通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
盆栽/木々の私生活 (EXLIBRIS) がカートに入りました
+ ¥300 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【返金保証】概ね良好なコンディションです。どうぞ、ご安心してお買い求め下さいませ♪【商品の不備などございましたら、送料含め代金全額を速やかに返金させて頂きます】■郵便ポスト投函による「ゆうメール」配送のため日祝配送不可となり、また郵便追跡はできませんのでご了承くださいませ。※万が一、配送途中の紛失や到着納期が大幅に遅延してしまった場合は、送料を含む商品代金全額をお返しいたします。■Amazonからのメールと重複してしまいます為、弊社から注文確認・発送完了メールは配信いたしません。発送完了後、Amazonから発送をお知らせするメールが届きます。■全ての商品はAmazonコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答えできない場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

盆栽/木々の私生活 (EXLIBRIS) 単行本 – 2013/8/24

5つ星のうち4.0 1個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2013/8/24
¥2,200
¥2,200 ¥492

本まとめ買いクーポン
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

で、小説のタイトルは?
彼はタイトルについて僕と話し合いたい、議論したいと思っている。ある男がラジオで、若いころの恋人が死んだことを知る。そこからすべてが始まるんだ、文字どおりすべてが。
それでどうなるの?
彼は彼女のことを忘れなかった、深い愛だったんだ。二人は若いころ、小さな植木を育てていた。
小さな植木? 盆栽?
(「盆栽」より)

ラテンアメリカ文学における〈ポスト・ボラーニョ〉世代の旗手として、チリの国内外で高い評価を受ける若手の、処女作とその続編ともいえる第二作を一冊に収録。
チリの首都サンティアゴに住む、作家志望の若者フリオ。学生時代、彼にはエミリアという恋人がいた。彼女と過ごした日々、二人が読んだ本の数々、フリオがある作家に成り代わって書く小説「盆栽」の構想、そしてエミリアの死……メタフィクション的かつ斬新な語りと、生と死をめぐる即物的なまでの描写が胸を打つ(『盆栽』)。
ある晩、絵画教室から戻らない妻を待ちながら、幼い義理の娘を寝かしつけるために自作の物語「木々の私生活」を語り聞かせる日曜作家のフリアン。妻は帰ってくるのか、こないのか。不意によみがえる過去の記憶と、彼と娘を待ち受ける未来が、一夜の凝縮した時間から、まるで枝葉のように広がっていく(『木々の私生活』)。
削ぎ落とされた詩的で濃密な語りと、過去・現在・未来を透徹したプルースト的視点。また、二作に共通するモチーフである「樹木」のもつ静けさや孤独が、読者に深い余韻を残す。なお『盆栽』はチリで映画化され、2011年のカンヌ映画祭「ある視点」部門に出品された。

内容(「BOOK」データベースより)

チリの首都サンティアゴに住む、作家志望の若者フリオ。学生時代、彼にはエミリアという恋人がいた。彼女と過ごした日々、二人が読んだ本の数々、現在フリオが書く小説「盆栽」の構想、そしてエミリアの死…メタフィクション的かつ斬新な語りと、生と死をめぐる即物的なまでの描写が胸を打つ(『盆栽』)。ある晩、絵画教室から戻らない妻ベロニカを待ちながら、幼い義理の娘ダニエラを寝かしつけるために自作の物語「木々の私生活」を語り聞かせる日曜作家のフリアン。妻は帰ってくるのか、こないのか。不意によみがえる過去の記憶と、彼と娘の未来が、一夜の凝縮した時間から広がっていく(『木々の私生活』)。樹木を共通のモチーフとして、創作と書物、失われた愛、不在と喪失の哀しみを濃密に浮かび上がらせる。深い余韻を残す、珠玉の二篇。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 210ページ
  • 出版社: 白水社 (2013/8/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560090297
  • ISBN-13: 978-4560090299
  • 発売日: 2013/8/24
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 795,468位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
評価の数 1
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

2014年10月7日
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告