通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 恵み野書店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※簡易クリーニング済みです。※ゆうメールにて発送いたします。帯なし。中古品のため、多少のキズ・スレ・ヤケなどがある場合がございます。ご了承の上お買い求めください。万が一、出品情報と一致しない場合はメールを送って頂き、返送・商品確認後、返金対応をいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス) コミックス – 2009/12/11

5つ星のうち 4.5 137件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)
  • +
  • 百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)
  • +
  • 百姓貴族 (3) (ウィングス・コミックス)
総額: ¥2,202
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

マンガ家になる前は北海道で七年間、農業に従事していた荒川弘。牛を飼い、野菜を作り、クマに怯え、エゾシマリスに翻弄される―年中無休で働き、切ない想いも多々あるハードなお仕事。「水がなければ牛乳を飲めばいいのに」。なんたって“百姓貴族"ですから!!知られざる農家の実態を描いた、日本初農家エッセイ登場。

内容(「BOOK」データベースより)

マンガ家になる前は北海道で七年間、農業に従事していた荒川弘。牛を飼い、野菜を作り、クマに怯え、エゾシマリスに翻弄される―年中無休で働き、切ない想いも多々あるハードなお仕事。「水がなければ牛乳を飲めばいいのに」。なんたって“百姓貴族”ですから!!知られざる農家の実態を描いた、日本初農家エッセイ登場。


登録情報

  • コミック: 126ページ
  • 出版社: 新書館 (2009/12/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4403670857
  • ISBN-13: 978-4403670855
  • 発売日: 2009/12/11
  • 梱包サイズ: 20.6 x 14.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 137件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
読んでいて、作者の着眼点がいいので、非常に楽しく笑いながら読める漫画で、酪農の苦労をシリアスにならずに知ることができます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
タイトルの通りですが、Kindle版にはカバー裏の内容は収録されていません。荒川弘氏は、カバー裏までみっちり描き込む漫画家です。カバー裏までちゃんと読みたい! という人は、現状では紙の方を買うべきです。

Kindle化の作業を行なっているのがAmazonなのか出版社なのか、はたまた別の業者なのかは知りませんが、電子化するのであれば、紙の本の内容を余さず収録した「フルバージョン」でお願いしたい。この点、☆-1。
1 コメント 104人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
百姓(酪農?)貴族のどういうところが貴族かというと、
自宅の敷地に川が流れている。
家の冷凍庫が和牛でいっぱい。
イモはただで手に入ると思っていて、都会のスーパーでの価格に驚く。
北海道の食糧自給率100%を武器に本土と戦おうとする(笑)
などなど。

貴族とはいえ、北海道農家の子として育つということは幼少期から年中無休で家を手伝うのが当たり前の日々を過ごし、過酷な農業高校の日課をこなして大人になり、すでに平民よりも働いてる。

獣医になるかマンガ家になるかの2択で、マンガ家になることを選択した、というところはやはり貴族?!と思った。
(獣医になるには6年間の学費がかかるから選ばなかったそうだが、、、)
食べ物のために稼がなくてもいいという生活をしているとそういう発想になれるのだろうか。

都会生活しかしたことのない読者には、知らずに身に着けた「思考の偏り」を実感するために役に立つ漫画だ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 毛一鳴 投稿日 2013/1/13
形式: Kindle版 Amazonで購入
了解北海道农业的好漫画,学到不少农业知识,还很搞笑,强烈推荐。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
週間サンデーの銀の匙が休載気味で評判高ですがルーツはここにあります。笑いのヒットポイントはこちらのシリーズの方が高いです。
 鋼の錬金術師でメジャーブレイクする前は北海道で実家の農家を手伝っていたといいます。そこでの出来事はまさににネタの宝庫でありどれもバッチリ面白いです。

農業学校ネタには動物のお医者さん、やもやしもん、という傑作がありますがこちらも充分その資格アリです。
働き者でありながら皆が特殊工作員並の技能と危機対応能力を持つ農家の方々。
小学生の頃からトラクターを見よう見まねで運転し、ヒグマらしき気配を夜道で感じると走馬灯のように浮かぶのは過去の楽しい思い出ではなく熊対策の蘊蓄の数々。( 〃▽〃) 
畑には何故か鮭が何匹も落ちていて牛乳とじゃがいもは買うものじゃないという食生活。( 〃▽〃)

とても素晴らしく、パワフルでサバイバル。
自分には無理だが親戚に一人いたらどんなにか頼りになりリッチな食生活を我が家にもたらしてくれるだろうに。。。とあらぬ妄想を抱いてしまいました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
百姓、この本では酪農家と言った方が適切かもしれませんが、
その生活や仕事ぶりを綴ったエッセイ漫画です。

担当さん=農家以外の人と、百姓=荒川氏の掛け合いを軸に、
農家の実態が赤裸々に、しかも面白おかしく語られています。
ハガレン単行本の巻末4コマなどで発揮されている荒川氏の
ギャグセンスが、1冊まるごと味わえます。

時に、農家の後継者問題や輸入農産物との競争、政府の農業
制度などの重いテーマも織り込まれていますが、悲壮さは
まったく感じられません。
おそらく荒川氏の農家に対する温かいまなざしがそうさせて
いるのではないかと思います。

田舎も農家でしたが「自宅用は有機肥料たっぷりで育てて
出荷するものは農薬たっぷり」とか「そのくせ農薬漬けの
輸入野菜は食べる」とか、激しく同感してしまいました。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
 すごい。読み初めてからずっと笑いっぱなし。
それでいて万人にオススメできる本。

 実家で酪農家をしている荒川弘氏の実家生活をただひたすら
赤裸々にマンガにした本です。農業の楽しさ、厳しさ、大らかさ
を笑いながら学ぶことができます。ただ北海道って規模が全然
違うから、農家の実態としては少し特別だとは思いますが。

『鋼の錬金術師』もそうですが、いろいろ考えさせてくれます。
食料自給率の低下、過剰な農薬投与、後継者不足などの問題を
ちょっとずつ、ぶっちゃけ過ぎるセリフで提起しています。

 この本が面白いのは、他人事だから笑っていられる部分もあれば、
農家への憧れもあったりするんだろうなと思ってしまった。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー