¥2,200
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
発達と学習 (未来の教育を創る教職教養指針) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

発達と学習 (未来の教育を創る教職教養指針) (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2018/12/20


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2018/12/20
¥2,200
¥2,200 ¥3,840
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

2019年からの新教職課程に対応。
生物多様性のなかにあるヒトの「発達」と「学習」の心理学的なあり方について、教育活動において教師に求められる理論と実践とを9つの章と10のコラムで解き明かす。

目次
第1章 発達・学習の生得的基盤
第2章 知性の発達
第3章 社会性の発達
第4章 学習と思考
第5章 動機づけと学習
第6章 コミュニケーションと学習
第7章 学習の評価
第8章 発達の障害と適応
第9章 発達・学習を促す環境

コラム1 脳科学の発達と学習
コラム2 知性の個人差
コラム3 自発的に教えること
コラム4 教えて考えさせる授業
コラム5 学習方略の有効性
コラム6 学びに向かう心持ちをいかに整えるか?―動機づけの自己調整
コラム7 学習環境のデザイナーとしての教師
コラム8 学力の変化はどう評価できるか
コラム9 偏差値は「悪」か
コラム10 オープン教育

シリーズ 未来の教育を創る教職教養指針 全11巻

出版社からのコメント

2019年からの新教職課程に対応。

著者について

編著者:(かげ まさはる)慶應義塾大学教職課程センター教授。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

鹿毛/雅治
1964年生まれ。慶應義塾大学教授。博士(教育学専攻)単位取得退学、日本学術振興会特別研究員、慶應義塾大学助手、同専任講師、同助教授を経て、現職に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
  • 出版社: 学文社 (2018/12/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4762028363
  • ISBN-13: 978-4762028366
  • 発売日: 2018/12/20
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 1.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 433,116位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう