中古品
¥ 457
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 当店はコンディション付けにつきまして、アマゾン基準に基づき行っております。また、使用感の伴う商品、少々の破れ・折れ・ヤケ・薄汚れ・線引き・背割れなど何かしらの傷みがある商品もございますが、もちろん全品問題なく最後まで読める良品です!あくまで中古品であるため、過度に気にする方はご遠慮ください。検品・清掃をさせていただいておりますが、どうしても、見落とし、取れない汚れ、配送時のトラブル等ある場合もございます。商品到着後、問題がございましたらご連絡お願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

発進後30年!「宇宙戦艦ヤマト」健在ナリ 単行本 – 2005/4/2

5つ星のうち 3.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 745
単行本, 2005/4/2
¥ 1,404 ¥ 199

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

なぜ地球はガミラスに勝てたのか?
初放映から30年、新たな問題意識から、TVアニメ「宇宙戦艦ヤマト」を解読する!

 西暦2199年、地球はガミラスというナゾの異星人に攻撃され、滅亡の危機に瀕していた…
 しかし、ガミラスもまた存亡の危機に直面していたのだ。
 種族の生き残りを賭けた地球への移住計画が実行されただけだった。
 科学力・軍事力ともにガミラスが圧倒していた。
 ガミラスは地球人が勝てる相手ではなかった。
 ではなぜ? 
 そして、イスカンダルのスターシアは、なぜ地球に手を差し伸べたのか? 
 傑作アニメ「宇宙戦艦ヤマト」をより深くよりおもしろく味わえる全17章!

内容(「BOOK」データベースより)

西暦2199年、地球はガミラスというナゾの異星人に攻撃され、滅亡の危機に瀕していた…しかし、ガミラスもまた存亡の危機に直面していたのだ。種族の生き残りを賭けた地球への移住計画が実行されただけだった。科学力・軍事力ともにガミラスが圧倒していた。ガミラスは地球人が勝てる相手ではなかった。ではなぜ?そして、イスカンダルのスターシアは、なぜ地球に手を差し伸べたのか?傑作アニメ「宇宙戦艦ヤマト」をより深くよりおもしろく味わえる全17章。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 221ページ
  • 出版社: 宝島社 (2005/4/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796645624
  • ISBN-13: 978-4796645621
  • 発売日: 2005/4/2
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,088,993位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 ヤマトのいろんな矛盾点を実際の世界史や日本史の事象を引用して突っ込むという本でした。
 ヤマトは元々矛盾の多い作品なので、突っ込みを入れること自体は我々ファンもよくすることですが、こうして文字で読むとあまり感じのいいものとは思えませんでした。
 ああいう話は対面で酒でもやりながらするのが楽しいのであって、わざわざ字にして読むようなもんじゃないなあと思ったり。
 また、そのツッコミが面白ければそれなりに許せるのですが、本を書くために無理やりという感が拭えません。仕事で書きました、というのが滲み出てる気がします。矛盾点(謎?)に対して一見フォローというか説明のようなことを歴史事実等の引用で試みているのですが、こじつけが強引で読後感が悪いんですね。これ読んでなるほどなあとは全く思いませんでした。むしろ「そこをわざわざ書くか?」と思いました。
 軽いノリのツッコミ本です。
 それ以上でも以下でもない。端的にいうと熱くないんじゃないかと。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ヤマトに関しては1ファンの思いが書いてあるだけで特筆すべき点は0
一部「ん?」という点もあるし・・
往年のファンなら何も目新しいものは書かれて無いと思います。
大和に関していえば尚悪く、普通に売ってる戦艦大和本のコピーの域は出ていないでしょう・・・
単純にコレクション的価値以上のものは無いでしょうね・・・
ヤマト・大和ファンとして一言言うなら、ヤマト本が出ること自体は
歓迎ですので著者の方にはこのレビューにめげる事なく次頑張ってとお伝えしたいです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私は「宇宙戦艦ヤマト」に反応してしまうのですが、
はたして、どのくらいの人がコレを手にするのでしょうか?
この本は、物語や設定、表現等の矛盾に
ツッコミを入れて笑う本でもありません。
第一作「イスカンダル編」をベースにして、
「戦艦大和」が実在した太平洋戦争、同時期の第二次世界大戦等
その他の戦争にまつわる政治を解説した内容です。
いたって真面目な内容です。
アニメやいわゆる特撮モノを題材にして、
政治や経済、社会学や心理学・哲学を語る企画はよくありますが、
この本がその題材に「宇宙戦艦ヤマト」を選んだのであれば、
購入ターゲット層に若干のズレがあるのではないかと思います。
まだ「ガンダム一年戦争」程度なら若い子も手を出すでしょうけど、
「ヤマト」ではオジサン層ですよね。
現在の日本を取り巻く国際社会情勢等を考えてみれば、
過去の過ちを繰り返さないよう(著者の考え方は別にして)
歴史を学ぶ良いきっかけになれば、と思います。
☆3.25くらいですけど、
「ヤマト」好きって理由で小数点以下を切り上げました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック