通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
白組読本 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 bookunion 新宿
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 若干の使用感がございますが、目立った破れ等無く、中古品として概ね良好な状態です。丁寧に梱包して発送いたします。 商品は店頭に出ていない場合がありますので、店頭にいらっしゃる場合は事前にお問い合わせください。1kg以下の商品はゆうメールでの発送となります。お急ぎの方は別途ご連絡お願い申し上げます。 6065SC3
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

白組読本 単行本 – 2016/11/11

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/11/11
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 1,800

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『ALWAYS 三丁目の夕日』『永遠の0』『STAND BY ME ドラえもん』そして『海賊とよばれた男』― 創立40年を越えた株式会社白組。手描きのアニメーションから発し、CMを制作し、VFXのスタジオでありながら映画を撮り、ついにIPビジネスに挑戦するまでに成長してきた。その島村社長をはじめとする白組スタッフ7名と外部プロデューサー3名〈阿部秀司(前・ROBOT代表取締役)、沢辺伸政(小学館)、川村元気(東宝)〉へのインタビューを中心に、白組の創作の秘密に迫る。山崎貴、岩本晶、八木竜一といった人気映画監督に通底する島村イズムとはなにか。ヒット作品の背景を語る。日本の映像業界を牽引する、トップ映像制作集団の全貌!

内容(「BOOK」データベースより)

『ALWAYS三丁目の夕日』『永遠の0』『STAND BY ME ドラえもん』そして『海賊とよばれた男』―日本の映像業界を牽引する、トップ映像制作集団の全貌が明らかに!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 370ページ
  • 出版社: 風塵社; A5版 (2016/11/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4776300680
  • ISBN-13: 978-4776300687
  • 発売日: 2016/11/11
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 262,716位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

白組はよく、社長の島村社長が東映動画1期生という事を聞きますが、CM課に異動になってから、一年でCMアニメーションの革命児になったとかすごすぎました。その後、会社は発展して、山崎貴監督作品がヒットし、今ではクオリティが高い作品のほとんどを手掛けているというイメージです。会社自体のカテゴリーをアニメ制作会社なのか、CMや実験映像のプロダクションなのか、それとも実写映画の制作会社なのか、よくわからないところがあって、今回拝読しました。

結論を言うとやっぱりよくわかりませんでした。白組の中心人物たちは専門学校を卒業したりしたあとに会社に入り、クライアントや制作現場の困難さに対処しつつも大成していく、いける環境が白組なんだろうなと感じましたし、今は大きくなってしまったが故のセクト主義も多少は感じられるそうです。最初はみんな素人だったんだなあと感じましたし、包み隠さないところがまたいいなあと感じました。

現在は映像制作を志す人が減っているみたいな話がインタビューの中でありました。僕としてはよくわからないのですが、そういう希少な映像制作を志す人には読んでほしいと思いました。みんな危機に直面しながら、楽しく仕事をしたりコミュニケーションしたんだなあとわかるからです。

個人的にはスーパーバイザーの月岡さんや第四制作部部長の小森さんの
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告