白鯨との闘い [Blu-ray] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,182
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

白鯨との闘い [Blu-ray]

5つ星のうち 3.6 7件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 1,180 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,391 (54%)
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、インフィールドが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 1,100より 中古品の出品:3¥ 1,062より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 白鯨との闘い [Blu-ray]
  • +
  • オデッセイ [Blu-ray]
総額: ¥2,571
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: クリス・ヘムズワース, ベンジャミン・ウォーカー, キリアン・マーフィー, ベン・ウィショー, トム・ホランド
  • 監督: ロン・ハワード
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • 発売日 2016/11/16
  • 時間: 122 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01LYQ7Q4R
  • JAN: 4548967304442
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 22,375位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

名著『白鯨』の、隠され続けてきた衝撃の実話。
伝説の白鯨との死闘。
生き延びる為に、男たちが下した"究極の決断"とはー

1820年の冬、ニューイングランドの捕鯨船エセックス号を襲ったのは、誰もが目を疑う、信じがたいものだった。
その正体とは、人間のような復讐心を全身にみなぎらせた、とてつもなく巨大な一頭の鯨だったのだ。

実際に起こったこの海難事故に触発されて、ハーマン・メルヴィルは傑作『白鯨』を書き上げたが、
メルヴィルの小説は物語の半分を述べているに過ぎない。

難破した乗組員が嵐や飢餓や絶望と闘い、生き延びるため、およそ考えられない行動まで取らざるを得なくなる、その壮絶な後日譚を見届けよ。

ナサニエル・フィルブリックのベストセラーを原作に、ロン・ハワード監督が驚嘆すべき実話を映画化。
主役のクリス・ヘムズワースが船のベテラン一等航海士、ベンジャミン・ウォーカーが経験の乏しい船長を演じる。


※パッケージデザインは変更になる場合がございます。

内容(「Oricon」データベースより)

名著「白鯨」に隠された衝撃の真実を描き全世界を震撼させた、ナサニエル・フィルブリック著のベストセラーを原作に、生き残りをかけ極限の環境に挑む男たちの姿を描くサバイバル・アクション。「アベンジャーズ」シリーズの俳優クリス・ヘムズワースが、死と隣り合わせの状況にあってなお諦めず、生き延びるために仲間を率い、守り、巨大な白鯨と闘った勇敢な一等航海士を熱演。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
良い映画。生き物は壮大で迫力あります!観てない方はぜひ見てみてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
メルヴィルの「白鯨」の映画化か!
グレゴリーペックのリメイクか!
などと巨大な期待を込めていたのですが・・・
どちらかというとサバイバルムービーでした。
海上漂流記です。
生き残るためには・・・
この辺りは別に目新しいわけではありません。
いまさら・・・
実話を題材にとしてありますが・・・
こーゆーサバイバルって、結構描かれてきています。
だから、なんでそこに話をもってっちゃったのかな?
劇中、白鯨を悪魔のように言いますが、それほどでも・・・
まず、何か巨大感が・・・ない。
船を無簡単に沈めるくらいの巨体と凶暴性が・・・意外と・・・ない。
ふつうに暴れて、その結果船が沈んで・・・この"悲惨なサバイバル"の
原因くらいの扱いなので消化不良感バリバリです。
なんかなぁ~、もったいないなぁ~
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazonカスタマー トップ500レビュアー 投稿日 2017/3/30
形式: Blu-ray
狂った何かはピークォド号の脇腹に衝突した。エイハブはスターバックに声をあげようとしたが、なだれ込む海水に頭をおさえられ、過呼吸に陥っていた。それは深く潜って鼻づらを動かし、再びこちらに突進してきた。真下から突き上げた巨大な背中がまたしても船体に激突し、甲板は音を立てて裂けた。
乗組員たちは海中に投げ出された。

こんな感じの命を懸けた闘い。お互いに退くことができない。人と怪物の映画です。

闘いの泥沼に幸福を感じることができれば本物。ただし、現代社会にはそぐわない。生きる事に不向きな人間である。
知っておいたほうがいい。
幸せになりたければ。
争いはひと時の興奮を与えるが、結果的に必ず人を不幸にする。
歪にするのだ。
そして笑顔は不気味に、ナルシズムとエゴの集合体がその身を冒し、ボロボロにする。

しかし、我々は嫌でも闘わなければならない。
不当な差別と争いがフェアな価値観と自由に変わるまで。
子どもたちの未来は、そんな大人たちだけに作られたものじゃないと、彼らに幅の広い選択肢を残しておかなければならない。

私は、差別と迫害に晒されている者たちを見殺しにはしない。
それが日本人の魂だからだ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
公開当時は捕鯨問題で揺れていた時期だったが、長い時間をかけて本作に挑んだロン・ハワードに敬意を表したい。
個人的には中々の力作。あの精悍な漢たちをげっそりするほど追い込み練り上げたのだから!

映画は冒頭の海中を突き進む主、男がある宿に訪ねてくるシーンから始まり回想形式で過去の“闘い”について語っていく。
窓の外で手紙を見せ、小説の創作ヒントを求めて瞳を輝かせる若き作家、過去を封印する老人、扉の外でそれを見守る長年連れ添ったであろう妻。

男たちを海に誘う未知への恐怖と冒険への好奇心、生活を支える脂や肉、名声。野望を抱く男たちの船出は、死にゆく者を送り出すような人々の喪服と鎮魂歌で包まれる。

序盤の冒険へのワクワク感。ヒヨッ子船長に船乗りの身のこなしをアピールする対抗意識、船酔いの荒療治、張り合おうと嵐に突っ込む無謀さ、ベテランと新米の対立、船上で人種や身分を超えて海を生きる者たちの競争・意気投合、銛を打ち込んで海を駆けるような狩り。
経験者は語り、未体験への好奇心が海の男たちを狂わせ、復讐者と冒険者たちを引き合わせる。

勇ましいハンティングの後に描かれる血肉の生々しさが、息をしている者の横に転がる変わり果てた無言の船員が、仲間同士で喰らい合った地獄を容易に想像させる。
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告