この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

白骨の語り部―作家六波羅一輝の推理 (C・NOVELS) 新書 – 2006/3

5つ星のうち 3.0 9件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
文庫
¥ 15,620 ¥ 1
新書, 2006/3
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

死後一年が経過した女性の白骨死体が発見された。だが、昨日、彼女は生きていた!? 民話の郷・遠野の旧家を舞台に忌まわしき惨劇が……。作家探偵・六波羅一輝が謎に挑む! 長篇書下し推理。

内容(「BOOK」データベースより)

作家・六波羅一輝は大ヒットしたデビュー作以降、小説が書けないでいた。ようやく、柳田国男の『遠野物語』で有名な、岩手県の遠野に伝わる民話に新作推理小説の着想を得た彼は、新米女性編集者・北村みなみとともに取材に向かった。しかし、遠野で待ち受けていたのは―女性の白骨死体。警察に知らせようと焦る一輝とみなみだが、山中で迷ってしまう。偶然、猿村という山村に辿り着き、大きな屋敷に飛び込んだ二人だが、住人たちも娘が帰らないと心配しているところだった。そして、警察の捜査により白骨死体の身元が特定された。それは屋敷に住む、謎めいた昆家四姉妹の次女・有希子。だが、有希子が失踪したのは数日前で、白骨は死後一年は経過している…。被害者は本当に彼女なのか!?白骨が語る、呪われた旧家・昆家と惨劇の真相とは。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 269ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2006/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4125009341
  • ISBN-13: 978-4125009346
  • 発売日: 2006/03
  • 梱包サイズ: 16.8 x 11 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,863,490位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2013年12月24日
形式: 文庫|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2006年4月15日
形式: 新書|Amazonで購入
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2007年5月22日
形式: 新書
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2008年12月7日
形式: 新書
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年1月30日
形式: Kindle版
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年3月30日
形式: 新書
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年4月15日
形式: 新書
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2006年4月3日
形式: 新書
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。日立 インパクトドライバー