通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品になりますので、多少の使用感はご了承ください。また、店舗でも販売しておりますので売り切れの際は返金いたします。配送はゆうメールになります。 187144
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez) 単行本 – 2006/12

5つ星のうち 4.3 72件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 2,125

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 百年の孤独 (Obra de Garc´ia M´arquez)
  • +
  • エレンディラ (ちくま文庫)
  • +
  • 予告された殺人の記録 (新潮文庫)
総額: ¥4,071
ポイントの合計: 123pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

蜃気楼の村マコンド。その草創、隆盛、衰退、ついには廃墟と化すまでのめくるめく百年を通じて、村の開拓者一族ブエンディア家の、一人からまた一人へと受け継がれる運命にあった底なしの孤独は、絶望と野望、苦悶と悦楽、現実と幻想、死と生、すなわち人間であることの葛藤をことごとく呑み尽しながら…。20世紀が生んだ、物語の豊潤な奇蹟。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ガルシア=マルケス,ガブリエル
1927年生まれ。コロンビアの作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 492ページ
  • 出版社: 新潮社; 改訳版 (2006/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4105090119
  • ISBN-13: 978-4105090111
  • 発売日: 2006/12
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 72件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,423位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Amazonのお客様 VINE メンバー 投稿日 2008/10/11
形式: 単行本
南米の架空の町、マコンドの草創、隆盛、衰退そして滅亡するまでの百年を
町を開拓したブエンディア家を中心に描いた傑作。
チョコレートを飲んで空中浮遊する神父、四年以上も降り続く雨、異常に繁殖する家畜など
非現実的なエピソードと超人的な登場人物たちによって綴られる不思議な神話の様な物語に
自然と引き込まれてしまう。
この百年あまりの物語に誰もが圧倒されてしまうのは、
そこに人間の歴史の全てが凝縮されていると感じるからではないだろうか?
私が本書を読みながら気になったのは、「ノストラダムス」という名前が何度か出てくるところ。
そのノストラダムスの秘法を心得たメルキアデスによって羊皮紙に記された
予言通りにマコンドは滅亡へと向かっていく。
我々の現実世界では、世紀末を乗り越えた現在、
ノストラダムスの予言を信じているものはあまりいないと思うが、
本書が書かれた60〜70年代頃は結構真剣に論じられていた事を思い出させてくれる。

もし出版社に良心があるのなら、いい加減本書を文庫化して
この傑作をもっと多くの人が読めるようにしてあげるべきだと思うのだが・・・
3 コメント 254人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 脱私小説という問題をいつまでも引き続けている日本文学とは対照的に、南米ではこんな物語が生みだされてるのです。あるひとつの村の一家の百年の興亡史ですが、骨太の物語なのに読みやすいのです。この読みやすさは異常だと思われますが、ガルシア・マルケスはおそらく読者の読むスピードを底上げさせるように文章を書いているんでしょう。それは物語の特性を考えてのことだと思います。

 保坂和志は、百年の孤独ほど「小説というのは読んでいるその瞬間にしかその実体がない」ことをわからせてくれる小説はない、と言っています(ただし、家系図なしなら)。カフカの長編小説でもそうですが、怒涛のようなエピソードが壊れたピッチングマシーンから放たれるボールのようにぼんぼん投げこまれてきます。私たちはそれを読み、楽しみ、そして次の瞬間には忘れます。私たちは次のボールをキャッチしなくてはいけないからです。私はこの「忘れる」ということが、この小説のいちばん大事なところではないのかと思います。

 この小説では、とにかく何もかもを忘れていきます。登場人物の名前がほとんど同じですので、誰が誰だか忘れます。誰がどんなことをして、そして死んでいったか、忘れます。私は読み終わったばかりなのですが、もう何が起こったのか忘れています。彼ら一族は小説のなかの世界でも、そして私たちからも忘れられます。
...続きを読む ›
コメント 329人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ボム木偶 投稿日 2008/2/20
形式: 単行本
 ああ、読んでよかった。有名な『百年の孤独』。ノーベル賞が、重い。「世界的名作」という言葉が、重い。そんなわけで、読んだ人々の話を憎らしく思いながら、黙って聞いていたけれど。読み終わった今は言える。この本は、エンターテインメントだ。おまけに世界の秘密に触ったような気にさせる、すごい本だ。

 とはいえ、読み始めはかなりつらかった。

 登場人物の名前が、ややこしい。お父さんのホセ・アルカディオ・ブエンディアの息子が、ホセ・アルカディオ。そのまた息子が、アルカディオ。ホセ・アルカディオ・セグンドとかいう人もいた。こんな具合に、ブエンディアさんのお家は、こちらの都合はおかまいなしに、産まれた子供にどんどんおんなじ名前をつけていく。死んだ人も、普通にその辺をうろうろしているので、ますますわかりづらい。

 時間の経過が、わかりにくい。時系列順に進んでくれない。この物語は、人だったり、出来事だったりを中心とした、エピソードの堆積で出来ている。あるエピソードの途中で、「これはだれだれがなになにをしていた頃のことだ」、とか出てきて、別のエピソードと重なり合うことで積み重なっていく。気がつくと、いつの間にか時間が少しずつ進んでいるのだ。年号とか、基準になるものは全然でてこない。

 ああ、もう! と思っているうちに、
...続きを読む ›
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 1967年の本で、著者はコロンビアの作家である。マコンドという村の誕生と消滅までのブエンディア家の物語。ストーリーはあるものの、小さなエピソードがタペストリのように折り重なる構成で、近親相姦の罪、無知、性、風土病、女の嫉妬、因果・・・のような砂っぽい薄暗さが背景画となっている。男はほとんどアルカディオかアウレリャノという名前で、7世代も続くので「どのアルカディオだっけ」と混乱させられる。
 ホセ・アルカディオとウルスラ夫婦からスタート。ウルスラの祖先とホセ・アルカディオの祖先は何世代も血を交えてきたので、近親者に豚のしっぽのようなものが生えている奇形児が生まれたりもしている。そんなリスクを承知で、ホセ・アルカディオとウルスラは結婚したという経緯がある。この複雑な結婚をからかわれて、ホセ・アルカディオはアギラルという男を決闘で殺し、アギラルの幽霊につきまとわれるようになったため、数名の友人たちとともにアルカディオ夫婦は山越えしてマコンドという村を拓く。ホセ・アルカディオは、ジプシーのメルキアデスがもちこむレンズとか磁石などの利器に魅せられ、発明に熱中するタイプ。ウルスラはいたって真面目。
 ホセ・アルカディオの子のホセ・アルカディオおよびアウレリャノは、どちらも商売女のピラルに子どもを生ませている。ホセ・アルカディオとピラルの子がまたアルカディオ・・・というやや
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック