通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
発達障害の子を育てる58のヒント (ヒューマンケア... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 信長書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙・カバーに多少ヤケ等があります。中はヤケ等があります。小口に多少のよごれ等があります。帯はありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

発達障害の子を育てる58のヒント (ヒューマンケアブックス) 単行本 – 2014/4/15

5つ星のうち 4.1 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2014/4/15
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 450

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 発達障害の子を育てる58のヒント (ヒューマンケアブックス)
  • +
  • 発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ (健康ライブラリー)
  • +
  • 発達が気になる子への生活動作の教え方―苦手が「できる」にかわる!
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 151pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

発達障害の子どもの母として、先輩ママとして、学校で学習支援をする支援者として、著者が保護者に知ってもらいたい情報を1冊に凝縮しました。困っている子どもとの接し方、教師とのかかわり方、療育の考え方など、保護者と子どものためのアドバイスは読む人の気持ちを軽くしてくれます。

子育てで回り道や失敗を重ねた保護者が経験から見つけた「子どもとの関係をスムーズにするコツ」は、まさに保護者目線による保護者のための情報です。

【主な内容】
第1章 乳幼児期の「もしかして」を大切に
1歳半健診の結果はアテにしない
「様子を見る」は「何もしない」と同じこと
2歳代で気づけるかどうか
好きでパニックになる子どもはいない
“こだわり"は不安の裏返し など

第2章 学校や幼稚園・保育園とのかかわり
先生にどこまで何をお願いするべきなのか
「今日の“困った"」を必ず教えてもらう
「しのぐ」スキルを身に付ける
〝みんなと同じにできる〞がゴールじゃない
通常学級にいることが“正解"なのか など

第3章 療育の効果を追求する
療育の効果が出るのはいつ?
療育には優先順位づけが必要
療育の最大の障壁は家族?
民間の療育機関の選び方
療育を受けるコツ など

第4章 発達障害の診断をどう考えるか
ラクになるなら診断は早めに
わざわざ〝発達障害〞にしなくても、という声
発達障害の専門医にかかる必要はある?
どうする? 本人告知
告知の前にしておくこと など

第5章 子どもへのかかわり方
同じことで叱った時に保護者がやること
「そのままの君でいいよ」は正解なのか
感覚過敏を理解する
失敗に備える
「どこかが天才」はひと握り など

第6章 保護者が子どものためにできること
「“無理解"があって当たり前」を“理解"する
気づいたことは面倒がらずに記録に残す
発達検査は「どこで」「いつ」が肝心
継続してフォローしてもらえる機関を探す
保護者にもクールダウンが必要 など

手作りして使ってみたら効果があった子ども支援ツール

内容(「BOOK」データベースより)

子育てで回り道や失敗を重ねているうちにわかってきた「子どもとの関係をスムーズにするコツ」園・学校・療育・家庭のそれぞれでのポイントを、母親である著者が大紹介!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 144ページ
  • 出版社: 学研プラス (2014/4/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4054058124
  • ISBN-13: 978-4054058125
  • 発売日: 2014/4/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 153,246位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
2歳半から発達遅延のリハビリに通う、現在3歳半の子供を育てています。
「自分の子供のことを、本から習う必要などない」と思っていましたが、同様に発達障害の子供を育てているおかあさんとのふれあいや、人から「発達障害って何?」と聞かれることが多くなり、色々な本を読んでみようと思って何冊か買った内の一つです。
最も保護者目線で書いてあります。ちょっと専門的な内容を書いてある本よりも、本当に作者さんの書いている通り「井戸端会議のような感じで…」というのはまさにその通りです。
どの本も読むのに2日か3日はかかりましたが、こちらの本は一気に読み進められました。それこそ、エッセイを読んでるかのごとく、すっと内容も頭に入ってくるし、「うんうん!」と共感することもかなりあります。
「薬を使うことの考え方」や、「親子の相性がどうしても悪い場合」など、私自身もこれからのことをもう少し先の見通しを立てて子供のことを考えるきっかけにもなりました。
「私はこんな風にしているよ」という作者さんの工夫について読んでいる印象なので「私はここまでしてあげてるわ」とか、「あなたもこうしてみたら?」みたいな押しつける感じもなく、「子供みんな違うから、あなたのお子さんはあなたが一番わかってるよね」って言ってもらえてるようで、作者さんもこんなにがんばってるんだから、私もがんばる
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
知的障害を伴わない発達障害で、幼児期から小学校中学年くらいまでの子どもを持つ親向けの内容でした。
日本の検診や学校での対応がどの程度なのか、療育をどう考えるか、子供への関わり方など、知って心構えをしておくべき項目が網羅されていると思いました。

専門家の書いた本だと発達障害については詳しくても、社会の中でどういう関わり方が出来るのかは、出てきません。
でも当事者にはこういう情報が必要だし、役に立つことが多いのではないかと感じました。
「『様子を見る』は『何もしない』と同じこと」とか、パニックとかんしゃくを区別して対応することや、「こだわりは不安の裏返し」など、専門家でも曖昧にしているような点をきっぱり言い切っているのは、子供をよく見てきた親ならではの見識だと思いました。

但し親の知恵とはいえ、公園に来る保育園児と遊ばせて、保育士さんにうまくハンドリングしてもらう方法は、人に迷惑をかける行為にもなりかねませんので、私は賛成できません。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
語りかけるように書かれているので、すいすいペとージが進み
夢中で読み進んでいきました。
著者が実際に発達障害を持つお子さんの保護者ということで

「先生にお願いしたい3つのこと」、
「好きでパニックになる子どもはいない」、
「発達検査は、“どこで”“いつ”が肝心」、
「保護者にもクールダウンが必要」

など、専門家が書いたものとは異なる視点が新鮮でした。
発達障害を持つお子さんを育てている方には
必携の書だと思います。

心がすうっと軽くなりました。ありがとう。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
発達障害関連の本を50冊以上読みました。
原因、療法、対応方法等様々な知識を学んだうえでこの本を読みました。

目から鱗が沢山。発達障害の子がいる親に向けた、身近なアドバイスが載っています。
学者さんが書いたものよりずっと親身な話ばかりです。
親として、専門知識ばかりではなく、こうした日常への対応が知りたかったんだな、と改めて思いました。
発達障害本を探している方は是非。おすすめです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
著者は、自らが、発達障害の子どもを今まさに育てている真っ最中なので、実感がこもっています。日々の暮らしの中での試行錯誤と、母親としての洞察力から到達した、子どもの成長への働きかけはどんな専門家でもかなわない、強力なアドバイスに。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
レビューが総じて高評価だったため購入しました。

全体として、58項目に前後の関連性があまりないため、漠然と羅列されている感じで頭に入りづらかったです。
また、実体験から導かれた説得力のあるアドバイスが多いことを期待していたのですが、なぜそうなのか、という理由の部分がわかりづらく、読後の納得感がありませんでした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック