Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 642

¥ 654の割引 (50%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[栗原 類]の発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由
Kindle App Ad

発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由 Kindle版

5つ星のうち 4.5 57件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 642
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 762

紙の本の長さ: 240ページ

商品の説明

内容紹介

8歳で発達障害と診断された僕が、なぜ自分の才能を生かす場所をみつけて輝けるようになったのか。母、主治医、友人・又吉直樹氏のインタビューも収録。誰もが輝けるヒントがみつかる!

著者について

●栗原 類:1994年生まれ。イギリス人の父と日本人の母を持つ。8歳のときNYで発達障害と診断される。中学時代にメンズノンノなどのファッション誌でモデルデビュー。17歳の時バラエティ番組で「ネガティブタレント」としてブレイク。19歳でパリコレのモデルデビュー。21歳の現在は、モデル・タレント・役者としてテレビ・ラジオ・舞台・映画などで活躍中。2015年に情報番組でADDと告白し話題となる。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 12510 KB
  • 紙の本の長さ: 144 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 中経出版 (2016/10/6)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01LY155QO
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 57件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 5,411位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
一緒に働いている20代の子が発達障害(ADHD)です。
今までの人生、運良くなのか運悪くなのか、本人も周りも、発達障害だなんて夢にも思わずに生きてきたようで、バイトを始めてからようやく周りの人と違って全くできない自分という現実に直面し、なぜ自分は他の人が簡単にできることができないのかと悩んでいました。
仕事においては、その子の場合ですが、
業務の優先順位がわからなくなる
何度も同じミスを繰り返す
教わったことは翌日、翌週覚えていない
上記3点以外にも大変なことはありますが、、育てている周りは、本当にハゲそうなストレスを抱え、リベロのようにその子の業務のフォローの連続で、一時期はあまりのストレスで目の痙攣が止まらなくなるくらいでした。
ちなみに、発達障害かも?と気づいたのは働いてから半年を過ぎた頃で、それまではただただ仕事ができない子だと思っていました。
ところが、知り合いの精神科の先生が職場に来た際に、あの子は間違いなく発達障害だよと一言伝えられ、そこから初めて発達障害なのか?と考え、大人の発達障害的な本やサイトを見て、間違いないと思うに至りました。
そんなこんなで発達障害について調べまくっている頃、この栗原類くんの本を買いました。
この本を読んで、もちろんたくさんの苦労
...続きを読む ›
コメント 114人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私は広汎性発達障害(PDD)と2年前に判明しました。
30云年健常者として生きて来ました。
かなり無理を強いられ出来ないことも頑張って必死に生きて来ました。
今はフラットシューズで生きてますが当時はハイヒールを履いて生きてる状態だった。
しなくて良い苦労や嫌がらせ、暴言、暴力、虐待を受けた。
お陰で今は薬がないと耐えられないし激しい二次障害に苦しめられている。
昨年、栗原類くんが発達障害とカミングアウトした時、とても励まされました。
その前から彼のことが大好きで何か自分と似ているとずっと思っていた(類くんには迷惑だね)

彼の著書が発売されると聞き、即、購入しました。
私は直ぐに影響や症状に出やすいので発達障害関連は
本、メディア系統は慎重に選んで読む、見る状態なんです。
そのような中で類くんの本はすんなりと読めたのです。
そして類くんの母親泉さんの文章に大変共感させられました。

アメリカ(欧米)生活があり、実際、欧米や欧州は発達障害への
認知は勿論、教育、設備、支援が大変充実しているし
日本のように障害とは捉えず一種の個性として見てくれる。
人を見る時も障害ではなくその人、本人を見てくれるんですよね。
...続きを読む ›
コメント 297人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
栗原類さんが「発達障害である」とテレビで告白したのは2015年5月。突然の告白は反響を呼びました。
でも、結局のところ、発達障害というものが何なのか、と理解した方は少なかったように思います。
本書は大きく二つの視点に分かれます。ひとつは栗原類さん自身で記す、半生を振り返り、また自分の「発達障害」の特徴について詳細に説明をするパート。もう一つは、彼の人生に深くかかわった母・栗原泉さん、主治医の高橋猛氏が、発達障害と診断された人間に関わった大人としての「パートです。
結論から言うと、本書はすべての発達障害の方、そして発達障害の子どもと関わる親を含めた全ての大人の方に読んでほしい本であり、また発達障害に興味のなかった方がほぼ完ぺきに発達障害について理解できる、まさに「類まれな」書です。

アメリカで暮らした幼少時から小学校、日本に戻ってつらかった小中学校時代、楽しかった高校時代、そして現在に至るまで芸能界における自身を顧みる半生の部分は、彼自身の言葉で丁寧につづられます。スクールカウンセラーをはじめとして「学校には信頼できる大人を一人も見つけられない」という言葉が、現在の日本における発達障害をめぐる教育の現状を如実に表しています。また、「僕が輝く場所を見つけられた理由」と題された章では、何ができなくて何ができるのか、何に困っているのかとい
...続きを読む ›
コメント 339人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
専門的内容を要求する方からすると物足り無さを感じるかもしれませんが、私レベルでは丁度いい内容です。
自身の息子に対して、大いに参考になります。
特に、お母さんの章は、感慨深く読ませて頂きました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover