この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

白熱 特別版 [DVD]

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,218
価格: ¥ 2,874 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 344 (11%)
通常7~8日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 2,874より 中古品の出品:5¥ 1,944より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 白熱 特別版 [DVD]
  • +
  • 彼奴は顔役だ! 特別版 [DVD]
総額: ¥5,544
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジェームズ・キャグニー, ヴァージニア・メイヨ, スティーヴ・コクラン, エドモンド・オブライエン
  • 監督: ラオール・ウォルシュ
  • 形式: Black & White, Dolby
  • 言語: 英語, ポルトガル語
  • 字幕: 英語, 日本語, ポルトガル語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2005/02/04
  • 時間: 114 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0006OR3PU
  • JAN: 4988135551894
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 80,820位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   悪事なら何でもござれの偏執的かつマザコンの凶悪犯罪者コディ(ジェームズ・キャグニー)。警察はハンク(エドモンド・オブライエン)をスパイとして彼に接近させていく。一方コディの妻ヴェルナ(ヴァージニア・メイヨ)は手下のエド(スティーヴ・コクラン)と通じて夫を亡き者にしようと図るが…。
   ギャングスターとしての名声をも持つ名優J・キャグニーの戦後を代表するピカレスク映画の大傑作。ここで彼は映画史上に残る極上のワルを嬉々として演じきっており、その非情さ壮絶さは暴力描写がまかり通る現代の映画でもお目にかかれないほど。名匠ラオール・ウォルシュ監督の演出はシンプルで力強く、過剰なお仕着せもない。現代のバイオレンス映画がもっとも回帰すべき点を如実に示す名作としても必見である。(増當竜也)

内容(「Oricon」データベースより)

名優ジェームズ・キャグニーの狂気的な演技が光る傑作バイオレンス・ムービー。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 とうとう出ました。ワーナーの財産、1930~40年代の犯罪アクション映画群。中でも凄いですよこの映画は。ギャング映画の傑作は幾多ありますが、その中でも選りすぐりの一品です。スピーディーでキレのある展開。完全にぶち切れているJ.キャグニーのピカレスクな魅力(改悛の「か」の字も見せずに疾走し続けて華々しく散っていくのが痛快!)。さりげなくもリアルな裏社会の手練手管。モノクロであることを全く感じさせない見事な画面構成…。とてもじゃないけれど現代の凡百ギャング映画が逆立ちしてもかなわない大傑作が1949年に既に出来ていたのです。この時代にこんな先進的な材料を使っていたのか、という驚嘆の連発請け合いです。
 徹頭徹尾バイオレンスを体現しているコーディーがトラウマからくる病気を持っている(J.キャグニーが「バーカー一家のイカレ息子みたいにした方が良い」と提案してこのキャラが出来たというのは有名です)のも凄い設定ですが、彼の母がギャングとしての貫禄・知謀・経験どれをとっても満点だというのにもしびれます。最近亡くなったV.メイヨ演じる妻は見事な「性悪」でかえって清々しいですが、面白いことにいがみ合っていた母親を騙し討ちで殺した後、一転してコーディーへ本当の愛情を示していたりするのです。単なるB級アクションではありません。目立たないけれど人物造形が深いのです。コーディーがおとり捜査員と知
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
'49年、ジェームズ・キャグニー50歳の頃の作品。若い頃から、ギャング役の多かったキャグニーの集大成ともいえる役だが、ラオール・ウォルシュ監督の代表作ともいえる。巻頭の列車強盗からテンポが良く、一気に見終わってしまう。論理的な視点から見れば穴はたくさんありそうだが、まったくそれを感じさせないのは、やはり監督の手腕だろう。キャグニーのマザコンで精神に異常を秘めた残忍性のある男。このキャラクターが最高!ボガートが「黄金」で演じた男も似たようなタイプだが、キャグニーにはどこか愛嬌があり憎めない。ヴァージニア・メイヨはこういう情婦役はぴったりだし、潜入捜査官役の太る前の若きエドモンド・オブライエンが苦みばしっていて、素晴らしくかっこいい。画質も非常に良く、フィルム・ノワールの金字塔として、見てない人は絶対に見てほしい逸品です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 実は今年観た映画の中でも1,2を争う程面白かった作品。
 私は1930年代のギャング物は殆ど観ておらず、60-70年代のギャング物の一番傑作はその身も蓋も無さを含めてアルドリッチ監督「傷だらけの挽歌(グリッソム・ギャング)」だと思っておりましたが、本作を観て、その骨子、「マザコンの変質者のギャングとその恐ろしい母親」の多くをここからヒントを得ている事を初めて知りました。
 ここでは家業としての悪事に親子共々邁進し、揺るぎなさを見せる恐るべきギャング一家が痛快さを持って描かれており驚愕致しました。
 多くの方々が絶賛するジェームズ・キャグニー扮するマザコンかつ進行性の脳疾患を持った「コディ」と、その母親「マー(マーガレット・ウィンチェリー)」は映画史に残る傑作キャラクターだと改めて痛感致しました。
 キューブリックが、マルコム・マグダウェルが、R.W.ファスビンダーが絶賛するのも大いに納得です。
 潜入捜査にはピッタリの茫洋とした風貌の名優エドモンド・オブライエン、こちらも清々しい程、男を裏切るのが天性の様なヴァージニア・メイヨもお見事でした。
無線電話と電波探知機を駆使した警察の捜査も、コディ一派が化学工場へ忍び込む際の策も非常に映画的でした。
 それにしてもひょっとすると「博士の異常な愛情」や「Dead o
...続きを読む ›
5 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ジェームズ・キャグニーのワイルドでクレイジーなアウトローぶりを堪能できるギャング映画の傑作。ヴァージニア・ケロッグのストーリーを基にして書かれた第一稿に目を通したキャグニーは、自分が演じる目新しさの無いありふれた主人公に不満を覚え、主人公ギャレットを、マザー・コンプレックスでヒステリックな幼児さと残忍さを併せ持ったユニークで魅力的なアウトローに変更させる。

キャグニーとは「彼奴は顔役だ!」以来、2度目のコンビとなったラオール・ウォルシュ監督は、フィルム・ノワールやセミ・ドキュメンタリー、ニューロティック映画の影響を色濃く受けた斬新なギャング映画を完成させる。コーディのキャラクターにはキャグニーのアイディアが数多く取り入れられており、コーディがマーガレット・ウィンチェリー扮する母親の膝の上に子供のように座るシーンはキャグニーのアイディアによる。また、コーディが刑務所内で母親の死を知り、異様な唸り声を上げて嘆き悲しむシーンでは、キャグニーは自分の父親が酒に酔って暴れ回った時の唸り声や、子供の時に訪れたニューヨークの精神病院で聞いた精神病者の悲鳴などを基にして、あの身も毛もよだつ奇声を作り上げた。このシーンの撮影の時、囚人を演じたエキストラたちはキャグニーの演技について何も説明されていなかったため、撮影が始まるとエキストラたちはこの世のものとは思えないキャグニーの不
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告