戻され、
毎度ニヤニヤさせられる。

悔しいけど面白い。私見タップリですが、そんな一冊です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover