¥2,750
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
白い罪 公民権運動はなぜ敗北したか がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


白い罪 公民権運動はなぜ敗北したか (日本語) 単行本 – 2011/4/27

5つ星のうち4.3 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥2,750
¥2,750
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

黒人はいまも人種差別の犠牲者なのか!?アファーマティヴ・アクションは黒人を真に救ったのか!?『黒い憂鬱』で注目を集めたシェルビー・スティールが戦後民主主義を総括する重要な論点を提示。

著者について

1946年シカゴ生まれ。スタンフォード大学フーバー研究所研究員。保守派の黒人論客として名高い。著書『黒い憂鬱──90年代アメリカの新しい人種関係』でニューヨークタイムズベストセラー、全米批評家協会賞受賞。その他の著書に『オバマの孤独』などがある。

登録情報

  • 発売日 : 2011/4/27
  • 単行本 : 240ページ
  • ISBN-10 : 4770502095
  • ISBN-13 : 978-4770502094
  • 出版社 : 径書房 (2011/4/27)
  • 商品の寸法 : 2 x 13.8 x 19.6 cm
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 5個の評価