この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 324 (20%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,296
Kindle版
¥ 1,620
単行本(ソフトカバー)の価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 324 (20%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
病理医ヤンデルのおおまじめなひとりごと ~常識をく... がカートに入りました
+ ¥ 500 配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 帯付き。値札なし。状態は非常に良好きれいです。◆中古本の為、カバーに色ヤケ・スレ・汚れ・値札シール等ある場合がございます。※発送は平日のみ日本郵便となります。土日祝日は全ての対応をお休みさせて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


病理医ヤンデルのおおまじめなひとりごと ~常識をくつがえす“病院・医者・医療"のリアルな話 単行本(ソフトカバー) – 2019/3/20

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,620
¥ 1,300 ¥ 1,056

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 病理医ヤンデルのおおまじめなひとりごと ~常識をくつがえす“病院・医者・医療"のリアルな話
  • +
  • Dr. ヤンデルの病院選び 〜ヤムリエの作法〜
  • +
  • 症状を知り、病気を探る 病理医ヤンデル先生が「わかりやすく」語る
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 50pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

Twitterフォロワー10万人!
現役病理医ヤンデル先生による、「病気になるのが不安」「病院に行くのは苦手」
……なすべての人に贈る医療エッセイ。


"病院のあの独特な雰囲気が苦手……"
"医者ってエラそうで冷たくて、人の話を聞いてくれてない気がする"
"がんになったらもうおしまい? 病気になるのが怖くてしかたがない"
ヤンデル先生、なんとかしてください!

糸井重里氏、絶賛!
「ほぼ日」では全員にこの本を配ります。
ちゃんとおもしろい、そして、まじめで誠がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

目次

開演前の注意事項(はじめに)

序章 病院とは……なんだか冷たくてこわいところ?
・病院とは、早く帰りたい患者と、帰りたくない医者でできているところ
・世間の「労働の論理」から離れた場所なのかもしれない
・なんだかよくわからないと思われている医者と学会のつながり
・冷たく見える医者のコミュ力について
・病院と医療について、ゆるく伝える?

第1章 "病院" のホント
・医療ドラマとリアルの違い、とは?
・「病院での常識」but「病院外での非常識」
・自分が病院にかかるときに見ているところ
・殺伐とした病院内でめぐり合うほこほこエピソード

第2章 "医者" のホント
・大学病院と町のお医者さん
・医者の世界は旧態依然?
・やってられるか! と思う瞬間
・これまでに出会ったとりわけ個性的な先生たち
・医者自身の健康について
・医者が文章を書く、ということについて

第3章 "病気になる"のホント
・病気になるとはどういうことか?
・みんなが気になる「がん」とは、どんな病気なんだろう?
・病気と戦うには「診断」が必要だ
・入院しても、なかなか医者に会わないわけ

第4章 "医者と患者"のホント
・医者と患者と、知るということ
・病気の種類よりも、大きなルールを知ろう
・「絶対」が使えない医療者VSニセ医学
・厳しすぎる病理の先生の本がなぜ、ベストセラーになったのか?
・これからの患者と医療のすがた
・とある病理医Yの視点

カーテンコール(おわりに)

「医療とはシアターである」
……ってヤンデル先生どういうことですか?


内容(「BOOK」データベースより)

現役病理医による“病気になるのが不安”“病院に行くのは苦手”…なすべての人に贈る医療エッセイ。病気になったときに焦らない、知っておきたい病院や医療のこと。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 大和書房 (2019/3/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4479393196
  • ISBN-13: 978-4479393191
  • 発売日: 2019/3/20
  • 梱包サイズ: 18.2 x 13.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,225位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2019年4月15日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告