Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 324の割引 (38%)

ポイント : 54pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[安野モヨコ]の監督不行届 (FEEL COMICS)
Kindle App Ad

監督不行届 (FEEL COMICS) Kindle版

5つ星のうち 4.4 108件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 864 ¥ 1

紙の本の長さ: 159ページ 監督不行届 (FEEL COMICS)と類似の本

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

人気漫画家・安野モヨコと夫・庵野秀明のデイープな日常が赤裸々につづられた爆笑異色作! アニメ界と漫画界のビッグカップルが、こんなにもおかしく愛おしいオタク生活を送っているなんて…! 世界中に生息するオタク君はもちろん、オタ嫁(オタク夫を持つ妻)も共感すること間違いなしの衝撃作!!

出版社からのコメント

人気漫画家・安野モヨコ(働きマン! )と夫・庵野秀明のデイープな日常が赤裸々につづられた爆笑異色作。著者初のエッセイコミックでもあり、夫=カントクくん(「新世紀エヴァンゲリオン」「キューティーハニー」等の監督)のオタクぶりが初めて明かされた作品でもあります。アニメ界と漫画界のビッグカップルが、こんなにもおかしく愛おしいオタク生活を送っているなんて! 世界中に生息するオタク君はもちろん、オタ嫁(オタク夫を持つ妻)も共感すること間違いなしの衝撃作。巻末には、よりコアに楽しむために‥オタク垂涎! ?のオタク用語解説2万字を収録、ファン待望のエッセイコミックです。大増刷出来、ベストセラー驀進中。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 44142 KB
  • 紙の本の長さ: 159 ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2005/2/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00AY7FI7O
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 108件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
なんていうのか、想像通りのカントクくんの日常。
イデオンのDVDを夜通しぶっ通しで見るとか。
肉と魚が食べられないのに、なぜか太ってるカントクくんを嫁のロンパースがダイエットさせる話は面白かった。
結婚して、こんな風に人は変わるんだなと。
風呂に入らない、着替えない、散髪しない、カントクくんがまともになっていくのも面白かった。
単行本の金額としては、この簡単な絵柄で864円はちょっと割高感。486円のKindle版を買いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
とても感動しました!監督が自然体で、お二人ともほのぼのとしている姿が目に浮かびました。二人で刺激を受けあって、ますます成長しているような感じがとてもよかったです。
最後の監督インタビューで、奥様への愛情があふれていて、うらやましかったです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
監督のおたくっぷりがかわいらしくて、ロンパースもおたくは・・・と思いつつおた嫁に調教されていくさまがとてもほほえましかった。
何回読み返してもほっ、とさせられる作品です。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 勝手に「思索家っぽい芸術家肌のアニメ作家」のイメージが強かった庵野監督だが、本書で明かされるオタクかつオマヌケな素の姿が衝撃的で、かつ大笑いできた。作者がどれだけ夫を愛しているかが伝わってくる作品だが、巻末のダンナのインタビューからは妻への愛情もまた伝わってくる。良い夫婦だ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
あんまり安野モヨコって好きではなかったのですが、この漫画を読んだらちょっと好きになりました!(もう一年以上前の作品ですが。)

安野モヨコ(漫画の中では「ロンパース」という名前。)が日本で4本の指に入るオタクの教祖・庵野秀明(漫画の中では「カントク君」という名前。)(「新世紀エヴァンゲリオン」「キューティーハニー」等の監督)との結婚生活を描いた漫画です。

彼女は最初、一般的な「モテる女子」になりたかったから、オタクとは付きあいたくなかったみたいです。でも、カントク君と結婚してからは、最初はそのオタクっぷりに驚きながらも、だんだん彼のオタク色に染まっていくところが面白い!逆に、カントク君もロンパース色にだんだん染まっていくところが面白いです。夫婦って似てくるものなんですね〜。

彼女の凝ったインテリアのお部屋をオタク色に染められていく、ロンパースが「20代の見得と欲望と汗の結晶が…」というセリフがあります。私はまだ、現在の居心地のよい自分の趣味に包まれた部屋を「たとえ好きな人でも壊されるのは嫌だな〜。」と思っちゃうのですが、それに巻き込まれていくのも楽しそうなロンパースを見ていると「そういうのも楽しいかも」って思いました。二人で何か作り上げる方が、自分の好きなものだけに囲まれているより楽しいかも。

...続きを読む ›
コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/3/31
形式: コミック
庵野監督の作ったアニメが好きで、某ファッション雑誌で連載していた
安野さんの漫画を拝見していた私は、このお二人の結婚にまつわる話や
結婚してからの生活が知りたくて、この本を購入しました。
アニメ監督と漫画家というオタク同士の生活はさぞかし専門用語ばかり
なんだろうと思っていたけれど、服やメイクにこだわりを持っている安
野さんは案外オタクでもなかったらしく、安野さんの「オタクへの道」
的な視点で話がすすみ、最後には立派なオタクになっているというエッ
セイでした。
安野さんは濃厚なオタクに、庵野監督はそれまでより体型や服装などが
すっきりし…それぞれが、それぞれに影響を与えあって二人が変わって
いく様が描かれていて、お互いがお互いの好きなことや好きなものやこ
だわりを理解しあって生きているんだなぁと感じました。互いが互いの
影響を受けながら変わっていくことは、違う人生を生きてきた2人の価
値観がうまく混ざりあっていることのあらわれなんだと思います。
「2人でともに生きていこう」という気持ちを、安野さんの漫画と庵野
監督の巻末インタビューから読み取ることができて、読んでいた私もす
ごく幸せな気持ちになりました。なんだか、いま付き合
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
安野モヨコって、「ハッピーマニア」とかの絵から想像すると(未読なので内容は知りません)都会的な洒落た人だと思っていた。

本人と監督が一緒にTV(情熱大陸?だったかな?)に出ていた時に観た印象としても・・・

綺麗な女性漫画家だな〜としかおもわなかった。

このコミックスでは自分はオタクであると自負しているが・・・TVのオンエアで観ても監督は手厳しい。

「まだまだ・・・うちのかみさんは(オタクとしては)ヌルイですよ」とのこと・・・。

さすがそういう発言をするだけのコトはある。

監督のすさまじいオタクぶり!・・・でも多分60%くらいは話についていけそうな自分がここにいます。

しかしまあ〜なんですか。庵野監督の凄まじい子供っぷりには驚きました。

「ああ・・・でもなんだかわかるな。監督君の気持ち」と思いつつ

「おとなでも、これくらいやってもいいよな・・・」・・・いいのか?オレ?

巻末の解説や庵野監督のインタビューのオマケがあり、庵野監督の経歴とかは詳しく載っていたけれど、自分のコトは載せていない安野モヨコさん。

それでいいの?・・・いいのか。

夫婦のオタクライフ以上に庵野監督紹介コミックスみたいなきもするけれど、楽しいから続編を期待しています。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover