通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
皇国日本とアメリカ大権:日本人の精神を何が縛ってい... がカートに入りました
+ ¥280 配送料/取扱手数料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ご注意:この商品は併売(HN)のため品切れの際はご容赦ください。商品の状態も展示疲労している場合があります。包装後、都内より発送いたします。(単行:評論・社会学)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

皇国日本とアメリカ大権:日本人の精神を何が縛っているのか? (筑摩選書) (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/3/13

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2020/3/13
¥1,760
¥1,760 ¥1,496
この商品の特別キャンペーン プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。
    プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 皇国日本とアメリカ大権:日本人の精神を何が縛っているのか? (筑摩選書)
  • +
  • 明智光秀と細川ガラシャ (筑摩選書)
総額: ¥3,520
ポイントの合計: 64pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


アウトレット本から掘り出しものを見つけよう!
「社会・政治」カテゴリーの商品をお手頃価格で販売中! 詳しくはこちら

商品の説明

内容紹介

● 教科書が教えない、日本人の「無意識」とは?

戦前、人びとはなぜ総動員体制に抗うことができず、戦争に巻き込まれていったのか?
総力戦に敗れ、戦後が始まったとき、実際には「アメリカ大権」となったのに、
鋭敏な知識人ですら、そのことを直視できずにいるのは、なぜか?
戦前の「聖典」たる『国体の本義』の解読をとおして、
戦前・戦後を貫流する日本人の精神の「無意識」を問う。
再び日本が内閉しようとしている今、これからの指針を与える必読の書!

《自国に都合のよいローカルな秩序の像を描けても、あるべき世界についてのイメージと、それに至る道筋を
描けていないのではないか。/それが描けない限り、思考は中途半端となり、皇国主義の縮小再生産に陥る。
親米と反米のあいだを揺れ動き、見えないアメリカ大権に振り回される……》
――本書より

【目 次】

序 論 『國體の本義』の恐ろしさ
忘れられた本/総力戦に備えて/天皇機関説/なぜ国体明徴なのか/
『國體の本義』の恐ろしさ/マルクス主義、ナチズムと張り合う/洗脳は解けたのか etc.

第I部 『國體の本義』を読む
1・1 天壌無窮の神勅/1・2 天皇/1・3 臣民/1・4 国史/1・5 国土と国民/1・6 祭祀と道徳
1・7 学問と科学/1・8 政治・経済・軍事/1・9 結語/1・10 国体のゆくえ etc.

第II部 天皇親政とアメリカ大権
2・1 なぜ天皇親政説なのか
思想のバトル/立憲君主制と伝統君主制/聖霊と、天皇親政/近代軍とミカド軍/なぜ戦死するのか/
なぜ玉砕するのか/硫黄島の戦い/天皇親政説のパラドクス etc.

2・2 天皇の近代
天皇という君主/英国王室と国教会/神国日本/忠(義)の拡大/忠(義)の脱構築/
尊王論の特質/イスラムの王/インドの王/中国の皇帝/皇国主義の特異性/
ネイション結集の核/国体は守られたのか etc.

2・3 アメリカ大権
天皇の大権/独立とアメリカ大権/日本は保護国/自主憲法制定/アメリカ親政 etc.

2・4 三島と吉本と国体と
法学部の三島/裏切りなのか/三島の美学「/人間宣言」の背後/脱洗脳プログラム/
責任は誰に/ほんとうの二・二六/三島は宮城を狙ったのか/三島の戦後/
『共同幻想論』の場合『/國體の本義』を清算する/内閉を打破せよ etc.

2・5 大東亜共栄圏の残照
本省人と外省人/二・二八事件/台湾の民主化/韓国と北朝鮮/
金王朝と主体思想/あったことにされた革命/迷走するナショナリズム/なぜ反日なのか
/国体の残滓 etc.

結 論
何に負けたのか/もうひとつの病気/普遍主義は有効か/
皇国主義に内在すれば/皇国主義をほどく etc.

〔著者紹介〕
橋爪 大三郎(はしづめ・だいさぶろう)
1948年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。社会学者。東京工業大学名誉教授、大学院大学至善館教授。主な著書に『はじめての構造主義』(講談社現代新書)、『言語派社会学の原理』(洋泉社)、『世界がわかる宗教社会学入門』 (ちくま文庫)、『政治の教室』(講談社学術文庫)、『面白くて眠れなくなる社会学』(PHP研究所)、『橋爪大三郎コレクションI~III』(勁草書房)、『丸山眞男の憂鬱』『小林秀雄の悲哀』(ともに講談社選書メチエ)、『政治の哲学』(ちくま新書)、『4行でわかる世界の文明』(角川新書)など多数。大澤真幸氏との共著に『ふしぎなキリスト教』『げんきな日本論』(ともに講談社現代新書)、『ゆかいな仏教』『続・ゆかいな仏教』(ともにサンガ新書)、『アメリカ』(河出新書)などがある。

内容(「BOOK」データベースより)

戦前、多くの日本人が「国体」思想に飲み込まれ、戦争に動員されていった。なぜ日本人は、この流れに抗えなかったのか?総力戦に敗北した後、天皇は連合国軍最高司令官に「従属」する形となった。実際にはアメリカ大権となっているにもかかわらず、鋭敏な知識人ですら、それを直視できずにいるのはなぜか?戦時期に教育の場で広く読まれ、国民に深甚な影響を与えた『國體の本義』の解読をとおして、戦前・戦後を貫流する日本人の精神の「無意識」を問う。ふたたび日本が内閉しようとしている今、来し方行く末を考えるに際し、必読の書!

続きを見る

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 288ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2020/3/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480016945
  • ISBN-13: 978-4480016942
  • 発売日: 2020/3/13
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.2 x 2.2 cm
  • カスタマーレビュー:
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 24,519位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
ベスト50レビュアー
2020年3月21日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告