百万円と苦虫女 [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 注)レンタル専用商品でディスクは1枚です。メーカーの承諾を得て販売している正規品です。★ケース交換、クリーニング済み。ジャケット、ディスクに若干のスレがありますが全体的に良好な状態です★レンタル用ラベルなど商品を傷つける恐れがある場合には剥がさずにそのままの形での郵送となります。(ディスクとケースのみの出品です)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

百万円と苦虫女 [DVD]

5つ星のうち 3.7 98件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,935
価格: ¥ 3,926 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,009 (20%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ百万円と苦虫女¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 百万円と苦虫女 [DVD]
  • +
  • 蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ DVD-BOX
総額: ¥13,726
ポイントの合計: 196pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 蒼井優, 森山未來, ピエール瀧, 竹財輝之助, 齋藤隆成
  • 監督: タナダユキ
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2009/01/30
  • 時間: 121 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 98件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001IKYRGE
  • JAN: 4988013706941
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 38,283位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

「百万円貯まったら、この家を出て行きます!」
蒼井優主演、劇場大ヒットで2008年の話題作となった『百万円と苦虫女』が待望のDVDリリース!

■今最も輝いている女優・蒼井優、待望の主演映画がDVDで登場!
『フラガール』『ハチミツとクローバー』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞後、蒼井優が更なる脚光を浴びるきっかけとなった映画『百万円と苦虫女』が待望のDVDで登場!“どこにでもいる女の子”を見事に演じ、同世代・同年代の女性を中心に多くの絶賛を受けた作品となった。
■相手役はバラエティに富んだ共演者たちが一同に揃った!
森山未來(『世界の中心で愛を叫ぶ』)のほか、ピエール瀧、竹財輝之助、そして笹野高史、と映画の世界を膨らませる布陣となった。
■注目の女性監督・タナダユキほか、世界観を作り出すスタッフが結集!
脚本と監督は『月とチェリー』『赤い文化住宅の初子』などを手掛け、『さくらん』の脚本で注目された次世代を代表する女性監督・タナタ゛ユキ。さらにクラムホ゛ンの原田郁子がソロとしてはじめて映画のために主題歌を書下ろし、話題となった。

[内容解説]
鈴子は短大を卒業して就職もできずに、しかたなくアルバイト生活を送っているどこにでもいる女の子。どうにかしてこの生活を変えようと考えている中、ひょんな事件に巻き込まれてしまう。

「百万円貯まったら、この家を出て行きます!」
と家族に宣言し、百万円を貯めるたびに次から次へと引越しをして、1人で生きて行く決心をする。
行く先々の街で様々な人たちと出会い、笑ったり、怒ったり、素敵な恋をしながら、自分だけの生き方を見つけてゆく女の子の旅物語。

[特殊内容/特典]
【本編特典映像】予告編

【初回生産限定特典】
1.特典ディスク
メイキング映像ほか予定
2.蒼井優メッセージ入りミニブックレット(予定)
3.アウターケース入り

[スタッフキャスト]
【スタッフ】
脚本・監督:タナダユキ
主題歌:「やわらかくて きもちいい風」原田郁子(コロムヒ゛アエンタテインメント)


【キャスト】
蒼井優
森山未來
ピエール瀧
竹財輝之助
齋藤隆成

笹野高史
嶋田久作
モロ師岡
石田太郎

キムラ緑子
矢島健一
斎藤歩
堀部圭亮
平岩紙
江口のりこ
悠城早矢
弓削智久

佐々木すみ江

(C)2008「百万円と苦虫女」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

タナダユキ監督、蒼井優主演のオムニバス風ドラマ。短大を卒業後、就職できずにアルバイトで生計を立てる玲子。ある時、警察沙汰を起こしてしまった彼女は、以来バイトに打ち込み、100万円が貯まるたびに住む場所を変えていくのだが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
別に周りに何かをしたわけでもないけど
なにか悪い気がして
どこか恥ずかしくて
自分をさらけ出せないひと

コミニュケーションが下手なわけではないけど
自分の話をするのが下手で
自分が話題になるのが嫌で
自分をさらけ出せないひと

主人公は決して気が弱いわけではない
人と比べるのが嫌なわけでもない
ただ自分らしく生きたいだけなのだ
本当に芯の強いひとでなければこんな生き方はできないに違いない
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
蒼井優のフワフワの夏服やら
線の細さが際立つタンクトップ姿やら
小さくうずくまる入浴シーンに見とれてしまったのが正直なところ。

もとい

いわばどこにでもいる女の子がある事件(もらい事故のような)をきっかけに
ひとりでひっそりと生きていこうとする物語です。

この映画の魅力はドラスティックな描写がほとんどないことです。

バイトして、ご飯をつくって、お金をためて
今の現代にの中で波風たてずに普通に生きているだけです。

そんな普通さ加減がたまりません。

蒼井さんと森山さんがドギマギしながら道を歩いているシーン、
ゆっくり間を持たせてあるのが小憎らしい演出。
こっ恥ずかしくてのたうち回りそうなあの感覚。よいです。

よのなかには
波風を立てようとせず生きたり
出会いや別れがおっくうで、人と接するのが苦手な人って少なからずいると思います。
私もそのひとり。
そんな人ならこの映画を大好きになれると思います。

あと映画のすばらしいところ

弟くんの日常と成長。
(ネタバレになるのでこの表現)

本筋にうまいこと織り込んであり
すてきな終幕へと導いてくれました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
自分は主人公の行動に非常に共感することが多く、作品をとても楽しめました。
今までバイト先や学校等にうまく馴染めてこなかった人には、
主人公に非常に共感できる場面が多いんじゃないかと思っています。
リアリティーを追求したというよりも、
こうだったらどうなるんだろうというIFの世界を映像化した作品だと思ってます。

主人公は、人に深く関わると厄介なことが出てくるのでどんどん転居していくんですが、
人間が持つ面倒くささに巻き込まれ、厄介な事態に直面し戸惑います。
そんな主人公に感情移入していたらあっというまに映画が終わってしまいました。
そこまで悪くないんだけど悪者になってしまう主人公や、
それに立ち向かう蒼井優のたくしましい主人公像が自分にはとてもツボでした。
あまり女の子らしい女の子じゃなく、不器用なんだけど素直なヒロイン像にとてもとても好感を持てました。

世の中にうまく馴染めない人や、
居場所作りが苦手な人が見ると非常に共感できる作品だと思います。
自分は年に一回くらい見直したいくらいツボな作品でした。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hide-bon トップ1000レビュアー 投稿日 2008/10/20
形式: DVD Amazonで購入
蒼井優の魅力ってなんだろう。
さらさらした透明感、ほんわかした温かさ、のほほんとした脱力感、うちに秘めた芯の強さ、うなじの美しさとほくろが素敵な日本的美人、ナチュラルな存在感、、、。それらの資質は私だけでなく、恐らく多くの人が感じている事だと思う。そして、意外にも3年ぶりの主演作は、正に金太郎飴の如く、そんな彼女の魅力が詰まった作品になっている。
今作の主人公は、おとなしく、引っ込み思案で、友達もいない。これと言った特技も趣味もなく、“自分探し”と言われても、そんなの見つけたくないし、結局どの道自分は現実を生きていると感じている。その自信なさげで取り合えず百万円お金を貯めるとの目標以外、無為で淡々とした日常を過ごしている印象の不器用な女性なのだが、蒼井優が演じると、その仕草、表情、言い回し等が相変わらずの自然体で、それでいて、そのキャラクターが映画の中で脈々と生きているような感覚を覚える。彼女の場合、どの役柄を振られても、まず毅然として「蒼井優」が存在する。これはモチロン誉め言葉であって、演技派多いと言えども、こんな女優さんは滅多にいない。
そんな彼女のきらめく才能を味わいながら、この生き方下手な女の子の成長の過程を、可笑しさと切なさを以って描いたファニーな逸品。結構へビィなお話なんだけど、なかなかどうして癒されるし、監督のタナダユキの才気も際立ってます。
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー