中古品の出品:2¥ 9,880より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

白いレガッタ

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:2¥ 9,880より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ザ・ポリス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (2003/6/27)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル インターナショナル
  • 収録時間: 41 分
  • ASIN: B00009KM6J
  • JAN: 4988005329479
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 333,723位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 孤独のメッセージ
  2. 白いレガッタ
  3. イッツ・オールライト・フォー・ユー
  4. ブリング・オン・ザ・ナイト
  5. 死の誘惑
  6. ウォーキング・オン・ザ・ムーン
  7. オン・エニイ・アザー・デイ
  8. ひとりぼっちの夜
  9. コンタクト
  10. ダズ・エヴリワン・ステア
  11. ノー・タイム・ディス・タイム
  12. (エンハンスド)ウォーキング・オン・ザ・ムーン (ビデオ)

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

79年に発表され、全英1位を記録した2ndアルバムのリマスター、再発盤。レゲエ/アフリカン・サウンドを導入したロック・サウンドは今聴いても新鮮。初めてのポリスには本作がおすすめ。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
ポリスの1stアルバムはもろレゲエ調だったが、本作はそれをポリス節のオリジナルなものに進化させた音楽的にも非常に質の高いものになってる。
CDには対訳詩がないが、ポリスの歌詞はとてもユニークというか面白い。1曲目の「MESSAGE IN A BOTTLE」など一つの物語になってる。ソロになってからのスティングの歌詞もチェックすると冴え渡ってる。本人も本好きみたいで、文学的と言えるかも。ニューアルバムが出る度歌詞カードを見るのが楽しみになってる。
(2)「REGATTA DE BLANC」や(5)「DEATH WISH」など本当に3人で出してる音なのか?と感じてしまうほど凄い迫力。日本人的発想ではまずこういう音は出てこない。
上記の2曲はもちろんだが、個人的に好きな曲は(7)「ON ANY ATHOER DAY」だ。歌詞もユニークなら曲調もユニークというかコミカル。(12)「DOES EVERYONE STARE」は珍しくピアノがフューチャーされてる。
ポリスは絶頂期に活動停止になったので、もっと新しいポリスが聴きたかったという人も多いでしょう。続けていればもっと売れるのは間違いないが、セールスうんぬんより自分達それぞれがやりたい音楽を追求したところに3人の潔さを感じる。実際スティングは人間的にもかなりいい人らしくポリス活動停止後の彼の言動にも
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1stは当時のパンクブームを利用するため、あえて粗雑さや荒々しい作りになっていてPOLICE本来の高度で洗練された演奏、音楽性はときどき垣間見える程度で隠されていた。また3rd以降のアルバムからはシンプルでよりポップな感じになっていったが、初期のパンキッシュな勢いは薄れてしまった。しかしこのアルバムは初期の勢いと後期のテクニカルな演奏という両方の特徴を見事に両立した大傑作である。後期ではあまりみられなくなったオーヴァーダブを多用していて音の厚みがあり、かつPOLICEの特徴である空間を感じさせる演奏も聴くことができる。ギターは当時としては革新的なディレイを使った奏法で、U2のEdgeが影響を受けたというのがよくわかる。ドラムは素人の自分が聴いても本当に凄く、パーカッション的な鳴らし方と手数の多さでメロディさえ感じさせる。そしてこれにスティングのハイトーンと独特なベースが絡んできて何度聴いても飽きさせない内容になっている。「シンクロニシティー」が最高傑作との呼び名が高いが、スティング色がどうにも強い。その点、三人の個性を存分に堪能できるのはこの作品が一番いい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告