百日紅~Miss HOKUSAI~ [Blu-ra... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

百日紅~Miss HOKUSAI~ [Blu-ray]

5つ星のうち 3.3 12件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 4,000 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,184 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 4,000より 中古品の出品:2¥ 3,979より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 百日紅~Miss HOKUSAI~ [Blu-ray]
  • +
  • 百日紅 (下) (ちくま文庫)
  • +
  • 百日紅 (上) (ちくま文庫)
総額: ¥5,468
ポイントの合計: 46pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: , 松重豊, 濱田 岳, 高良健吾, 美保純
  • 監督: 原恵一
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2015/11/26
  • 時間: 93 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 12件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01326V0BG
  • JAN: 4934569359216
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 50,763位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

第39回アヌシー国際アニメーション映画祭審査員賞受賞作品!
原作・杉浦日向子 初の長編アニメーション化作品
監督・原 恵一×主演・杏×制作・Production I.G

お栄23歳。職業、浮世絵師。父、葛飾北斎。
喜怒哀楽あふれる時を駆け巡る、〈爽快〉浮世エンターテインメント!


◎仕様◎
【映像特典】
■予告編(30秒ver./90秒ver.)
■新予告編
■TVスポット


◎内容◎
浮世絵師・お栄は、父であり師匠でもある葛飾北斎とともに絵を描いて暮らしている。
雑然とした家に集う善次郎や国直と騒いだり、犬と寝転んだり、離れて暮らす妹・お猶と出かけたりしながら
絵師としての人生を謳歌している。今日も江戸は、両国橋や吉原、火事、妖怪騒ぎ、など喜怒哀楽に満ちあふれている。
恋に不器用なお栄は、絵に色気がないと言われ落ちこむが、絵を描くことはあきらめない。
そして、百日紅が咲く季節が再びやってくる、嵐の予感とともに……。


◎キャスト◎
お栄:杏/葛飾北斎(鉄蔵):松重 豊/池田善次郎:濱田 岳/歌川国直:高良健吾
こと:美保 純/お猶:清水詩音/初五郎:筒井道隆/小夜衣:麻生久美子/吉弥:入野自由
遣いの武士:藤原啓治/茶屋の子供:矢島晶子/萬字堂:立川談春

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

江戸風俗研究家でもある漫画家・杉浦日向子の原作を原恵一監督がアニメ映画化。葛飾北斎の娘で、恋に不器用な浮世絵師のお栄と、両国橋や吉原、火事、妖怪騒ぎなど、喜怒哀楽が満ち溢れる江戸の街で暮らす人々の姿を、四季の風景と共に描き出す。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

原作のファンです。
映像化すると聞いて、驚き、期待しました。
そして実際に鑑賞し、感想を言わせてもらいます。

原作の雰囲気をとてもよく出していると思います。
ただし、お栄ちゃんが主役ということで、エピソードを継ぎ接ぎしているのが気になりました。

カットされている部分だって、捨てる場所はありません。
よい場面や、原作にある余韻が薄まってしまっています。

ファンなら観終わった後に愛憎半ばの感想を持つことになると思います。
まだ読んだことがないのなら、映像をきっかけに原作も読んでみてください。
珠玉の漫画です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
歴女の杏ちゃんが吹き替えということで期待してました。
賛否あるようですが、私はべつに気になりませんでしたね。
このお栄さんという方が、まぁ男っぽい江戸っ子バリバリの
更に下町っ子なんでしょ、ならば、敢えてこーゆーツッケンドンな
言い回しになっててもいいいのかなぁと。
日ごろの言い回しと、盲目の妹を労わるときの言い回しに
違いがあることが、このお栄さんの人物像を如実に表しているように
感じました。
北斎親父孤独のグルメ松重豊は、文句のつけようもありゃしません。
居候のヘタゼン濱田岳ほか高良健吾とか、まぁこんなもんでしょ。
筒井道隆に至っては、いつもより台詞まわしがうまかったりして。
花魁の麻生久美子は貫禄の芝居。かっこいい~

キャラに問題はないのですが、
かれらを載せる舞台が・・・
ストーリーが練れていない気がします。
だから、話がバラッバラッなんで
全体として、何も残らない。
何の話?どーゆー話?と聞かれても
うまく説明できないなぁ・・・
あれもこれもと入れ過ぎたのか、
散漫になってしまった感は拭えませんでした・・・
似たようなテイストで
ジョージ秋山の
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作は知りませんが、浮世絵が好きなので鑑賞しました。
浮世絵が好きな人には面白いと思います。

こちらの作品はレビューの通り、人夫々で意見が別れる事は理解できますが、私個人としましてはとても面白かったです。もっと観たいと思いました。確かに見終わった後の物足りなさは少しありますが、私はそれでも満足しています。

一般的な現代映画などの様に分かり易いストーリーやメッセージみたいな物は無い様に感じられるかもしれませんが、それはそういう分かり易い作品に慣れ過ぎてしまっていて、その様な先入観で観るからではないかと思います。期待して構えて観るのではなく、受け入れる姿勢で観ると良いのではないでしょうか。

この作品は映像などの表層的な面だけなく、内容も総括的にもっと日本的なものなのではないかと感じます。情緒や風情などを感じ取る事や主人公だけでなく、全ての登場人物の気持ちや立場などを考え、想像するととても深く愉しめる作品だと思います。映像や音もジブリに近いものがあって綺麗なので、小さな子供でも楽しめるかもしれません。途中で少しだけ際どいシーンがありますので、その部分は小さな子供にはあまり見せられないと思いました。ジブリと比べると少々薄い作品に感じるかもしれません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
杉浦日向子作品が好きで、ほとんどの作品を持っています。
その中でも、江戸の日常と幻想が程よく入り混じった「百日紅」は最も好きな作品の一つです。

その「百日紅」の映画化ということで、期待半分、不安半分で見に行きました。
結論としては、素晴らしい!見事な出来栄えの映画化と思いました。

決して原作通りでなく、かなり独自の要素を取り入れて改変しているのですが、それらは的確で改悪になっていません。
見てもらうのが何よりと思いますが、いくつかいいと思ったポイントを書いてみます。

・江戸についてしっかり研究している。
原作そのものが正確な考証に基づいて描かれているのですが、原作だけに頼るのではなく、スタッフが独自に江戸について勉強して作品を作っていることが見て取れます。
例えば、吉原の情景は原作では映画ほど精緻には描かれていません。(大通りの中央には花が飾られていたんですね。)
他にも、現代と比べて全体的に建物が低く、空が多い江戸の町並みを見事に表現していたと思います。
また、江戸の橋は木造で中央に向かって丸く高くなっている構造なので、杉浦日向子氏は江戸の町は橋の上から眺めると一番良く見えると言っていました。
原作でも橋は登場しますが、この映画では原作
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す