中古品
¥ 159
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【必ず最後までお読みください】■中古品のため多少の使用感・経年劣化(折れ、ヤケ、シミ、古書特有の匂いなど)がある場合がございます。帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)。カバーが商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。また、中古品の特性上、ギフトには適しておりません。詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください。■弊社から注文確認・発送完了メールはお送りいたしません。商品の状態に不備が見つかった場合のみ、確認のメールをお送りいたします。発送完了後、Amazonから発送をお知らせするメールが届きます(追跡番号も記載されています)。■返品・交換の際は弊社指定の方法でのご返送が必要となる場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

痛車style―新しいカーライフの潮流!“痛車”をスタイルにする! (Gakken Mook) ムック – 2008/10

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • ムック: 128ページ
  • 出版社: 学研マーケティング (2008/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4056053057
  • ISBN-13: 978-4056053050
  • 発売日: 2008/10
  • 商品パッケージの寸法: 29.4 x 20.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,496,332位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 konko 投稿日 2008/10/9
形式: ムック
痛車の雑誌を見るのも買うのも初めてで、
パラパラっとめくっての第一印象は「これは痛車の写真集?」という感じでした。

全128ページあり、酒井香奈子さん、森永卓郎氏などのインタビュー記事が10P、
何故か痛車プラモの作り方など6P、それ以外はほぼ全て痛車の写真付記事ばかり。
最近一部で話題の初音ミクGTカーも載っていたり、痛車の歴史に迫ったりと内容も非常に濃いです。
中でも面白いと感じたのは、痛車にオススメの車種紹介。現在の中古相場も書いてあり参考になります。
ただ、ステッカーの作り方などの痛車の作り方については全く触れてないのはマイナスだなと感じました。またこの車はいくら位かかったか等もあわせて書いて欲しかったです。

見ようによってはただの痛車乗りの自慢集とも取れるけども、この車センスいいなぁ〜というのもあって、私自身は中々に楽しめましたし、買って損は無いと思っています。
少しでも興味のある方は一読の価値ありだと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
「痛車」。こう聞いてクルマ好きはちょっと聞いた事があるぞという人は多くなってきたのではないか?
クルマが売れない、売れないと実は昭和46年頃の販売レベルに落ちているのは確かに分かる。あの売れている軽自動車のワゴンRでさえもが月間販売台数で2万台まで届かないのである。フィットやカローラクラスの小型車ならば更に少ない。
しかし、これだけクルマに愛情を注ぐ若者はどうだ?クルマ業界ではもっと彼等の事を賞賛してやっても良いのではないだろうか?シルビア、180SXといった生産終了車は多いが、買い換えるばかりが「エコ」とは言い切れない。一時期の三菱自動車のキャッチフレーズにもあったが「いいものながく」がこれからは大切かとも思う。
さて痛車からは少々離れてしまったが、話を本題に戻そう。告白すると愚生もワンポイントでキャラクターのステッカーを貼る「プチ痛車」にしているが、住んでいる地域ではそれさえも見かけない。だが、痛車が集まるという長野県の某所へ行ったら、十台以上のクルマの中に痛車が5台ほど停まっていた。そして彼等と話をしてみた。この本が出版される以前に出版された痛車関係の雑誌に常連の如く載っていた有名なクルマばかりだった。しかし、彼等は所謂「オタク」的な暗いイメージは微塵も無かった。むしろ紳士的で好意的だった。話もしやすい。初めて痛車のオーナーと話をしたけどもイメー
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告