Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 108の割引 (17%)

ポイント : 75pt (13%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[貫徹, 水瀬チホ]の監獄実験―プリズンラボ― : 1 (アクションコミックス)
Kindle App Ad

監獄実験―プリズンラボ― : 1 (アクションコミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.5 17件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 監獄実験―プリズンラボ―(アクションコミックス)の4の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 1

紙の本の長さ: 182ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

夏休み前最後の登校日、理不尽ないじめの日々に絶望する高校生・江山藍都のもとに、奇妙な手紙が届いた。それは、誰でも好きな相手を、1か月間監禁できるという「監禁ゲーム」への招待状だった。期間中、監禁相手に対しては殺す以外の何をしても許されるうえ、相手に名前さえバレなければ大金も手に入れられるという。
監禁相手に、いじめの首謀者・桐島彩を指名した江山。少年の復讐劇が始まる!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 61965 KB
  • 出版社: 双葉社 (2016/2/27)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01D2T6QHG
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
苛烈ないじめに悩む主人公の元に、とある謎の組織から「1ヶ月間、あなたが指定する人物を監禁して、自分の名前を言わせなければ1000万円の賞金を差し上げます」という趣旨の”監禁ゲーム”の招待状が届く。 主人公はいじめの主犯格である女の子を監禁し、復讐を試みるが・・・・・・

1-4巻まで読んだ感想です。

絵がかなり平面的・能面的で、凄みが感じられない。 少女マンガやレディコミによくある画風。表紙以上ににクるものはないと思った方がいい。
”一見普通に見える人たちが薄暗い感情を抱えて狂気に走っている”という非常に使い古された手法で、狂気が感じられるときは三白眼になる。分かりやすい。
監禁して拷問を行なうことや、いじめなどが話しに出てくる以上、”人の嫌がること”という話が避けられないはずだが、殴る・蹴る・歯を抜く・骨を折るなど、非常に短絡的な手段が多い。はっきり言って作者の想像力が欠如しているとしか思えない。

3巻あたりでは「実はいじめているのには理由があっていじめっ子にも嫌な思い出があったんだよ」的な話が出てきて、一気に気分が悪くなる。そういうのは道徳の教科書にでものっけててくださいと思いたくなる。

主催者が監禁実行者に対してフェアでないことも気になる。追加のゲームをやらせるのにも強制ではなく利益によって誘導する形をとって欲しかった。

評価できない。つまらない作品と表現していい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
1巻の感想
『監獄○○-プリズン○○-』某コミックに似たタイトルなので甘くみてました、そういう戦略ならまんまと。
内容は監禁ゲームで監禁側と監禁される側、相手に名前を当てられたら負け。
ここまでは普通でしたが、途中から意外な展開を見せて1巻が終わります。続きが気になります。

絵がイマイチで、というより個人的に好みじゃないです。
実写化したら面白そう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
こらだめだ。低レビューの人と同じ意見。
一番よく読んでいるのが低とは。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 愚駄猫 トップ500レビュアー 投稿日 2016/3/5
形式: コミック
 怪しい「監禁ゲーム」に乗ってしまった高校生の苦闘を描くサスペンス。期間は一ヶ月、相手を
いたぶるのは自由、終了時には多額の賞金も出る。ただし毎日2時間は「監獄」に顔を出さないと
いけないし、相手を殺してしまったり自分の正体を言い当てられたら罰金が。普段、自分に理不尽
な仕打ちをする女子生徒を指名した主人公、担当官に連れられて行った「監獄」には確かに彼女
が鎖でつながれていたのだが…。
 いじめの復讐、被害者から加害者に回る心理的変化という要素は表向きで、むしろ「このゲーム
を主催している者の真の目的は何か?」という方が話の焦点。主人公以外にもこのゲームの参加
者が2人、それぞれの振る舞いは対照的。監禁した対象を「パートナー」と称する辺り、あるいは
この参加者同士の「戦い」なのか……? といち早く察した主人公、一方でせっかく監禁した女子
を責めて屈服させようとするもうまくいかず、切れ者なのかヘタレなのかよく分からない(笑)。
あっさり正体見破られてるし。まあ変声器付きのお面しているだけではねえ。
 とりあえず始まったばかりなので話がどう転ぶかはまだ不明。主題の割りにエログロ要素は少なく
思ったほど陰惨な内容でもなかったのですが、読んでてあまり気分のいい作品でもないです(笑)。
作戦か暴走か、いきなり主人公が何やらアクションを起こすようなので、この先どうなるか。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
結構サクサク読めて、爽快感があった!物語もいいけど絵も綺麗!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
どっかのサイトにそんなようなことが書かれていました。
確かに、言われてみるとそうだった。これはスタンフォード監獄実験だ。

--------------------------------------------------------------
<スタンフォード監獄実験とは>
70人から選ばれた被験者21人の内、11人を看守役に、10人を受刑者役にグループ分けし、
それぞれの役割を実際の刑務所に近い設備を作って演じさせた。
その結果、時間が経つに連れ、看守役の被験者はより看守らしく、
受刑者役の被験者はより受刑者らしい行動をとるようになるという事が証明された。
----------------------------------------------------------------

うん、この漫画の設定はまさしくこれですね。
絵もそれなりに綺麗だし、悪くないと思います。
1 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover