通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
発達障害の子どもたち (講談社現代新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆ラインの書き込みがあります。若干、小口に使用感があります。若干、カバーに使用感があります。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

発達障害の子どもたち (講談社現代新書) 新書 – 2007/12/19

5つ星のうち 4.6 77件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 発達障害の子どもたち (講談社現代新書)
  • +
  • 発達障害のいま (講談社現代新書)
  • +
  • 自閉症スペクトラム障害――療育と対応を考える (岩波新書)
総額: ¥2,484
ポイントの合計: 52pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

言葉が幼い、落ち着きがない、情緒が不安定。
育ちの遅れが見られる子に、どのように治療や養護を進めるか。
長年にわたって子どもと向き合ってきた第一人者がやさしく教える。


第1章──発達障害は治るのか
第2章──「生まれつき」か「環境」か
第3章──精神遅滞と境界知能
第4章──自閉症という文化
第5章──アスペルガー問題
第6章──ADHDと学習障害
第7章──子ども虐待という発達障害
第8章──発達障害の早期療育
第9章──どのクラスで学ぶか―特別支援教育を考える
第10章─薬は必要か

内容(「BOOK」データベースより)

言葉が幼い、落ち着きがない、情緒が不安定。そだちの遅れが見られる子に、どのように治療や養護を進めるか。長年にわたって子どもと向き合ってきた第一人者がやさしく教える。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 238ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/12/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062800403
  • ISBN-13: 978-4062800402
  • 発売日: 2007/12/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 77件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,117位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
教育に携わる人が、「絶対に」知らなければならないことが書いてあります。
そしてそれは、教員はもちろん、親として、友人として、社会として知らなければならないことのようにも思えます。

社会には発達障害についての誤った認識や偏見がいかに溢れているか。
筆者は、その無知に激しい焦りと怒りと苛立ちを覚えて、まったなしのこの現状に道筋を示しています。

何がその子の将来の幸福に繋がり、どこを目指すか。
それを明確にし、「想像力」を持って取り組むこと。
対応の仕方は違えども、それはどんな子に対しても同じことだということがよくわかりました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
☆5個でも足りないくらい・・・個人的には100個つけたいくらいです。近年の新書でこれほど充実した内容のものはないのではないかと思いました。医療や教育、福祉の分野だけではなく、現代人必読書、とにかく読んでみてください。発達障害についての長年の疑問の多くが本書によって適切に説明されています。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
発達障害のある子を見続けて来た医師が、その豊富な経験に基づいて子どもたちにどのようなアプローチをすれば良いのか、何が問題なのかをかなり決め打ちしてくれる本です。「決め打ち」というと、一般にはあまり良い意味にならないかも知れませんが、「様子見」「見解が分かれる」「・・・なこともある」というような、この分野に関わらざるを得なくなった親が(主に公的機関に)相談に行った時に返される通り一遍のあいまいな回答に感じる不満を吹き飛ばしてくれる爽快さがあります。しかも、あくまでも子ども本位の視点で最善の策を講じ、その後の推移まで書いてくれているので、とても参考になります。
障害そのものの知識を得るためというよりは、障害を持っている人のより良い生き方の道筋を考えるための良著だと思います。
コメント 140人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yoshioki6 投稿日 2015/5/4
形式: 新書
 地域でかつて教育困難校と呼ばれていた高校で現在国語を教えていますが、いろいろ考えさせられました。学校に来ない生徒に、安易な登校の促しは禁物であるが、発達障害の生徒には、不登校が引きこもりの温床になってしまうので、むしろ強い誘導が必要であるとか、乖離の背後にあるものについてなど、感覚的になんとなくは理解できているようなことも、著者の関わった多くの患者さんや様々な知見によって系統立てて解説がなされ、うすい靄が晴れていくようでした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 世界に冠たる1才6ヶ月健診というシステムを持ちながら、その結果を利用せず、いたずらに、障害をもつ子供たちを望ましくない方向に向かわせてしまうわが国の現状に警鐘を鳴らす時宜を得た良書である。本書は、新書の体裁をとっているが、筆者の述べていることを、真に理解するには、発達障害に関し約100冊の書物を読む必要があろう。とにかく、本書を読めば最低必要な知識は得ることが可能であるが、それ以上の努力も当然に要求される。
 発達障害を知らぬ医師、養護免許を持たぬ養護学校勤務の教師、障害という言葉を嫌悪する保護者、発達障害を学ばずスクールカウンセラーになった臨床心理士、専門性を持たぬ児童相談所職員必読の書である。
コメント 79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 もちろん、著者の杉山登志郎氏のことである。直接の対面は一度もなく、50人ほど入った会場で最後部席から講演を1回聴いただけの間柄だから、純粋にこの本を読んだ後での印象である。
 たとえば、第9章の中で、「日本の学校は、とてもよくやっている。むしろやり過ぎている。」と書いた15行後で、「さて、持ち上げた後に、今度は批判を述べなくてはならない」と、教育現場の混乱ぶりを指摘する。
 また第2章では、「脱線であるが disorder のこのようなニュアンスを正しく伝えることができる日本語はないだろうか。○○障害より○○失調のほうがまだしも良いのではないだろうか。知的失調症、広汎性発達失調症、注意欠陥多動性失調症など。読者のみなさんからの良い提案を期待したい。」と、国立大学教授を辞して臨床の最前線を選択したその人間性が、随所ににじみ出ている。

 「あとがき」によれば、講談社から執筆依頼があった時には逡巡したそうだ。その後で、次のように記されている。

 「返事をペンディングにしたまま臨床に追われる毎日を送るうち、他ならぬ発達障害外来の中で、あっと思うことが重なった。つまり、外来の臨床で障害児を持つご両親と話をしていて、本当に必要なことがきちんと伝わっていないのではないかと、著しくいらだちを覚える場面があったのだ。言い換えると、この
...続きを読む ›
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー