白夜行 完全版 DVD-BOX がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 収納BOXに傷みあり。 7枚組。ポストカード付き。中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 17,237
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

白夜行 完全版 DVD-BOX

5つ星のうち 4.6 118件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 24,624
価格: ¥ 19,800 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 4,824 (20%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、えんしゅうショップが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 17,237より 中古品の出品:14¥ 8,480より コレクター商品の出品:1¥ 16,800より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 白夜行 完全版 DVD-BOX
  • +
  • 世界の中心で、愛をさけぶ DVD-BOX
総額: ¥29,600
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 山田孝之, 綾瀬はるか, 渡部篤郎, 柏原崇, 西田尚美
  • 形式: Color
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 7
  • 販売元: TCエンタテインメント
  • 発売日 2006/06/23
  • 時間: 540 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 118件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000E5MTQE
  • JAN: 4947864909239
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,028位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   ただ太陽の下を一緒に手をつないで歩いてみたかった、父親を殺した少年と母親を殺した少女。そんな主人公たちが白夜をさ迷い往くかのようにさらなる罪を積み重ねていく中で、本当の罰が彼らの心と記憶に下されていく14年間を、せつなくも残酷なタッチで描いた歪んだ愛の軌跡。2005年のクリスマスイブ、サンタクロースの扮装をした亮司(山田孝之)は血まみれで道端に倒れている。その姿を彼方から見やる雪穂(綾瀬はるか)は瞳に涙を浮かべたまま背を向けて、逆方向に歩き出すのだった。1991年秋、図書館に通い詰めていた11歳の亮司(泉澤祐希)は、そこで同級生の雪穂(福田麻由子)と知り合う。それは2人にとっての初恋だった。
   悲劇の序章となる父親殺しを皮切りに、長い年月を通して犯され続けていく罪の数々は、根負けするほどの濃厚さで物語として綴られていく。主人公たちの陰惨な行いは、時として見進めるのに気が滅入ってしまうほど。しかし、これで視聴をあきらめてしまうのはあまりにももったいない。このドラマは最後の3話分にこそ見ごたえの頂点が用意されているのだ。
   最悪からはじまった亮司と雪穂の二人の純愛は、その最悪が自己正当化されるにほど、2人だけの世界において奇妙なほどに純度を高めていく。誰もが目をそむけたくなるほどの醜さを、お互いに抱きしめ合うことで生き抜いていく主人公たちの過酷な人生は、それと同化する形で時間を共有する価値を十分に持ち合わせている。
   生きながらに死相を漂わせる亮司役の山田孝之の鬼気迫る演技は強烈そのもの。表情の微妙な変化でその心情を生々しく表現する雪穂役の綾瀬はるかの凄みにも随所に身震いさせられる。偏執的なまでに事件の真相を追い続ける捜査の鬼としての顔から、ついには父性までも宿らせる刑事・笹垣を演じた武田鉄矢の存在感も圧巻だ。(麻生結一)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

東野圭吾の小説を山田孝之、綾瀬はるか主演でTVドラマ化、未放送シーンも加えた全11話を収録したBOX。初恋の少女を助けるため父を殺した少年と、少年をかばうために母を手にかけた少女の、残酷で純粋な愛の物語。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

綾瀬、山田、武田、渡部、麻生・・キャストが素晴らしかったですね。役者ひとりひとりが役にハマってて、自分が持つポテンシャルを最大限に引き出していたのではないでしょうか。
柴咲コウのED曲も神。原作とラストは違うがこれはこれでまたアリだと思う。

真田、桜井の「高校教師」とこの白夜行は一生保存もののドラマ。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作の書評を見ると主人公の2人ではなく第三者の視点から語られるそうですが、映像作品でありTVドラマであるためか、主人公視点で物語は進みます。

その違いに賛否両論あるかもしれませんが、主人公の2人の生々しい悲壮な魂の叫びのような、それでいて淡々と語られる「2人の声」に、初回から私は釘付けにされました。

あまり込み入った謎解きも無く、よーく粗探ししたら矛盾もあるかもしれません。

でも、この物語に何かを感じた人は、そんな謎解きとかではなく、深く、残酷で、悲しい物語に共感したり嫌悪したり。気がつけば引き込まれているのだと思います。

人は誰しもが親を選べない。今よりも少しだけ幸せになりたかった。そして日の当たる場所を2人で手をつないで歩きたかった。そんな些細な夢だったのに・・。

思い返すだけで涙がにじむ。そんな悲しいストーリーです。

山田さん、綾瀬さんお二人の演技も絶品です。

人間の醜さや弱さを余すところなく表現してくれました。

ドラマは全て録画して持ってますが、この作品はDVD判も欲しいと思いました。
コメント 124人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
数年前にテレビディレクターとミステリー評論家と一緒に食事をしていた時、
「東野圭吾は白夜行で直木賞取りたかったでしょうね」という話題が出た。
「このミステリーがおもしろい」を見て本を買っただけで読んでなかった作品だった。
二人の話がきっかけで本棚から取り出して一気に読んだ。名作だった。
主人公2人の心情が一切語られない手法で書かれた意欲作だ。

その後数年が経ち友人の勧めもあって、昨日ツタヤで借りて一気にテレビドラマを見た。
脚本家は森下佳子さんという女性だった。
こちらは原作とは180度違って、主人公2人の心情を軸にしたストーリー展開になっていた。
原作と脚本がこれほど好対照を成す作品は極めて珍しい。
東野圭吾氏の独特の手法がこの幸運を生んだと言えるが、
脚本家の森下氏のストーリー再構成の手腕も実に見事だった。

久しぶりにクリエイティブマインドを刺激されるプロジェクトでした。
原作を脚本家するという行為は頻繁に行われているけれど、
この作品のように硬質で冷徹なトーンの原作を一転ウェットで情緒てきな脚本に仕立て上げる、
という読み替えの作業はとてもダイナミックで魅力的だ。

確かにオリジナル脚本を生むの
...続きを読む ›
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
俳優陣の演技(西本雪穂役の福田麻由子、笹垣潤三役の武田鉄矢、桐原弥栄子役の麻生祐未など)にただただ圧倒された。原作とドラマの違い云々を語るより、やはりドラマなんだから、ここは俳優陣の迫真の演技に注目すべきだと思う。福田麻由子さんの、冷酷さとしたたかさそして可憐さを兼ね備えながらも、内に秘めたる強い芯を感じさせる演技は雪穂その者であり感服した。武田鉄矢のあの独特な含みを持った笑みや懐疑の表情、一言一言に真理を宿らせるような重みを持たせる発言は、説教的だと感じさせる部分もあるがそこが武田鉄矢の真骨頂であり鑑賞者に執拗に訴えかけてくる凄みがある。この悪人とさえ思えてしまう二人の犯罪行為への貪欲なる追求は、二人の純愛が軽く美化されてしまうのを防いでいるし、また輝かせてしまう事にも繋がる。麻生祐未の危険な香りのする妖艶さ、愛する者を次々と失って破滅していく女の悲劇。笹垣が唱える念仏を遮る悲痛なる叫び… 演技の見所がありすぎて書ききれない…
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作とは異なる箇所がありますが
個人的にはドラマが好きです。
歪んだ愛かもしれませんが雪穂と亮司の
願いは、ただひとつ。
太陽の下を二人で、もう一度手を繋いで歩きたい。しかし生まれるところは選べず、周囲に翻弄されながらも互いを想い生きている人生。
行っていることは許されぬ犯罪ではありますが
、これほどまでの愛のカタチはあるものではない。そして二人を追いながらも一番理解し後悔と最後に亮司に発した笹垣の言葉。胸が熱くなりました。亮司は自分に気付いてくれた笹垣が居て愛する雪穂のために生きることが出来て幸せだったのではないでしょうか。八千草さん演じる母の懐の広さと強さ。儚く切ない愛すべき登場人物ばかり。涙なしでは観ることが出来ない名作です。この作品に巡りあえて本当によかったです。子役の二人の演技力と柴咲コウさんの主題歌にも圧倒されます。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー