¥ 1,404
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
発達障害の子の感覚遊び・運動遊び 感覚統合をいかし... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

発達障害の子の感覚遊び・運動遊び 感覚統合をいかし、適応力を育てよう1 (健康ライブラリー) 単行本(ソフトカバー) – 2010/10/23

5つ星のうち 4.2 29件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1,500

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 発達障害の子の感覚遊び・運動遊び 感覚統合をいかし、適応力を育てよう1 (健康ライブラリー)
  • +
  • 発達障害の子の読み書き遊び・コミュニケーション遊び 感覚統合をいかし、適応力を育てよう2 (健康ライブラリー)
  • +
  • 遊んでいるうちに手先が器用になる!発達障害の子の指遊び・手遊び・腕遊び 感覚統合をいかし、適応力を育てよう3 (健康ライブラリー)
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 129pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ひと目でわかるイラスト図解
《講談社 健康ライブラリースペシャル》

【楽しく実践! 感覚の偏りに注目した療育法】

発達障害がある子は視覚や聴覚、筋肉の感覚に独特の偏りがあり、それが問題行動を生じさせる。本書では子どもの生活適応能力を向上させる15の遊びを厳選紹介。

子どもの感覚面・運動面の悩みを解決するために、
遊びを提案するのは、遊びは楽しく、興味をもってできるからです。
楽しみながら体を使い、学ぶことができれば、
運動などに苦手意識がある子も、すくすく成長できます。 ( 第4章より )

《子どもたちの感覚・運動面の悩み》
1 手先が不器用
2 運動が苦手
3 姿勢が悪い
4 落ち着きがない
5 集中力がない
6 我慢が苦手
7 行儀が悪い
8 拒否が多い
9 運動がこわい
10 音にこだわる

《いますぐ家庭でできる「感覚遊び・運動遊び」》
●タッチング遊び
●タッチングクイズ
●手形遊び
●コイン遊び
●ストレッチ遊び
●しがみつき遊び
●ゆらゆら遊び
●数当てクイズ
●グルグル遊び
●ジャンプ遊び
●すべり遊び
●アスレチック遊び
●ツイスターゲーム

<本書の内容構成>
1.「体の使い方」がわからない子どもたち
2.自覚しにくい「3つの感覚」が成長のカギ
3.いますぐ家庭でできる「感覚遊び・運動遊び」=15の遊び
4.「気づいたらできていた」を目指して

内容(「BOOK」データベースより)

子どもをすくすく成長させる15の「遊び」を厳選紹介。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 102ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/10/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062596547
  • ISBN-13: 978-4062596541
  • 発売日: 2010/10/23
  • 商品パッケージの寸法: 20.6 x 18.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,384位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ちぃこ 投稿日 2011/6/15
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
子どもの発達障害がわかり、家庭で何ができるか色々調べています。
図書館で借りたのですが、この本は感覚統合について探した本の中で一番わかりやすかった。

日常、子どもが苦手とする動作やぎごちなさについて、どの感覚が育っていないとこうなるのかという説明と対策がとてもバランスよく載っています。

また、各章の終わりには『実感してみよう!』と題したコラムがあるのですが、これが良かった。
自分がふだん意識せずに使っている感覚がうまく働かないと、こういうことがわからない・できないんだなぁというのが文字通り実感できました。
そりゃ不便だし、困るよな、と思い、そのことでだらけているとか、真面目にやらないと責められてしまう子がほんとにかわいそうになります。

他に当たった本は大がかりな設備や広い場所が必要なものが多くて不満だったのですが、家で、特に何かを準備しないといけないということもなく、気軽にできるものばかりなのも良かったです。
コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
イラストが多用してあり、読みやすくわかりやすい。
子どもによく見られる状態(まっすぐ座れない バランスがとりにくいなど)
に対して、どんな遊びを取り入れることで、子どもが無理なく
力をつけていけるかをわかりやすく解説してあります。
保護者に対して、具体的に説明するのには
イラストもあるのでわかりやすくていいと思いました。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
子育て環境の違いは時代によってありますが、子どもの発達に関しての 人間的原則は変わりない と思います。
わたしたちは素足・素手・素肌の感覚を通して発育発達が促され、その感覚と脳と体との関係性が統合され、自分の意思で自由に動けるようになっていく。それらについて、入門的に、大切な事柄が書かれていると思いました。
日常の遊び方が様変わりし、様々な悩みを抱える親御さんが増えている中で、親御さんや身近な大人たちが、子どもの ちょっとした異変や違和感に気付けるようになる可能性があります。
本屋で内容をチェック後、欲しい本のリストに入れ、タイミングに合わせてAmazonで購入。
おすすめの一冊です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
療育塾ドリームタイムをされている作業療法士の先生が書かれた本で、子どもたちがなぜ(&どこで)困っているのかという説明や、子育ての常識にとらわれないで楽しんで続ける姿勢(「頑張り過ぎない(辛さを誤学習しやすい)」「繰り返し過ぎない(パターンだけ覚えてしまう)」「無理に慣れさせようとしない(感性がすり減る)」「我慢させ過ぎない(自発性を損なう)」など)も細かく書かれていて、勉強になりました。

また療育の時間だけでなく、家庭でも負担なく取り組める感覚統合遊びもわかりやすく、遊びごとにどんな子どもに向くか→運動のねらいは何か→どんな効果が期待できるか、まで紹介されているので、「バランス感覚を身につけてほしいな」「触られるのが苦手なのかな」「自分の体がどんな風に動くかイメージするのが難しいのかな」といった一人ひとりの課題(仮説)に合わせて取り組むことができるようになっています。

「どうして~できない/しちゃうんだろう?」と疑問に思う行動があったとき、それが自力では学べない「未学習」から来ているのか、間違って覚えてしまった「誤学習」なのか切り分ける必要があるのですが、(1)いつから困難が目立つか (2)どこに行っても困難か (3)状況/場面で変化するか の3つの視点から見ることで、気づきやすくなると書かれていたので、参考にしたいと思います。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
息子が療育相談を受けるように保育園から勧められ
療育相談でも、よく話も分からないまま、
療育センターを紹介され、訓練へ通い始めてもうすぐ1年。

でも実は、何が問題で訓練に通ってるのかよく
わからなくて、なおかつ何のために訓練に
通っているのかもよくわかってないままでした。

わかっているのは、ほかの保育園のお友達と
行動があきらかに違うということだけ。
それを遊びながら治していけるのか・・・。
と、漠然とした不安を抱えてました。

もちろん定期的に主治医の診断をうけ
訓練の計画書も頂き、その内容に沿っての
訓練ですが、「なぜ」それをしなくては
ならないのか?さっぱり。
(主治医の診察も、結局は息子が飽きるので
ゆっくりお話できないというとこが
ホントなんですけどね、、、)

作業療法士さんとの時間は40分。
短い時間に集中力のない息子を飽きさせることなく
訓練をなさってるので、詳しくお話も
聞くこともできず、、、

 今回、療法士さんの都合で次の訓練まで
長く期間が空くことになり、家でもできることが
何か
...続きを読む ›
コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー