白い巨塔 DVD-BOX 第二部 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【Amazon配送センターより配送・お急ぎ便対応】中古品のため使用感はありますが、きれいな状態の商品です。※破れ・シミはなく良好です。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、不良があった場合はご返金(Amazon.co.jpが扱う新品商品と同等の手順に順じます)にて対応致します。領収書の発行には対応いたしておりませんので予めご了承ください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 19,418
通常配送無料 詳細
発売元: ライフスタイル ☆実りある生活のお手伝い☆
カートに入れる
¥ 20,883
通常配送無料 詳細
発売元: ◆TP shop ◆【年中無休・毎日迅速発送・保証付】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

白い巨塔 DVD-BOX 第二部

5つ星のうち 4.2 44件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 27,000
価格: ¥ 19,418 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 7,582 (28%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 19,418より 中古品の出品:16¥ 10,950より コレクター商品の出品:3¥ 12,280より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 白い巨塔 DVD-BOX 第二部
  • +
  • 白い巨塔 DVD-BOX 第一部
  • +
  • 白い巨塔 [DVD]
総額: ¥37,143
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 唐沢寿明, 黒木瞳, 矢田亜希子, 伊藤英明, 石坂浩二
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 5
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2004/05/19
  • 時間: 570 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 44件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001KNIB2
  • JAN: 4988632120463
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 18,139位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   教授選の激しい攻防が見ものだった第一部から一転、この第二部では教授の座に上り詰めた財前(唐沢寿明)が患者の遺族に訴えられる医療過誤裁判を中心にドラマは展開していく。佐々木庸平(田山涼成)の術後の病状に不安を抱いた柳原(伊藤英明)から何度となく診察を請われるも、教授就任の有頂天の心持ちに加えて、ポーランドで開かれる国際外科医学会の準備に忙しい財前はそれどころではない。日本を飛び立った財前はワルシャワでも完璧な執刀ぶりを見せつけ、ポーランドの医師たちをうならせる。時を同じくして、里見(江口洋介)から佐々木庸平の容態が悪化していることを知らせるメールが届いていた。
   裁判をめぐって繰り広げられる人間模様は実にスリリング。これほどの作品であるならば、さらなるキャラクターへの肉薄も期待したかったが、語り口のうまさ、見せ方の巧みさがそれを補って余りある。ドキュメンタリー以外では世界初となったアウシュビッツ強制収容所跡でロケを行ったことでも話題になった。冷気が張りつめたかようなポーランドのシーンはいずれも圧巻である。(麻生結一)

内容(「Oricon」データベースより)

2003年10月より放送のフジテレビ開局45周年記念ドラマ。1978年6月~1879年1月、フジテレビ系にて放映された、山崎豊子原作、田宮二郎主演の病院を舞台にしたTVドラマを25年振りに再び連続ドラマ化している。出演は唐沢寿明、江口洋介ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
ストーリー、演技、演出、俳優、音楽など全てが日本のドラマ史上、最高レベル。
俳優陣のほとんどが主役級である為、とにかく安心して見れる。
また随所に使われる加古隆の音楽も悲しく心に響いてくる。
たいていの日本のドラマは前半が面白くても
後半には展開が読めてきて最終的に在り来たりな終わり方をするものが多いが
この白い巨塔は原作を知らない私にとっては最後まで展開が読めず、
緊張しながら見ることが出来た。
DVD-BOXとしては後日談を描いた特別編が未収録の為、星ひとつ減点とした。
何故収録されなかったのか純粋に不思議である。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
原作も旧作も知らない自分にとっては、第一部同様に第二部も時間を忘れて見続けたドラマでした。医療裁判という、身近ではないが我が身に降りかかる可能性も否定できないテーマで興味も尽きませんでしたし。ただ個人的には人間模様を密に描き出した第一部の方が見応えがありましたが。とはいえ裁判に関わった人間が周りも含めどのように傷ついていくのかが鮮明に描かれており、またドラマの総決算としてのラスト数話は非常に秀逸だと思います。全編通して出演陣、脚本、演出、音楽、どれをとっても素晴らしく一切飽きさせる事無く見せてくれました。このドラマを超える作品は、そう簡単には出て来る事はないと思います。ただ惜しいのは、もう少しボーナスディスクの内容を充実させて欲しかった事です。特に多彩な出演陣には色々な裏話等を聞かせて欲しかった。逆に見事だと思った事は、各話の予告編を本編に収録しなかった事。このお陰で緊張感が途切れる事無く、また予告編による先入観もなく、純粋に楽しむ事が出来ました。しかも予告編を未収録にするのではなく、ボーナスディスクに収めてくれる辺りは非常に嬉しく思いました。些細な事かもしれませんが、個人的には見事なサービスだと感じています。全てを揃えるには金額が張りますが、それ以上の価値はあると思いますし、また金額以上の満足感を与えてくれる作品であると思います。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
どうしても田宮版との比較になり、「役者」のドラマであった前作の方が「演出」のドラマであった今作よりも印象が強いのだと思いますが、私は唐沢財前も素敵だったと思います。第1部では野望に燃えながらもまだ優しげな印象を残す部分があったのですが、第2部では完全に野望魔人と化してしまい、その変貌ぶりが、教授という地位が人間をここまで変えてしまうのかという感じです。ビジュアルも髪型をオールバックにしたのが最高!そして東前任教授の自宅に押しかけ、家の中にいる東をデカい声で糾弾するシーンはある意味ラストよりも更に印象的です。私は小説をしかも旧版を擦りきれるくらい読んでいた「巨塔」ファンですし、もちろん財前五郎=田宮二郎だったのですが、その巨大かつ強烈なイメージに挑んだ唐沢寿明も新しい財前五郎を魅せてくれて非常に印象深いものがありました。この人、あの張りのある声がいいのかな。第2部の財前の数々のキツいセリフを表現するにぴったりの声です。キャストでは関口・国平両弁護士がナイスキャストだったと思います。特に関口は原作と大きく違う最初のヤサグレ感がかえってよかったと思います。国平のいかにも硬質で切れ者なイメージもかっこいいです。及川光博が演じると聞いたとき、最初は’~??’だったのですが、及川さんに対するイメージが大きく変わった感じです。あと、ドラマ全体を彩る巨匠加古隆のBGMがすばらしい!中でも、要所要所...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
唐沢が素晴らしい。
田宮二郎の白い巨塔も見た世代です。
全然、田宮二郎の方が良いと言われる意見があるが、自分は田宮作品ももちろんすばらしかったが、それに負けないくらい唐沢の意気込みを感じます。
既に評価が決まっている作品にチャレンジした唐沢の勇気、演技力を称賛したい。
唐沢が無念だというシーンは迫力に迫っていた。
勿論、石坂浩二を含め他の配役もすばらしい。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
最後までプライドと自分の行き方を貫いた財前五郎は立派だった。それだけ、彼が失った「未来」を思うと涙が止まらなくなってくる。財前は常に真剣に技術と権力(力)を求め続けることで、医師であり続けた。里見は悩み続けることで、医師であり続けた。

そして、彼らは死を目前にしても自らの生き方を変えようとしない。それは生死を越えた基準によって決められているからだ。医学の発展と、一人でも多くの患者を救うこと。やり方は違っても同じ方向を見ていた二人は常に深い部分で共鳴しあっていたのだろう。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す