数量:1
白虎隊 [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: シュリンクラップ包装欠落、ボーナスオンラインコンテンツのアクティベーションコードが欠落または期限切れ. Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

白虎隊 [DVD]

5つ星のうち 4.9 72件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 5,012 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,468 (23%)
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 5,012より 中古品の出品:4¥ 4,243より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 白虎隊 [DVD]
  • +
  • 田原坂 [DVD]
  • +
  • 忠臣蔵 [DVD]
総額: ¥16,446
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 森繁久彌, 里見浩太朗, 風間杜夫
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2000/12/06
  • 時間: 288 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 72件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HP9S
  • EAN: 4988021111621
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 22,140位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

1986年に日本テレビ系で放映された時代劇スペシャル。森繁久彌、里美浩太郎、風間杜夫、国広富之、近藤正臣ほか出演。

レビュー

日本テレビ系で放映され好評を得た‘時代劇スペシャル’をDVD化。幕府への忠誠を誓いながら滅び去った若き武士たち「白虎隊」の雄姿と壮絶な運命を描く。
-- 内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

監督: 斎藤武市
脚本: 杉山義法
出演: 森繁久彌/里見浩太朗/風間杜夫/国広富之/近藤正臣
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 もう2度と見ることができないかと思っていた「白虎隊」をDVDで見ることができるとは、こんなにうれしいことはありません。これがテレビで放送されたとき私は中学3年生。ビデオ録画し、何十回も繰り返し見たものです。
 官軍だったはずの会津藩がいつのまにか賊軍と呼ばれるようになっていく様子が、数々の人間ドラマとともに感動的に描かれています。
 特に印象的なのが国広富之演じる神保修理の最期。「誰をも恨むな!」と言い残して自害する修理、後を追おうとする修理の妻・雪子(池上季美子)、それを止める雪子の父・井上丘隅(森繁久彌)、塀の外には「許せ・・」の言葉とともに嗚咽する修理の父親・神保内蔵助(丹波哲郎)の姿、そしてバックには堀内孝雄の「愛しき日々」が流れるなど、これでもかというくらい心に訴えかけてきます。まさに感動の名場面といえるでしょう。
 ほかにも、「白虎隊」には名場面、名セリフが随所にちりばめられています。
 「見てやるぞ・・薩長の連中がどんな国を作るのか、どんな世の中作るのか、じっくりと見てやるぞ・・」と声を絞り出しながら壮絶な自刃を遂げる萱野権兵衛(西田敏行)、「いいなあ、俺たちの国は」、「こんな美しい国を薩長の連中に荒らされてたまるか」、そして飯盛山での集団自決の断末魔の中での「今度生まれてくるときも、また会津で会おうな」などの泣ける白虎隊士の
...続きを読む ›
コメント 173人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
とっても懐かしい白虎隊。これは何度見ても感動します。
当時小学生だった私も、感動しました。その後、機を得るに連れ、
10回近く見たような気がします。本編は長いのですが、会津の
白虎隊に主眼を置きながらも、新撰組や幕末の京都を駆け抜けた
命を描いたりしているので、非常に全編にわたり長さよりも充実
を感じることが出来ます。

この頃の年末時代劇はどれも良い作品だったな。
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 弘衛門 投稿日 2009/12/27
もう23年前の作品であるにもかかわらず、今でも観るたびに新たな感動をおぼえる。
幕末史における会津藩の悲劇を会津側の立場でここまで描き切った作品は、自分の記憶にある限り映画・TVを併せてもこれぐらいでは?(少なくとも会津の視点に立って幕末を描いたのは、'80年のNHK大河ドラマ「獅子の時代」の前半ぐらいだと思う)
ところどころデフォルメされている部分はあるものの(八月十八日の政変以前に、壬生浪士組が新選組を名乗っている・慶応4年8月23日の西軍会津城下侵入の当日に自刃した井上丘隅が、開城後まで生き残っている…etc)全体として会津の悲劇を史実に忠実にたどっており、ストーリー性を高めるため随所に盛り込まれた演出も嫌味にならず、前後編約5時間弱を一気に観せてしまう。
出演者もまさにオールスターキャストと言っていい豪華な顔ぶれ。個人的には、国広富之と池上希実子演じる神保修理・雪子夫妻がツボ。二人がたどった悲劇の運命を臨場感たっぷりに演じており、胸に迫るものがある。
井上丘隅を熱演された森繁久彌さんも、今年ついに逝ってしまわれた。ぜひDVDで永久保存したい作品。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 木野誠 投稿日 2013/12/27
Amazonで購入
忠臣蔵に続いて涙が枯れるまで泣いた作品です。
後編よりも前編のほうが話が泣ける。神保修理も
そうですが、神保内蔵助の「修理、許せ!」が今も
心に残っています。
そういえば萱野権兵衛を演じた西田さんは
八重の桜で西郷頼母を演じてますね。

昨今の年末番組は、芸人がわめきあう下らない
バラエティばかり。日本はどうしてしまったんでしょうか。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 from edo 投稿日 2009/4/24
 このドラマを初めてみたのは小学校6年生の頃。某メーカーから出ていた維新ゲームを松平容保で繰り返しプレイしていた自分にはたまらないドラマでした。

 藩祖保科正之公の残した家訓に従い,時代の流れに逆らっていることを知りつつ,尊皇の志篤きため,そして何より本家たる徳川家への忠節のため京都守護を勤めて都の治安をあずかり,孝明天皇から御宸翰を賜るなど絶大な信頼を受けていた会津藩。その会津藩が数年後,徳川への忠節を尽くす旗手であったがため,不本意にも「賊軍」の汚名をきせられ,悲劇の戦いに突入していき,負ける。その様子がほぼ史実に従った形で丁寧に描かれています(若干史実と異なるところはありますが,それはドラマなので・・・)。
 公武一和を願ったもののかなわず,本来なら矛盾するはずのなかった尊皇の思いと徳川への忠節,その二つの思いの間に立って苦しむ会津藩の苦悩がよく理解できるドラマです。

 おそらくこれを超える会津戦争をあつかったドラマは今後作られることはないでしょう。それくらい名作です。幕末に少しでも興味を持っている方には是非ごらんになっていただきたいです。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック