中古品: ¥538
配送料 ¥300 6月 30日-7月 2日詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバー若干イタミ有り。その他は全体的に概ね良好です。クリーニング・丁寧に梱包し、迅速に発送いたします。
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

皇族―天皇家の近現代史 (中公新書) 新書 – 2009/6/1

5つ星のうち4.4 12個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥538
¥2,000 ¥490

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

古代より「天皇の血族」として存在した皇族。明治維新後、最も近親で天皇を支える階級として、軍人の義務と多くの特典を獲得し成立した。だが、自らの権威・特権を背景に、長老の皇族軍人や直宮は、天皇を脅かす存在でもあった。本書は、古代から現代の皇族を概観し、近代以降存在した十五宮家、皇族軍人たちの動向、新たな位置づけを求めた戦後の「皇室」を中心に、皇族の全貌を明らかにする。巻末に詳細な「近代皇族一覧」付。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小田部/雄次
1952(昭和27)年東京都生まれ。85年立教大学大学院文学研究科博士課程単位取得。立教大学非常勤講師などを経て、静岡福祉大学教授。専攻は日本近現代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 中央公論新社 (2009/6/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2009/6/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 新書 ‏ : ‎ 458ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4121020111
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4121020116
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 12個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
12 件のグローバル評価
星5つ
54%
星4つ
30%
星3つ
17%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2009年7月25日に日本でレビュー済み
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2009年11月21日に日本でレビュー済み
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2009年8月24日に日本でレビュー済み
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2009年7月9日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2010年3月24日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する