中古品
¥1,951
& 配送料無料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 書心堂
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 2013年9月25日第1刷発行。帯ありません。確認した限りでは書き込みやページ折れなどなく全体的に良好な状態です。緩衝材で梱包して千葉県より発送します。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

白酒ひとり壺中の天 火焔太鼓に夢見酒 (落語ファン倶楽部新書009) (日本語) 新書 – 2013/9/25

5つ星のうち3.7 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書, 2013/9/25
¥1,951
¥12,385 ¥1,601
お届け日: 8月10日 - 13日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

のん気の達人、白酒は甲子園を目指す野球少年だった!何かの運命なのか、早稲田大学ではたまたま落研に入り、学生時代を気ままに過ごしすぎた結果、除籍。しかし師匠雲助と出会い、落語家になった。四十五歳の節目に初めての書籍にその半生を綴る。鹿児島での幼少期、いまの白酒を作る音楽や映画との出会い、さらに今や古今亭の大きな看板となった桃月庵白酒が「古今亭の愉しみ方 この師匠のこの噺」と題してめいっぱいのネタ論を披露!

著者について

桃月庵白酒(とうげつあん・はくしゅ)
本名:愛甲尚人 1968年、鹿児島県肝属郡南大隅町生まれ。鹿児島市立城西中学校、鹿
児島県立鶴丸高等学校を経て、
早稲田大学社会科学部入学。4年で除籍し、1992年、五街道雲助に入門。前座名「五街
道はたご」。
95年、二ツ目昇進、「五街道喜助」に改名。2005年、真打昇進、「三代目桃月庵白酒」
を襲名。
11年、平成22年度、国立演芸場花形演芸大賞大賞受賞。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
星5つ中の3.7
評価の数 5
星5つ
33%
星4つ
33%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
33%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2013年10月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年9月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年12月22日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年12月16日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年12月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入