通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
痛覚のふしぎ 脳で感知する痛みのメカニズム (ブル... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に薄い汚れがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

痛覚のふしぎ 脳で感知する痛みのメカニズム (ブルーバックス) 新書 – 2017/3/15

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 994
¥ 994 ¥ 499

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 痛覚のふしぎ 脳で感知する痛みのメカニズム (ブルーバックス)
  • +
  • 理化学研究所 100年目の巨大研究機関 (ブルーバックス)
  • +
  • 地球はなぜ「水の惑星」なのか 水の「起源・分布・循環」から読み解く地球史 (ブルーバックス)
総額: ¥3,089
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

痛覚には、熱いものに触れたとき、反射的に手を引っ込めるという単純なパターンの「感覚的な側面」と、不安、恐怖、過去の記憶などの影響を受ける「情動・感情的な側面」の二面性があります。痛覚の感覚的な側面は、生物がもつ基本的な警告反応の1つで、種の保存、生命の維持に不可欠な機能です。一方、痛覚の情動・感情的な側面は、さまざまなパターンがあります。

私たちが受ける刺激は、皮膚の下の侵害受容器を活性化させ、感覚神経を通って脊髄に伝わり、大脳で痛みとして認識されます。誰もが日常生活のさまざまな場面で体験する「痛み」のメカニズムを解説していきます。

第1章では、慢性痛を抱えるすべての読者に関係する「痛みを理解するうえでの基礎的知識と現状」をわかりやすく説明されてます。第2章では、「痛みがどのように生じ、脊髄に伝えられるのか」という感覚面について詳しく説明されています。第3章は「痛みの中枢はどこにあるのか」「痛みはなぜ主観的なのか」という痛みの根源的な問題である感情面に踏み込んでいます。最近着目されているデフォルトモードネットワークやマインドワンダリングと痛みの意識の関係についても言及されています。第4章は「痛みはなぜ増強し、持続するのだろうか」という問題について、脳の神経回路の可塑性と痛みの記憶という観点で説明されています。第5章では、痛みの治療の進歩と痛みとの付き合い方について述べられています。

分子から行動にいたる脳科学そのものである痛覚のメカニズムを、わかりやすく解説しています。

内容(「BOOK」データベースより)

日常生活のさまざまな場面で体験する「痛み」。痛みは、生きていくうえでの防御機能のため、警告の役割もしています。私たちが受ける刺激は、皮膚下の侵害受容器を活性化させ、感覚神経を通って脊髄に伝わり、大脳で痛みとして認識されます。体内で起きている「痛み」のメカニズムを解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/3/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4065020077
  • ISBN-13: 978-4065020074
  • 発売日: 2017/3/15
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 16,865位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
痛みという定量化の難しい症状を,細胞レベル,分子レベルの現象として詳しく解説した本である.専門家が書いた本のつねとして,専門的なことまで詳しく説明しすぎているようだ.「ブルーバックス」の読者としては,痛みの知覚に関してここまで知ることを期待している人は少ないのではないか.分子レベルにおける説明の妥当性がどのように科学的に立証されたかについてきちんと言及しているのはいいことだが,そのような議論が結論とごっちゃに述べられているので,十分な予備知識のない読者には理解しづらいと思う.
実際に痛みの症状を抱えて困っている人に痛みに対処するための実用的な知識を与えてくれる本ではないが,痛みについて現在科学的にどこまで明らかにされているのかを知るには良い本である.もう1回読み返せば,上に述べたような不満も解消するかも知れない.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「痛みのコントロール」が診療現場で重視されるようになって久しく立ちます。痛みというのは主観的であるためなかなか扱いが難しく、よくわからないが痛みを取るための薬を使う、ということが現場では多いように思います。
本書は序文によれば「生化学・分子生物学の立場から、分子に基づいた痛みに関する一般読者向けの」書です。
正岡子規が述べる脊椎カリエスからはじまる「痛いとはどういうことだろう」、痛みを感じる神経、伝える神経、そして痛みの中枢の解説、痛み治療の進歩、などから構成されます。
「競技中のスポーツ選手はけがをしても痛みを感じない」「激辛料理を食べるとなぜ汗が出るのだろう」「風が吹いても痛い毒キノコ中毒」など、親しみやすくしようとしている工夫が随所に見られます。
「急性腹痛の多くは原因がわからない」「慢性痛は個人にあった全人的治療を」など、医療者が読むと示唆的な記述も多く見られます。個人的には内臓痛の発症機序などとても有用でした。
とはいえやはり分子生物学について記述している以上、ある程度難しい表現にはなります。「高校生レベルの生物学をしっかり理解していること」が必要ですが、そうであれば本書はなかなか面白いです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す