Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540
(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ゆうきまさみ]の白暮のクロニクル(10) (ビッグコミックス)
Kindle App Ad

白暮のクロニクル(10) (ビッグコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 白暮のクロニクル(ビッグコミックス)の10の第10巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 254

紙の本の長さ: 221ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

羊殺しの被害者の共通点とあかりの特徴が一致するなか、
彼女が行方不明となり、懸命の捜索を続ける魁(かい)とオキナガたち。

2015年12月24日。
羊殺しの日が刻一刻と迫るなか、
桔梗(ききょう)の魔の手は魁にまで迫る……

12年毎の悪夢を止めることはできるのか。
現代の吸血鬼×非日常ミステリー、
ゆうきまさみの意欲作、クライマックスへ。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 47579 KB
  • 紙の本の長さ: 226 ページ
  • 出版社: 小学館 (2017/1/30)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MYGPO7T
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
昔から作者のファンでこの作品も楽しませていただいています。
本巻は、いよいよ物語も佳境というところでしょうか。
以降、微妙にネタバレです。
スマホなら、ロケーション履歴(or行動履歴)で、現在位置だけでなく過去の移動経路まで分刻みで解るはずですけど、それを言うのは野暮なのでしょうね。
「でぃす×こみ」10話でお兄さんが指摘している通りなのかなぁ…。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
大詰めを迎えてまだまだ先が読めない展開、一流のサスペンスになってきた気がします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
雑誌は読んでないのですが
どうやらこのコミックスには最新号の雑誌掲載分がすでに収録されているとか。
ゆうき先生頑張って書きだめたんでしょうね、お疲れ様です。
羊殺しにはも少しミステリアスさというか動機に神秘性とかあって欲しかったかなぁ、長く生きても人は変わらんということかも知れないけどね。
応仁の乱頃から生きててずっと人殺ししてきた奴が今更未年のみの殺人にこだわる意味がもひとつ弱かった。
棗さんの殺された意味もちょっとなぁ。
ま、次巻完結とのことなので楽しみに待つことにします。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
犯人の立場に立って考えると、羊殺しにも、その理由があったということになります。

なぜ、その獲物を選んだのか、ということも、あかりの問いに対して一つ一つ明らかにされていきます。

それが、すべてではないのは、やはり、オキナガという不死、あるいは死ににくい「生」を過ごしているという生き方が、モデルとして仮定されているからです。

不死の人はどう生きるのか。人の生や死とは何なのか、とシェイクスピアもある意味で考えそこなった課題に、少しずつ新たな、あるいは真実に迫った答えが出されていくようです。

サスペンス・ミステリーのトリック以外に、少し深い問いが提出されました。

さすがですね。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
電子書籍でコミックが買えるようになったため、今まで置き場所に困る事から購入しなかったコミックを買うようになり、恐らく3000冊くらい購入している(電子書籍全体では5000冊オーバー)。
ところが電子書籍の発売よりも先に漫画喫茶で新刊が読めてしまう。
つまり出版社は「電子書籍なんぞ購入せずに漫画喫茶で読め」と言いたいわけだ。

この作品には不満がないので☆5つ。
残念なのは残り数話で終わってしまうこと。
永い時を生きると、恐らく人は色々なことに飽きてしまい、基本的なことの中にその人なりの拘りを見つけて生きていくのではないかと思っている。
それは当人とって心地の良い依存関係や、深みを覚える何かなのではないかと思えるのだが、その根拠は年輩者の行動にある。
そして更にもう一つ付け加えられるのは、若い肉体を維持できても、性的な事でも飽きがあり、エスカレートするかかなり淡泊になるのではないかと思う。
そういう点で茜丸はエスカレートが数百年にわたって止まっているようでもあり、その衝動が変化せずに高止まりしているのは何故なのか、その辺りが最終話までに予想外の道理として明かされれば嬉しい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
かと思いきや意外とあっさり片がついたような?
いやいや様々な人物、オキナガが行動した果てに羊殺しにたどり着いたんですけどね。
棗の敵を討つべく羊殺しを殺そうとする雪村を殺人犯にしてはならないと必死に止めるあかり!
直前の血を分け与える行為といい二人はケンカもするけどお互いを信じあう「パートナー」に?!
次巻で完結、後日談を楽しみにしてます!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover