通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
白い衝動 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

白い衝動 単行本 – 2017/1/25

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 992

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 白い衝動
  • +
  • 【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ)
総額: ¥3,218
ポイントの合計: 97pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

小中高一貫校でスクールカウンセラーとして働く奥貫千早のもとに現れた高校1年の生徒・野津秋成は、ごく普通の悩みを打ち明けるように、こう語りだす。

「ぼくは人を殺してみたい。できるなら、殺すべき人間を殺したい」

千早の住む町に、連続一家監禁事件を起こした入壱要が暮らしていることがわかる。入壱は、複数の女子高生を強姦のうえ執拗に暴行。それでも死に至らなかったことで、懲役15年の刑となり刑期を終えていた。

「悪はある。悪としか呼びようのないものが」

殺人衝動を抱える少年、犯罪加害者、職場の仲間、地域住民、家族……そして、夫婦。
はたして人間は、どこまで「他人」を受け入れられるのか。

社会が抱える悪を問う、祈りに溢れた渾身の書き下ろし長編。

内容(「BOOK」データベースより)

小中高一貫校でスクールカウンセラーとして働く奥貫千早のもとに現れた高校1年の生徒・野津秋成は、ごく普通の悩みを打ち明けるように、こう語りだす。「ぼくは、人を殺してみたい。できるなら、殺すべき人間を殺したい」千早の住む町に、連続一家監禁事件を起こした入壱要が暮らしていることがわかる。入壱は、複数の女子高生を強姦のうえ執拗に暴行。それでも死には至らなかったことで、懲役15年の刑となり刑期を終えていた。殺人衝動を抱える少年、犯罪加害者、職場の仲間、地域住民、家族…そして、夫婦。はたして人間は、どこまで「他人」を受け入れられるのか。「孤人」に向き合うことはできるのか。社会が抱える悪を問う、祈りに溢れた渾身の書き下ろし長編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 346ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/1/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062203898
  • ISBN-13: 978-4062203890
  • 発売日: 2017/1/25
  • 商品パッケージの寸法: 19.7 x 14 x 2.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 137,665位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
もう4冊目なんですね。今回の作品は、前作までの怒涛の展開を急いて追うかたちというよりは、「次々と殺人がおこらなければ推理小説ではない」とする私の中の常識を覆してくれ、ラストには心地良く個々の旅立ちの余韻を楽しめる小説でした。
はじめは、へえ学園ものなの、心理学って難しいなと読みつつ、すぐに秋成君の言動から目が離せなくなり、主人公の千早がカウンセリングをするように見落とさないように読み進めました。秋成君に皆がみな共感するかどうかはわからないけど、私も高校生の頃に殺人に惹かれていて、自分がわからなくなって、とにかくなんでも本を読みあさり音楽を聞きました。精神疾患なのか悩んだりしたけど、当時は気の迷いだと自分にいい聞かせて友人とバカ話して装いました。カウンセラーに相談出来る現代の環境が本当に羨ましいです。
前半は千早のまわりに翻弄される感じにイライラしたけど、150ページを過ぎてから少しずつ話の伏線からの展開があり、後半千早の過去についての告白を読んで好きになり、こんな大人の人と思春期のころに出会えてたら、もう少し自分を卑下せず素直に生きてこれたのかなと思い懐古しました。
途中、タイトルの「白い」は何を指しているのかなとずっと探してたけど、千早と秋成君が約束をする際のセリフに、う~んなるほどとすんごい納得しました。
十代のときに読んでたらどんな印象
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
貴方の隣人が「なんか知らないけど人を殺してみたい。殺したくはないけど多分いつか誰かを殺す」と言ったら。かつて未成年を両親の目の前で次々強姦し、暴行した男が既に罪を償って社会に戻り、隣に住んでいると知ったら。
私たちは彼らと一緒に生きていけるだろうか。
排除しようにも殺人衝動を抱えていても犯罪は犯していないし、元凶悪犯であろうと男は罪を償ってしまっている。包摂しようにも不安はある。そんな人間社会の理想と現実がそのまま詰まっています。

他のレビュアーの、猟奇的犯罪を犯した者に「さん」を付けるとは許せんという意見はまさに作者の術中にはまった証であり、作中にもそうした立場が登場します。

冒頭は殺人衝動を抱えたAに関する研究報告で始まりますが、Aとは誰なのかが、この物語の中で重要な意味を持っています。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
初めての作家、初めてのレビュー。怒りにまかせてこれを書いてしまった。私にとって「ああ、おもしろかった」か否かが評価のすべて。非常につまらなかった。登場人物の誰にも魅力的な人物がおらず、作者が何を言いたかったかもわからず、大袈裟な導入の割には泰山鳴動して山羊一匹。入壱に「さん」づけする主人公の異常ぶりには、あきれたばかりか嫌悪感すら覚えた。現実にも、なんと普通ではない人々が多いことか.......
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告