通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
発達障害の子どもたち (講談社現代新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 東京 ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

発達障害の子どもたち (講談社現代新書) 新書 – 2007/12/19

5つ星のうち 4.6 78件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 14

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 発達障害の子どもたち (講談社現代新書)
  • +
  • 発達障害のいま (講談社現代新書)
  • +
  • 発達障害の豊かな世界
総額: ¥3,694
ポイントの合計: 46pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

言葉が幼い、落ち着きがない、情緒が不安定。
育ちの遅れが見られる子に、どのように治療や養護を進めるか。
長年にわたって子どもと向き合ってきた第一人者がやさしく教える。


第1章──発達障害は治るのか
第2章──「生まれつき」か「環境」か
第3章──精神遅滞と境界知能
第4章──自閉症という文化
第5章──アスペルガー問題
第6章──ADHDと学習障害
第7章──子ども虐待という発達障害
第8章──発達障害の早期療育
第9章──どのクラスで学ぶか―特別支援教育を考える
第10章─薬は必要か

内容(「BOOK」データベースより)

言葉が幼い、落ち着きがない、情緒が不安定。そだちの遅れが見られる子に、どのように治療や養護を進めるか。長年にわたって子どもと向き合ってきた第一人者がやさしく教える。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 238ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/12/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062800403
  • ISBN-13: 978-4062800402
  • 発売日: 2007/12/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 78件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,731位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
教育に携わる人が、「絶対に」知らなければならないことが書いてあります。
そしてそれは、教員はもちろん、親として、友人として、社会として知らなければならないことのようにも思えます。

社会には発達障害についての誤った認識や偏見がいかに溢れているか。
筆者は、その無知に激しい焦りと怒りと苛立ちを覚えて、まったなしのこの現状に道筋を示しています。

何がその子の将来の幸福に繋がり、どこを目指すか。
それを明確にし、「想像力」を持って取り組むこと。
対応の仕方は違えども、それはどんな子に対しても同じことだということがよくわかりました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
昨今の発達障害についての研究や特別支援教育の進展は著しいが、保護者の悩みは尽きない。
なかでも最大の課題は就学の問題=学校生活をどのように送るかであろう。
発達障害研究の第一人者である著者の回答は明快である。
「授業に参加できるクラスを選ぶ」である。
本書は、これまでと違った見方や考え方を提供してくれるかもしれない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
☆5個でも足りないくらい・・・個人的には100個つけたいくらいです。近年の新書でこれほど充実した内容のものはないのではないかと思いました。医療や教育、福祉の分野だけではなく、現代人必読書、とにかく読んでみてください。発達障害についての長年の疑問の多くが本書によって適切に説明されています。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
26日にお届け予定とあったのにそれに間に合いませんでした。こちらとしては早急に本が必要であったので残念に思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
重度の発達障害ではないので特別学級にはならない、
病院へ行ってもあいまいな診断しかでない、
問題を起こさないので学校でも「良い子ですよ」でかたづけられてしまう。
とても苦しかった時に出会った一冊です。
アスペルガー、自閉症、ADD、ADHDなどの本がでていますが、
どれもこれも他人に迷惑が掛かって困る子の事ばかりが多く、
自分の子供には当てはまるものがありませんでした。

専門用語などもでてきますが、杉山先生の著書はとても理解しやすく、
多くの知識を学ぶことができます。
本を読んだからと言って解決する問題ではありませんが
必要な知識がないと対応もできません。

問題は山積みですが、息子の人生はまだまだこれからです。
できるところからはじめたいと思います。

「発達障害のいま (講談社現代新書) 杉山 登志郎」も購入しました。
こちらも役に立っています。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
自分は精神科医で、患者としてだけでなく、同僚や親族にも発達障害の人がいる。そして、同僚や家族として接する場合、やはり精神科医である自分も対応に悩んだり迷ったりしてしまう。

これまでにも発達障害関連の本は読んできた。それで診療が上手くなったり、発達障害のある同僚・親族との付き合いが円滑にいったりということはないのだが、少しずつ彼らの持つ独特な視点や考え方が分かってきたような気がする。気がするだけかもしれないが。

本書は一般向けに書かれた本で、特に発達障害の子どもを持つ両親にお勧めである。著者のスタンスがかなり現実的で、理想に偏ることもなく、かといって妙にひねくれてもおらず、素直な気持ちで読み進めることができた。

値段も手ごろだし、文章もそう多くない。我が家の長女が幼稚園に通い始め、妻は発達障害の子を持つ親から相談を受けることが増えてきたらしい。少しなりともアドバイスできるように勉強したいというので、まずは本書を勧めたところである。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
色々と勉強にはなります。
しかし『薬物療法以外の治療は無い』というような論調ですが、かたや著者の施設ではEMDR などの理学的な治療も行っており二枚舌にも程がある。
医者のプライドが言わせるんだろう。
そんなプライドの中の、現代日本医学の枠の中の治療で視野の狭い内容です。
患者からすればプライドなど捨てている医療者に頼りたいと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
発達障害のある子を見続けて来た医師が、その豊富な経験に基づいて子どもたちにどのようなアプローチをすれば良いのか、何が問題なのかをかなり決め打ちしてくれる本です。「決め打ち」というと、一般にはあまり良い意味にならないかも知れませんが、「様子見」「見解が分かれる」「・・・なこともある」というような、この分野に関わらざるを得なくなった親が(主に公的機関に)相談に行った時に返される通り一遍のあいまいな回答に感じる不満を吹き飛ばしてくれる爽快さがあります。しかも、あくまでも子ども本位の視点で最善の策を講じ、その後の推移まで書いてくれているので、とても参考になります。
障害そのものの知識を得るためというよりは、障害を持っている人のより良い生き方の道筋を考えるための良著だと思います。
コメント 140人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー