¥ 1,836
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
発達障害児への ライフスキルトレーニング:LST:... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

発達障害児への ライフスキルトレーニング:LST: 学校・家庭・医療機関でできる練習法 単行本 – 2015/7/15

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/7/15
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 2,373

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 発達障害児への ライフスキルトレーニング:LST: 学校・家庭・医療機関でできる練習法
  • +
  • 自閉症・発達障害を疑われたとき・疑ったとき: 不安を笑顔に変える乳幼児期のLST
  • +
  • 発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ (健康ライブラリー)
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 154pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

発達障害を抱える子どもにとって、現時点で抱えている課題や困難に
その時々対応することはもちろん必要ですが、今だけではなく、
20歳になったときの「生活の質」をどのように確保するかという視点がとても重要です。
ライフスキルとは、社会生活を送っていくうえで必要なさまざまな技術です。 コミュニケーションスキルやソーシャルスキルを含んだスキルともいえます。
その場かぎりでない基本的な対応と、どこでも・だれでもできる再現性のあるトレーニング法を、イラストや図を交えてわかりやすく紹介!

著者について

1951年戸畑市(現北九州市)生まれ。1976年東京大学医学部卒業後、三井記念病院小児科、帝京大学医学部小児科、戸田市立医療保健センターに勤める。退職後、Rabbit Developmental Researchを開設。日本小児科学会監事などを歴任。現在は日本小児保健協会常任理事、埼玉小児保健協会会長、なかじまクリニック発達外来などに所属。著書に『乳幼児健診ハンドブック』(診断と治療社)、『あきらめないで! 自閉症 幼児編』(講談社)、『幼稚園・保育園での発達障害の考え方と対応──役に立つ実践編』(少年写真新聞社)、『自閉症スペクトラム障害──療育と対応を考える』(岩波書店、2012)など多数。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 183ページ
  • 出版社: 合同出版 (2015/7/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4772612459
  • ISBN-13: 978-4772612456
  • 発売日: 2015/7/15
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,233位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

全体的には、早期介入のあとの、学童期に役立つスキルという内容と思います。もちろん、この時期の過ごし方が、将来、成人期や、就業へとつながることは確かで、重要なことには変わりがありません。待つ練習、あいさつをする練習、片付ける練習、忘れ物をしない、時間を守る、など、生活の基本となることばかりです。こうしたことにふれておけば、発達障害をかかえる子どもの、不登校や非行のリスクを減らし、セルフエスティームを上げることにつながります。
少し気になったのは、「仕込み」という言葉が最初の方に出てくるのですが、これはおそらくは、教え込むこと、しつけ、教育の意味で、英語で言うとpreparationのことかと思います。いずれにしても、学校の先生方はハードワークで、人手が足りない、チームティーチングが必要などと言われているようです。また、現場の教師もいろいろな制約の上で動いているようです。できるだけ大きな構造の上で、学校現場の意見と、この本のような内容を盛り込んで枠組みを作ることが、誰にとっても、ベストな環境を作ることになるのではないでしょうか。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ライフスキルトレーニングを行動編:コニュニケーション編に分け、
片づけるトレーニング、忘れ物をしないトレーニング、クールダウンするトレーニング、
会話をするトレーニング、順序良く話すトレーニングなど、さまざまなトレーニング法が紹介されています。

将来、社会の中で笑顔で生きていけるように取り組んでおくと過ごしやすさ、生きやすさにつながると思います。

片づけるトレーニングで、バスケット法というのが紹介されていたのですが、驚きました。
出したものを元の位置に戻すのが苦手で、テーブルが物で一杯になりがちな私が取り入れていた方法でした。
ふと気づくと、机の上が物で埋め尽くされている、物がなくなる・・度々あります。
多動傾向だったり片付けが苦手な人は、ひとつかごがあると助かります。
バスケット法は私も自宅で体験済みで超お勧めです。

また、本の中には「ほめる練習」という項目もありました。

著者で医師である先生も素早くほめ言葉が出るように外来診療の前や朝のウォーキングのときに
毎日何回も口に出して練習しているそうです!
子どものマイナス面に目がいきやすい場合も、このようなほめ言葉の練習をすることで、
プラス面に目がいきやすくなると思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「ライフスキル」はWHO(世界保健機関)では、「日々の生活において要求を適切に処理したり課題をこなしていくことができるようになったりするために必要な、社会適応や積極的な行動ができる能力」と定義されています。

この本は、初めて特別支援学級を担任することになった先生におすすめです。目の前の子どもを指導するためのヒントが満載です。私は、「ほめる練習」が印象に残りました。「最低でも5個のほめ言葉がぱっと出てくるようにします」と書いてあります。なるほどです。早速、実行しました。

「物理的な距離をとるトレーニング」についても詳しく説明されています。この距離の近さについては、具体的に書いてある本は少ないです。参考になると思います。

著者の小児科の医師としての視点に学ぶことの多い本です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告