中古品:
¥ 2,400
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 希望社
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですが概ね良好です。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

白痴 [DVD]

5つ星のうち 3.6 8件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 3,784より 中古品の出品:11¥ 1,450より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 浅野忠信, 甲田益也子, 橋本麗香, 草刈正雄, 藤村俊二
  • 監督: 手塚眞
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2001/08/25
  • 時間: 146 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 8件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005MI7C
  • JAN: 4934569609663
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 74,162位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   マスメディアに務める青年・伊沢(浅野忠信)が、白痴と称されながら隣に住む女性サヨ(甲田麻也子)といつしか心を通わせていく。坂口安吾の同名小説を、ヴィジュアリストの手塚眞が特撮とCGを駆使して映画化。伊沢の住む家屋やその近辺は戦時中の雰囲気で、一方マスメディア(TV局)のセットはサイケな未来タッチと、あたかも舞台をパラレルワールドとして捉え、やがて訪れる世界の終末を、製作当時の世紀末日本の思想とも重ね合わせていくという、実験的手法が至るところにみられる意欲作でもある。クライマックスの空襲に始まる崩壊スペクタクル・シーンは圧巻。また、その後の展開はどことなく『新世紀エヴァンゲリオン』風? ヴェネツィア映画祭ではデジタルアワードを受賞している。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

坂口安吾原作の名作小説を、手塚眞監督、浅野忠信主演で見事に映画化した、戦争下の日本を舞台にした傑作人間ドラマ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

う〜ん懐かしいなて感じ。好き嫌いがはっきり別れるが僕は街が燃えるラストシーンで終わる方が良かったかな?再編収録して新たにCGシーンを取り直したいかな〜十年前の映画だからこの当時にしては素晴らしい映像作品でしたよ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ビジュアリストを名乗るだけあって、セットや大道具・小道具に見せる手塚眞監督のこだわりはさすがにすごい! この人のホラービデオは怖かったものなぁ。これらも近日DVDになるようなので、結構結構。
さて、戦中になんでTVとカラー放送があるのかというシュールな設定は措いといて、アイドル銀河(橋本麗香)とプロデューサー(原田芳雄)はキレてました。甲田益也子さんのサヨは嵌りすぎ。俳優陣の演技は言うことなしです(TV局の重役役で出ているのは筒井康隆?)。ただ一点、天地真理が気持ち悪かったので(個人的な好みです)、惜しいなぁ、1ランクダウン。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
一言で言えば、手塚眞監督らしい商業的実験映画。

戦争下の日本が舞台だが、暗くて古臭いだけの世界観だけでなく、アイドル銀河(橋本麗香)といったアイドル(シンボル)を大胆に放りこんで来る“レトロフューチャー”な感覚が面白い。阿片でなく、カプセルドラッグなところなど、AKIRAと通ずる世界観。しかし、基本的な物語は小泉八雲の作品に通じた日本の幽霊文学的な内容で、石と人間の違い、それは顔があるかないかだけなどといったつげ義春めいた哲学や、マスメディアに務める青年・伊沢(浅野忠信)のたどたどしいモノローグや文豪めいた観察力と何度も犯す自殺未遂など文学的な装いも忘れていない。白痴の女性サヨ(甲田麻也子)と心を通わせていきながらも、神々しいラストの展開や奇面組の禁断の夢落ちにを用いるなど、様々なミクスカルチャーっぷりが面白い。しかし、ドラマとしての物語が胸に残る感じはなく、どちらかというと派手な演出や実験的な映像の要素が前面に出ているので、そこで本作品に対する評価の見解が変わってくると思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これまた、だる系の作品。いや、こういう雰囲気、空気感、好きなんです。でも、もうちょっとだけエンタメよりに針を振って欲しい。おまけですが、パーティのシーンには隠れキャラ的に超有名人多数出演です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す