通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 電子堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーの状態は通常の使用保管で出来る擦り傷程度です。紙面の状態は良好です。除菌クリーニング済み。発送については、原則翌日の発送となりますが、日曜、祝祭日は発送できないことがあります。防水梱包のみで、緩衝材が不要なかたは、恐れ入りますが、ご注文後30分以内に連絡をお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書) (日本語) 新書 – 2015/4/16

5つ星のうち4.0 67個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥836
¥836 ¥122
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)
  • +
  • みえるとか  みえないとか
  • +
  • 記憶する体
総額: ¥4,356
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介


【福岡伸一氏推薦】

<見えない>ことは欠落ではなく、脳の内部に新しい扉が開かれること。
テーマと展開も見事だが、なんといっても、やわらかで温度のある文体がすばらしい。
驚くべき書き手が登場した。

【視覚障害者との対話を通して、「見る」ことそのものを問い直す、新しい身体論】

◎ 内容紹介
私たちは日々、五感――視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚――からたくさんの情報を得て生きている。
中でも視覚は特権的な位置を占め、人間が外界から得る情報の八~九割は視覚に由来すると言われている。
では、私たちが最も頼っている視覚という感覚を取り除いてみると、身体は、そして世界の捉え方はどうなるのか――?
美学と現代アートを専門とする著者が、視覚障害者の空間認識、感覚の使い方、体の使い方、
コミュニケーションの仕方、生きるための戦略としてのユーモアなどを分析。
目の見えない人の「見方」に迫りながら、「見る」ことそのものを問い直す。

◎ 目 次
【まえがき】
【本書に登場する主な人々】
【序 章】見えない世界を見る方法
【第1章】空  間 ―― 見える人は二次元、見えない人は三次元?
【第2章】感  覚 ―― 読む手、眺める耳
【第3章】運  動 ―― 見えない人の体の使い方
【第4章】言  葉 ―― 他人の目で見る
【第5章】ユーモア ―― 生き抜くための武器

◎ 著者プロフィール
伊藤亜紗(いとうあさ)
1979年東京都生まれ。東京工業大学リベラルアーツセンター准教授。
専門は美学、現代アート。もともと生物学者を目指していたが、大学3年次より文系に転向。
2010年に東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究専攻美学芸術学専門分野博士課程を単位取得のうえ退学。
同年、博士号を取得(文学)。
日本学術振興会特別研究員などを経て2013年より現職。
研究のかたわら、アート作品の制作にもたずさわる。
主な著作に『ヴァレリーの芸術哲学、あるいは身体の解剖』(水声社)、
参加作品に小林耕平《タ・イ・ム・マ・シ・ン》(国立近代美術館)などがある。

内容(「BOOK」データベースより)

私たちは日々、五感―視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚―からたくさんの情報を得て生きている。なかでも視覚は特権的な位置を占め、人間が外界から得る情報の八~九割は視覚に由来すると言われている。では、私たちが最も頼っている視覚という感覚を取り除いてみると、身体は、そして世界の捉え方はどうなるのか―?美学と現代アートを専門とする著者が、視覚障害者の空間認識、感覚の使い方、体の使い方、コミュニケーションの仕方、生きるための戦略としてのユーモアなどを分析。目の見えない人の「見方」に迫りながら、「見る」ことそのものを問い直す。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

伊藤/亜紗
1979年東京都生まれ。東京工業大学リベラルアーツセンター准教授。専門は美学、現代アート。もともと生物学者を目指していたが、大学3年次より文系に転向。2010年に東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究専攻美学芸術学専門分野博士課程を単位取得のうえ退学。同年、博士号を取得(文学)。日本学術振興会特別研究員などを経て2013年より現職。研究のかたわら、アート作品の制作にもたずさわる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 216ページ
  • 出版社: 光文社 (2015/4/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334038549
  • ISBN-13: 978-4334038540
  • 発売日: 2015/4/16
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 4.0 63件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,891位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
評価の数 67

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

63件のカスタマーレビュー

2018年12月26日
形式: 新書Amazonで購入
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2019年1月18日
形式: 新書Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2019年3月7日
形式: 新書Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年1月17日
形式: Kindle版Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト100レビュアー
2019年5月30日
形式: 新書Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年8月23日
形式: 新書Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2019年11月10日
形式: Kindle版Amazonで購入
2020年2月4日
形式: Kindle版Amazonで購入