通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
白米中毒 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

白米中毒 単行本 – 2013/1/24

5つ星のうち 3.5 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 205

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 白米中毒
  • +
  • 「いつものパン」があなたを殺す: 脳を一生、老化させない食事 (単行本)
  • +
  • 小麦は食べるな!
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 134pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

元気に長生きしたかったら、白いご飯を食べるのを、今すぐやめなさい!
白米が健康に悪い理由を科学的に解説します。
アンチエイジングの第一人者が崩食の時代に警鐘を鳴らす!
現代日本人の心身を蝕むマイルドドラッグ「白米」「砂糖」の恐怖。
脱白米で健康長寿を実現する究極のアンチエイジング食事法「白澤式・ケトン食事法」がゼロからわかる。


第1章 「白米」と日本人
風土が食べ物をつくり、食べ物が民族をつくった
日本人が稲作を選んだわけ
お米といってもいろいろな種類がある
日本人が大好きなお米「コシヒカリ」
精米された白米による中毒症状「江戸患い」

第2章 マイルドドラッグ「白米」の恐怖
「ハードドラッグ」と「ソフトドラッグ」
見えない恐怖! マイルドドラッグ
報酬系の強烈な快感が依存をつくる
精製度の高いものほど強い中毒に!
脳を破壊する白砂糖
病気と老化を早める「中毒」
日本人はみんな「白米中毒」
「低血糖症」の恐怖
砂糖中毒のエビデンス
「白米原理主義」というビジネスモデル

第3章 「白米中毒」からの脱出
欧米では主食の位置づけが日本とは異なる
「フレンチ・パラドックス」と赤ワインの効用
アルコール摂取の弊害
各国の食文化と主食
海外の食事情と長寿の関係
まずは食卓から白米を抜く
米を否定するのではない。白米がいけない!
過剰なカロリーに対して栄養素は不足

第4章 「脱白米食」の食生活とレシピ
調味料は塩・しょう油を塩麹・しょう油麹に替える
最強の主食は「雑穀+玄米」
主食は野菜
野菜の食べかた
お勧めの野菜料理
栄養素密度の高いものでアンチエイジング効果をねらえ
微量栄養素÷カロリー=栄養素密度
野菜・果物の色のパワーに注目

第5章 運動しなくてもやせる「ケトン体回路」
ケトン体回路とは何か
人類はケトン体サイクルを使ってエネルギーを得てきた
「白澤式ケトン食事法」のルーツは「アトキンス・ダイエット」
ケトン体は悪者ではない
モニター実験で明らかになったケトン食事法の効果
朝は3~4種類の野菜からつくる自家製ジュース1杯だけ
空腹に耐えられない人は糖新生が起こりにくい

第6章 外食でもできるケトン食事法(2週間コース)
外食でもできるケトン食事法
ケトン指数
GI値の低い食べ物を選ぶ
食べるのをやめたいNG食品7種
糖尿病の原因は脂肪ではなく炭水化物
肉類の摂取により日本人の寿命がのびた

内容(「BOOK」データベースより)

アンチエイジングの第一人者が崩食の時代に警鐘を鳴らす。現代日本人の心身を蝕むマイルドドラッグ「白米」「砂糖」の恐怖。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 200ページ
  • 出版社: アスペクト (2013/1/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757221827
  • ISBN-13: 978-4757221826
  • 発売日: 2013/1/24
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 141,437位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
自家製野菜ジュースづくりがかなりハードル高いかな?
白米の中毒性についてはよくわかったが、栄養があるからと言って玄米を勧めるのはなぜだろう?おなじコメの仲間じゃないか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
良い本、未来志向の提案なのですが、
一般人の買物はこだわりのある方を除くと、
大手業者が提供する食材のマーケットベースなので、
代替案の食材が同じくらいのコスト・入手しやすさで
実現できた時に、この方の評価は一気に高まるのでは。

出版数が多すぎますので糖質関係のバイブルとも言える
内容で収めて頂けると有難いです。
(内容はムック本1~2冊で足りると思われます)

あるTVで玄米がカラダにイイという話になって、
誰でも知っている料理自慢の有名人が、
「でもやっぱり銀シャリ(白米)の方が旨い」とわざわざコメントしてました。
それほど旨い白米というのは破壊力があります。

玄米のメリットとしては、食物繊維が一緒に摂取できるのと、微量栄養素
食後のぐったり感(体調にもよる)が変わることが大きい。
消化力の弱った人にはどうか?という課題への答えはまだまだ少ないです。

私は少しお金がかかりますが、コメを主食とする方は家庭用の精米機を導入してはどうでしょう?
という提案です。
コメも精製したものを保管するのでは酸化するという話ですので、
できるだけ炊く直前に精米する(時間のな
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本を読んでから、お米を、食べられなくなりました。
20キロ、やせました。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
別の本で「砂糖は体にとって不要であるばかりか良くない。白米もパンも麺も良くない」ということを読んで驚き、白米の害について書かれた本書を買った。

精米すると栄養の詰まった杯を捨ててしまうので栄養がなくなるのはさすがに知っていたが、米の糖分が砂糖と同じように低血糖症や中毒を引き起こす、というのは意外だった。
普段から食品添加物については気にしているが、主食についてはあまり考えたことがなかったので参考になる情報が多かった。
ただ、読み進めると、後半は甘いものと白米の食べ過ぎで肥満になっている人のダイエット方法の話になっており、肥満でない人間にはあまり関係のない話なのかと、読む気が失せてしまった。太っていなければ白米を食べていても問題はないのでは、と読めてしまう。全ての人にとって白米は良くない、という結論を予想していたので、後半部分は拍子抜けだった。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
自分も中毒であることを改めて感じます。所詮うまいものは中毒です。
ただ、心の満足もそこから得られることを忘れてはいけません。
食べたいものも食べずに死んでいくのは嫌ですからね。
教授と特任教授は区別して表記してほしいなあ。大学のHPに名前を見つけるのに時間がかかりました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
40代に入ってから、
体重がいとも簡単に増えるわりには落とすのに苦労してきている。

油っぽいものやスイーツをバカ食いしているわけでもないのに、
なぜなんだろう?とずっと思ってきたが、
わたしが炭水化物、特に、ご飯やパスタに目がないのが原因なのでは?
それが体内で糖分に変わり、肥満の原因になるのでは?と思い、
ネットで調べていたところ本書を見つけた。

ご飯やパスタをたくさん食べてもすぐお腹がすいてしまって、
さほど時間がたたないうちにまた食べたくなる理由が、
白米、精白小麦粉(パスタ)、白砂糖が持つ依存性によるものであること、
ご飯やパスタをたくさん食べても、
身体がだるくなるだけでパワーが出ない理由も、
過剰なカロリーに対して栄養素が不足しているからであることなどなど、
ああ、やっぱり、と思うことだらけだった。

本書で著者は「白米がいけないのであって米自体を否定しているのではない」
というスタンスをとっている。

そして、「雑穀+玄米が最強の主食である」とも。

今年の初めから、玄米+雑穀(麺の場合は十割蕎麦)+野菜・果物+魚という食事内容を徹底しており、
...続きを読む ›
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー