Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540
(税込)
ポイント : 54pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[いとまん]の発症区(1) (アフタヌーンコミックス)
Kindle App Ad

発症区(1) (アフタヌーンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 670 ¥ 158

紙の本の長さ: 224ページ 発症区(1) (アフタヌーンコミックス)と類似の本

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

四季賞出身の異才が描く、能力バトルロワイヤル!! ごく普通のコンビニ店員・安田敦は、高熱で寝込んだのちに手を触れずにモノを動かせる能力を身につける。ナゾのグループから襲われたところを助けられた、暮井と名乗る発症者と共同生活をすることに。その後、目的もわからぬまま暮井と他の発症者たちと発症者犯罪対策部――通称・発対内部に潜入した安田は、暮井の裏切りにあって重症を負い、ひとり取り残された。

著者について

いとまん
アフタヌーン四季賞2012年、2013年秋のコンテスト準入選を経て、読み切り『発症警察』でデビュー。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 51582 KB
  • 出版社: 講談社 (2016/8/23)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01K4DBGJ6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

投稿者 rts初心者(購入済みレビュアー) トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/8/23
形式: Kindle版 Amazonで購入
四季賞のときから注目はしていました。目の付け所がありそうで無く、新しい
異能力者バトル物は食傷気味なくらい漫画市場にあふれかえっていますが、
その中で、希少な新規性を持った作品だと思います

ただし、Kindleのサンプルとして配信されている第一話の冒頭は
酷評しているレビュアーの言う通り、絵や雰囲気に未熟な感はあります

が、アフタヌーン本誌の連載分まで全部見ていますが、なかなかに予想を外してきて面白く
このまま面白い展開が続くようであれば評価を上げたい人も増えると思います

現時点では連載分まで面白いので期待値として星5を贈ろうと思います
2巻が出るまで様子見するのも手だとは思いますが、自分は1巻を楽しみに待っていました
Kindle版と実書籍の両方を購入してみましたよ
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
現代を舞台にした、超能力者のような特殊能力者達の存在する世界の話。
話の作りは丁寧で、読みやすく引き込まれる。絵柄は独特ですが、それは作者の世界観を表現しているように感じます。
私としては非常に楽しめたので星5。続きが楽しみです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 愚駄猫 トップ500レビュアー 投稿日 2016/8/26
形式: コミック
 超能力を「発症」した者たちのバイオレンスバトル。高熱と全身の激痛で寝込んだ後、手を触れ
ずに物を動かす力に目覚めた主人公・安田敦。これを利用した面白動画をネットに上げたが、
このため発症者犯罪対策部(発対)から追われることに…。
 ありがちな超能力バトル物ですが能力の限界や使用法、そして主人公がその力ゆえに巻き
込まれる境遇といった話の展開が上手く結構面白い。主人公がなかなか腰がすわらない
ちょっとヘタレ君ながら読者のヘイトを買わない範囲に収めており、現代の普通の若者としての
リアリティを持たせることにも成功しています。脇役の配置もソツなく無駄キャラなし。
 惜しむべきは人間がミンチや黒コゲになるハードなバイオレンス物にしてはちょっと作画レベル
が低目なところ。ただ後にいくほど上達はしているようなので、話の展開ともども今後に期待。
次巻が楽しみです。
 
 なお劇中ではある発症者の暴走により、千葉県は滅んでいます…(笑)
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
アフタヌーンを立ち読みしたら面白そうな漫画を発見したので購入
過去の漫画は何をかいてたのかと調べるとデビュー作で絵は発展途中で上手くなっていっていますし味があって下手ではないと思います
表紙の魅力的なお姉さんはインパクトがある分低レビューつけた人の気持ちはわかりますが
今後の展開も面白いので2巻3巻あたりがでたらまとめて読むのもいい感じです
応援したい漫画です
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
四季賞出身の新人による異能力SF物。
ありがちな設定だがよく練られており読み応え抜群!終盤には意外な事実も判明し、触れ込み通り予測不能でした。
表紙と中身に画力の差はあるが話の内容自体は質も高く、☆を減らすほどではないという感想です。むしろ絵だけ上手いスカスカの内容の方が嫌。画力についてはこれから向上していくと思うので今後に期待。印象に残る表紙はオススメしやすいので非常に良かったです。
「正義」の反対はまた別の「正義」。どちらの「正義 」が勝つか次巻も楽しみ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover