通常配送無料 詳細
通常7~13日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
白に染まる 着物始末暦(九) (時代小説文庫) がカートに入りました
& 配送料無料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 Legion online
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 【送料無料】状態は概ね良好です。中古商品のため、その他 キズ、汚れ、ヤケ、僅かな書き込み等ある場合がございます。 ●特記事項:特になし
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

白に染まる 着物始末暦(九) (時代小説文庫) (日本語) 文庫 – 2017/8/9

5つ星のうち4.3 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫, 2017/8/9
¥682
¥682 ¥1
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 白に染まる 着物始末暦(九) (時代小説文庫)
  • +
  • 結び布 着物始末暦(十) (時代小説文庫)
  • +
  • 異国の花―着物始末暦〈8〉 (時代小説文庫)
総額: ¥2,046
ポイントの合計: 19pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

晴れて夫婦となった着物始末屋の余一と、一膳飯屋の看板娘・お糸。しかし互いに忙しく、夢にまで見た夫婦の暮らしはすれ違いが続き、お糸はひとり思い悩んでいた。一方、大隅屋の若旦那・綾太郎は、朝っぱらからうんざりしていた。西海天女と呼ばれている唐橋花魁が吉原で着る最後の打掛を大隅屋で作ったことが江戸中の噂となり、それを一目見ようと、客が押しかけてきたからだ。唐橋に恨みをもつ札差の澤田屋や、京の老舗呉屋問屋、井筒屋江戸店の店主・愁介がつけ狙う中、唐橋の最後の花魁道中は無事に終わるのか!?待望のシリーズ第九弾!!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中島/要
早稲田大学教育学部卒業。2008年「素見」で第2回小説宝石新人賞を受賞。若き町医者を描いた初長編『刀圭』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
評価の数 5
星5つ
66%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
34%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2017年8月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年10月28日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年9月7日に日本でレビュー済み